自己PRで短所を書くべき理由3つ

fbed70c63ec8cef3de8abc7f95f6d2f9_s

自己PRは自分の良い部分や強みだけを相手に伝えたいものですが、短所を書くか悩んでしまいますよね。

私も自己PRで短所を書くか悩んだことがあるので、あなたの気持はよく分かります。そこで自己PRで短所を書くべき理由を3つ紹介したいと思います。

①自分を客観視することができるか

自己PRで短所を書くべき理由のひとつに、自分を客観視して見ることができるかを知ることができます。

誰にでも長所と短所がありますが、自分の短所はなかなか気づかないものですよね。もし短所を知っていても、見て見ぬふりをする人も多いはず。

人の欠点や短所はすぐに見つけられるのに、自分の短所には目をつむりたいと思うものです。あなたが自分の短所を客観的に見ることができれば、冷静になって自分自身と向き合うことができるということ。

仕事では客観的な判断力が必要とされることも多いので、自分を客観視できるかどうかは重要なことです。

もしも自分には短所が全くないと言い切れる人がいたとすれば、自分で自分のことを良く知らない人だと評価が下がってしまうでしょう。

自己PRでは自分の良い部分や強みを相手に伝えることで、採用してほしいとアピールします。そこでわざわざ短所を言うのは、逆効果のように思えてしまいますよね。

しかし、採用者側とすれば良い部分がたくさんあったとしても、悪い部分が多ければ採用したいとは思いません。

自分の短所をいかに把握しているか、またその短所を克服するための、何をしているのかを知りたいと思っています。

人はメリットばかりを言われても信用できませんが、デメリットを話すことによって総合的に判断することができます。

短所を話すのは一見悪いように思えますが、自分を客観視できるというアピールに繋がるので、結果としてプラスに変えることができます。

②短所を克服したことをアピールできる

自分の短所を知ることは、仕事をするうえでも大切なことです。そしてその短所を克服するために、どのようなことをしてきたかは、仕事をする時にも大いに役立ちます。

あなたが短所を克服した経緯を伝えることで、困難なことにも立ち向かえる勇気があることが分かります。

仕事でも大変なプロジェクトがありますが、自分がどうやって工夫して乗り越えていくかは、その人のスキルやモチベーションによって決まります。

短所を克服することは並大抵の努力ではできないことです。その短所をいかにして克服したかを伝えれば、相手に困難なことでも挑戦できるスキルや知識があることをアピールできます。

体力が無いことが短所の人が、体力をつけるためにジムに通ってトレーニングすることも立派な短所克服法です。仕事では多くの困難なことがありますが、それをどうやって乗り越えるかが大切です。

面接だけではその人の能力までは把握することはできません。だからこそ自己PRで自分から短所書いて、短所を克服したことをアピールします。

短所を短所のまま書くのではなく、いかに短所を克服したかを書くことによって、克服できるスキルをアピールすることができるのです。

③短所をそのままアピールポイントにできる

自己PRで短所を書くべき理由のひとつに、短所をアピールポイントにすることができるからです。短所は誰にでもあるものですし、あなたもいくつかの短所がありますよね。

例えば優柔不断な性格の人ならば、短所に優柔不断な性格と書きます。これだけでは本当の短所のまま終わってしまいますし、仕事において優柔不断な性格で決断できない人は、あまり仕事ができるとは思えませんよね。

この優柔不断な性格の短所を、アピールポイントに変えることができます。

優柔不断な性格の人は、いろいろと考えてしまう性格なので、なかなか決断することができませんよね。この優柔不断な性格の見方を変えれば、物事を多方面からじっくりと考えることができるということです。

決断することは仕事においても大切ですが、何も考えずに決断するのはいけません。決断する時には不備が無いか、もっと良い方法は無いかなど、いろいろと考えることがあります。

もしものことを考えると、決断する前にいろいろな角度から検証することによって、決定後の不備を無くす可能性が高くなります。

優柔不断な性格の人は決断できないのではなく、多方面からじっくりと考えられるので、時間は掛かってもより精度の高い仕事ができることをアピールすることができます。

単に短所を書くだけではなく、その短所をアピールすることができれば、短所でも自分のアピールポイントにすることができるのです。

まとめ

自己PRで短所を書くべき3つの理由を紹介しましたがいかがでしたか?

自己PRでは長所ばかりではなく、短所も同時に書くことでより客観的に自分をアピールすることができます。

しかも短所を短所のまま書くのではなく、いかに短所をアピールポイントにするかが大切です。

自己PRは自分をアピールする項目なので、短所ですら自分をアピールするポイントとして活用しましょう。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要です

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、マイページからグッドポイント診断を受けることができます。

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る