自己PRと自己紹介は同じでいい?それぞれの違い3つ

e3b8927c53023ede7dd3eabbc3b0f784_s

面接の時に聞かれることの多い自己PRと自己紹介ですが、違いについて悩んだ経験はありますよね。

私も面接をする時に両方聞かれたことがあって悩んだ経験があるので、あなたの悩みはよく分かります。そこで自己PRと自己紹介の違いを3つ紹介したいと思います。

①自己紹介は自分の経歴を相手に伝えること

面接で聞かれることの多い自己紹介は、自分を相手の紹介することです。今までどういった経験をしてきたかを把握するためのもの。

面接では初対面同士なので、相手のことを良く知るための挨拶のようなものだと考えればいいかもしれませんね。

あなたが面接官だとして、いきなり初対面の知らない経歴の人を雇いたいとは思いませんよね。

どういった学校を卒業してきてどのような職歴があるのか、簡単に紹介してもらうことで少し相手のことを知ることができます。

またあなたがどういったことに興味を持っている人なのか、なぜ面接を受けようと思ったのかを、簡単に付け加えてもいいかもしれません。

どのような経緯で面接を受けに来たかが分かれば、相手に自分のことを少し知ってもらうことができます。

自己紹介は今までのあなたの人生のあらすじなようなもので、あなたの人柄を自分で紹介することです。

②自己PRは自分の魅力を相手に伝えること

自己PRとは自分の強みのことで、相手にいかに自分の良さを伝えて採用してもらうかをアピールすることです。

自己紹介は自分のことを知ってもらうことでしたが、自己PRではより深くひとつのことについて掘り下げて、相手に伝えることです。

自分にはどういった強みがあるかを説明し、できれば具体的なエピソードを付け加えて話します。今までどういった活動をしてきて、どのような結果を残してきたかを付け加えることによって、より具体性のあるエピソードになります。

エピソードも無くただ自分の強みを相手に伝えただけでは、自慢話にしかなりませんよね。

自分はこれだけ優秀な人材だから雇ってほしいとアピールするのに、根拠があった方が相手も採用しやすくなります。自己PRでは自分の強みを相手に伝えると共に、その根拠となるエピソードも必要不可欠になります。

エピソードに関しては相手が納得するものでなければなりません。自分の強みは自分にしか分かりませんが、エピソードは自己満足ではいけません。

自分だけが納得したりそう思い込んでいるだけではなく、しっかりと相手が納得できるようなエピソードでなければなりません。
具体的な数値によって評価したり、どういった結果が得られたなど、できるだけ詳しい結果報告も必要です。例えば自分が関わったプロジェクトが、どれだけ売り上げを伸ばし、利益を得られたのかを数字を使って伝えます。

またその結果はどうなったのか、あなたはどういったことに貢献したのかを伝えれば、相手もあなたの強みに対して納得することができるでしょう。

自己PRでの強みはただ自分を紹介するだけではなく、自分の強みがいかに凄いかをアピールすることです。

③自己PRでは入社後の活動目標も必要不可欠

自己紹介と自己PRの違いは、単に自分の経歴を紹介するのか、自分の強みを相手の納得させるかの違いがありました。

自己PRではさらに入社後、どのような仕事の展望を考えているのかも必要です。あなたが自分の強みを相手に伝えたとしても、その強みを活かせる術がなければ意味がありません。

会社としてはどんなに能力やスキルがあったとしても、会社の仕事に役立たなければ何も意味がありませんよね。

自己PRは自分自身を会社に売り込むことです。あなたの強みやスキルが、いかに会社に貢献できるかを伝えることで、採用しても良いと納得させることができます。

例えば英語が堪能で、バイリンガル並みのスキルがあったとします。業務の多くを事務作業しかしない仕事ならば、英語の能力を活かすことはできませんよね。

そこであなた自身がこの会社にいかに貢献できるか、自分なりの展望を伝えるのです。

英語が堪能なので外資系の会社との取引をして、業務を拡大させることができるなど、入社後の具体的な目標や展望があれば相手も採用するイメージが湧きやすくなります。

もちろん実現可能かどうかは会社次第ですが、自分ならこういったことができるて提案することが大切です。仕事へのやる気や目標設定は、仕事をするうえでも大切なことです。

こういった能力は教えてできることとではなく、自分でやろうと決意しなければできないことです。

あなたが会社にいかに貢献できるかを、具体的にイメージしやすいように相手に伝えることが、自己PRでは必要になります。

まとめ

自己PRと自己紹介の違いを紹介しました。面接では両方聞かれることも多いので、何を話すか事前に決めておくと良いでしょう。

あなたが自己紹介と自己PRをしっかり区別して話せれば、きっと面接もスムーズに進むはずです。

面接では緊張して頭が真っ白になって混乱してしまうかもしれませんが、しっかりと違いを把握して事前に準備しておきましょう。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る