自己PRで書く内容がない場合の対処法3つ

a555b17d4cd841644425fb1567694bcd_s

自己PRを書きたくても何を書いていいか分からない時ってありますよね。私も自己PRの書き方ではさんざん苦労したので、あなたの悩みはよく分かります。

そこで自己PRで書くことがない場合の対処法を3つ紹介したいと思います。

①自分が打ち込んできたことを振り返ってみる

自己PRは自分の強みや長所を企業にアピールして、採用してもらうための項目です。

人の長所や短所はすぐに思いつくのに、自分自身のことになるとなかなか思いつかないものですよね。

自己PRで書く内容がない場合には、今まであなたがやってきたことや打ち込んできたことを振り返ってみましょう。あなたが今までやってきたことで、これだけは誰にも負けないということがあるかもしれません。

また自分はこれが好きで長年続けているものでも構いません。例えば釣りが好きな人は、魚が釣れるまでじっと耐えていなければなりませんよね。

忍耐力がある人だということが容易に想像できます。ゲームが好きな人は目標を達成するために、努力を惜しまないで頑張るでしょう。

自己PRで何を書いていいか悩んだ時には、自分が打ち込んできたことを思い出してみましょう。

自分ではそんなことが強みになるのかと不安になりそうですが、自分に自信を持ってアピールすることが大切なのです。

②凄いエピソードではなくハードルを下げてみる

自己PRでは自分の強みや長所をアピールすることが大切なので、少しでも自分を良くするためにインパクトのあるエピソードを探しがちです。

しかしインパクトのあるエピソードを持っている人は少ないですし、それが自己PRに適しているかも疑問です。

自己PRはライバルたちもたくさんいるので、少しでも凄いエピソードを探そうとすると、なかなか見つけられないので悩んでしまいます。

自己PRはインパクトのあるものでなく、普通のエピソードでもしっかりと自分の強みを伝えることはできます。あなたにとっての強みの理由をエピソードと一緒に伝えます。

例えば海外に行っていろんなことを経験し、素晴らしいスキルを身につけたという人がいれば、素晴らしい経歴だと思えるかもしれません。

それに対して普通の高校生活を送って、毎日部活しかやってこなかった人が、自己PRにおいて下だということは決してありません。

企業側も素晴らしい体験をしたことは認めますが、活動自体はあまり重視していません。むしろその活動を通じて何を学び、どんなスキルを身につけたかが大切なのです。

活動よりも人柄やスキルを身につけたことについて知りたいので、インパクトのあるエピソードは求めていません。

自己PRで何を書いていいか悩んだ時には、少しハードルを自分の中で下げてみましょう。日常のちょっとしたことから、自分の強みや長所を発見できるかもしれません。

③自分の性格から過去のエピソードを探してみる

自己PRが見つからなければ、自分の性格や過去の行動から自己PRの題材を探してみましょう。

スポーツをする人は誰でも努力家の人が多いものです。バスケットボールをする人ならば毎日何百本のシュートを打たなければ、試合でゴールを決めることは難しいでしょう。

シュートを入れるの全て自分自身の努力によるものです。どれくらい力でシュートを打つのか、膝の曲げ具合、リリースのタイミングなど、全てを体が覚えるくらいまで努力してシュートを打ち続けなければなりません。

シュートを入れるという目標のために、毎日努力を惜しまないことは立派な長所や強みになります。

自分の性格や過去のエピソードを振り返ることによって、自分の強みを見つけやすくなります。

自分が努力家だということだけではなく、なぜそれが自分の強みとなるのか、会社にどうやって貢献できるのかを付け加えると良いでしょう。

会社に採用してもらえればどんな仕事でもコツコツと努力し、目標を達成するために努力を惜しまないことをアピールします。結果として目標を達成することができるので、会社にとっても有益な人材だということがアピールできます。

自己PRでは自分の強みを伝える時に、どうしても自分よがりになってしまいがちです。あなたにとっても強みが、会社に貢献できるものでなければ意味がありませんよね。

自分の過去のエピソードから自分の強みを見つけることはできても、なかなか会社へどうやって貢献できるかまでは伝えられないことが多いです。

あなたの自己PRがいかに会社に貢献できる能力かをアピールすることは、合否にも影響する項目のひとつです。

自分の強みを見つけることができたら、一度じっくりと掘り下げて考えてみましょう。

まとめ

自己PRで書く内容がない場合の3つの対処法を紹介しました。

自己PRは自分自身で強みを見つけなければいけないので、過去のエピソードをじっくりと思い出してみましょう。

そして強みや長所がいかに会社に貢献できるかをアピールすることが大切です。自分を見つめ直す良い時間でもあるので、自己PRでしっかりとアピールしましょう。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    仕事を辞めたい、もう仕事に行きたくない・・・と思っても、まず頭によぎるのが、以下の様な不安で…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る