自己PRと志望動機は同じ?双方の違い3つ

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s

就職活動や転職活動で、「自己PR」と「志望動機」の書き方について悩んだことはありませんか?

それぞれしっかり考えて書いたつもりが、結局同じような内容になってしまっている・・・なんて経験がある方も少なくないと思います。

自己PRと志望動機、どちらも似て非なるもので、全く同じ内容ではいけないということは分かっているけど、いざ、しっかりかき分けようと思うと難しいですよね。

今回は、自己PRと志望動機のそもそもの違いを3つ紹介させていただきます。

①そもそも、目線が違うもの

自己PRと志望動機は、そもそも誰の目線で書くのかという視点・目線が違います。

それぞれのあるべき視点・目線を説明すると、まず、自己PRは、企業目線で書くことが求められます。

主に、自分の持っているスキルや経歴はどんなものがあり、それはその企業に入ったらどんなふうに活かせるか、どんなスキルを新たに習得して役に立ち続けることが出来るか、といった「企業にとって私はこれだけ役に立てる存在です」ということをアピールするものです。

そのため、スキルや経歴、その後のキャリアビジョンを書くときでも、しっかりと第三者目線での自己分析をしてから記入することが必要になります。

次に、志望動機ですが、これは自己PRとは逆で、自分目線で書いていいのです。

企業のどんなところに魅力を感じたのか、どれほどの熱意があるのか、企業に入ったらどんなふうに成長していきたいと思っているのか、といった自分目線での意見を述べる場が、「志望動機」ということになります。

②自己PRには、自分のこれまでのスキルや経歴を中心に書きましょう

自己PRを書くときは、まず第一ステップとして自分を客観的に見て、冷静に分析する必要があります。

これまでの経歴、習得しているスキル、資格があるならその資格も勿論記入してください。

また、転職希望者の転職活動の場合は、今の会社でどんなスキルを身に付けて着たのか、どんな立ち位置で仕事をしているのか、といった内容もしっかり記入するようにしましょう。

新卒者の場合は、例えば学生時代にインターンシップなどの課外活動に参加したのであればそれらを書くのも有効的です。

自分が努力して積み重ねてきたスキルや経験を、存分に書きましょう。

また、記入の仕方についてはできるだけ詳細に、具体的にエピソードを交えて書く方が、採用担当者の目に留まりやすい傾向にあります。

イメージしにくい抽象的な内容が沢山書かれているよりも、他業種の方でも想像がしやすいよう、具体的な内容を添えて書いてある方が、よりその経歴にどれだけの価値があるのかということを判断しやすくなるからです。

例えば、「私はコミュニケーション能力を強みとしています。そのため、今までも人間関係を活かして数々の仕事の成績を収めてきました。」と書かれていても、具体的に想像がつきませんよね。

この場合は例えば、

「私はコミュニケーション能力を強みとしています。現在の会社で、ある大きなプロジェクトに関わった時、私の部署だけでなく、周辺知識を求め他の部署の方々にも協力を依頼し、会社全体で一つの方向性をもって取り組めるよう尽力しました。結果、○○という大きな成果を遂げることが出来ました。」

などといった具体的な事例を挙げるだけで、印象は大きく異なります。

さらに、そこに続けて、「その時に培ったスキルは、貴社の~の業務にも活かせると思います。」と、相手の企業と関連付けをさせましょう。

自己PRを書くポイントは、「自分の経歴・スキル」を「どれだけこの企業で活かせるのか」を意識してより具体的に記入するようにすることです。

③志望動機はいかに熱意を伝えられるかがポイント

志望動機に関しては、あなた自身の思いを伝える場所です。

あなたがその会社のどんなところに魅力を感じているのか、会社に入ったらどんなふうにスキルアップしていきたいのか、ということを存分に伝えてください。

そのためには、まず相手の企業の理念や習慣なども知っておかなければなりません。

会社説明会だけでなく、実際に働いている社員と話が出来るような場があれば積極的に参加しましょう。

志望動機にも説得性が重要ですので、「募集要項だけを見て、何となくここに入りたい」と思って面接に来たな、と思われてしまうとアウトです。

より現実的に、「以前、貴社で働いている方々とお話をさせていただき、その仕事への取り組み方や姿勢に大変感動しました。私も是非、貴社であのように働きたいです。」といった流れで書くことが出来れば、よりあなたの志望動機に現実味が沸きますよね。

このように、「企業をきちんと知ったうえで、入社を希望している」ということをしっかり伝えられるように工夫しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

何となく項目を埋めるように書いていくと、自己PRも志望動機も気付けば同じ内容を使いまわしたような履歴書になってしまいます。

そうなると、採用担当の人の目に留まらない上に、あなたが自分をアピールする機会も減ってしまいかねません。

そうならないためにも、今回紹介させていただいたポイントをしっかり抑えながら、実践してみてください。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る