自己肯定感を高めるたった一つの方法

自己肯定感が低いと、何をするにしても「自分はダメな人間だ」「自分は劣っている」「自分は何の役にも立たない」と心のどこかでいつも感じてしまいませんか?

結果、自分に価値を見出せなくなり、日々の生活を心の底から楽しめなくなります。

では、自己肯定感を高めるためにはどうしたらいいのでしょうか?

本やネットの情報を見てると、他人と比べないや小さなことから褒めてみるなど書いていますが、そんなことで自己肯定感が高まるならだれも悩みはしません。

自己肯定感が低い本当の原因

そもそも、自己肯定感が低い原因は国民性が大きく影響しています。世界的に見ても日本人は自己肯定感が低い民族です。

平成30年に各国満13歳から満29歳までの男女に内閣府が行った「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」で、自己肯定感が低い理由が強みの理解にあることが分かりました。

自分の強みの認識と自分自身に満足していることには相関関係があったのです。

内閣府はあくまでも1つの可能性として結論付けていますが、実は心理学では、自己肯定感が低い状態は、ストレングスブラインドネス(強みの無知)と言われています。

「ストレングス・ブラインドネス」とは、自分の強みを理解していない状態です。強み研究の中心的な存在であるアメリカにあるVIA研究所のライアン・ニーミック博士はこう言っています。

「私を訪れる患者や学生でも、自信の低さで悩んでいる人がいます。しかし、ほとんどの場合、自分が持つ強みについての認識がないのです。その人たちに、私はよく尋ねます。『独自の強みは何ですか?』と。そんなとき、その人たちは何も答えがないかのように、うつむいてしまうのです」

出典:https://diamond.jp/articles/-/78696

つまり、自己肯定感が高まらない最大の原因は、自分の強みを知らないからです。心理学の研究では強みをベースに生きることで、幸福度が上がり抑うつ傾向が低下することも分かっています。

強みといってもただの強みではいけない

メンタリストDaiGoは自身のyoutubeで、自己肯定感を高めるには強みをベースにすることであり、更に強みは1つだけではなく、3つ見つける必要があると語っています。

理由は、1つだけだとそれが折れてしまったときに立ち直れなくなるからです。1つに依存してはいけないということですね。

メンタリストDaiGoの強みは「好奇心」「表現力」「常識がない」だそうで、この3つを軸に生きることで自己肯定感が高まり、結果的に成功できるようになったそうです。

先に成功して自己肯定感が高くなったのではなく、自己肯定感が高くなり、結果的に成功できたというのもポイントですね。

成功者の多くは成功する前から自己肯定感が高かったこともあきらかになっています。

ここで強みについて大事なのが、強みというのは努力して手に入る強みではなく、自分を特徴づける強みであることです。なぜ?を繰り返し見つけることができる、自分の内側にあるコアな強みです。

そのため、このコアな強みを3つ見つけることが、全てであり、それを日常生活や仕事で使い、新しいことにどんどん使っていくことで、自分の強みはいろんなとこで生きて、結果、自分って色々できるんだと認識できるようになります。

結果、常にポジティブな状態が維持できるようになり、自己肯定感がどんどん高まっていきます。

他人の称賛を強みと思ってはいけない

DaiGoはタレントが自信喪失する典型例として視聴率が取れなくなったことを挙げています。

「視聴率が取れる=自分はすごい」と思っていたのでしょうね。

これは、名声目的でお金を稼ぐことや、「かわいい」「かっこいい」の評価を求めて外見を磨くことも同様ではないでしょうか。

周りからチヤホヤされたい=金持ちになる。でもお金がなくなったら誰も称賛してくれなくなり、自分に価値を見出せなくなります。そして、その恐怖からお金を持っているときも、常に背伸びをして頑張っていかなければいけません。

他人の称賛は、それがなくなれば一気に崩れてしまいます。なので、自分を特徴づける強みを知り、それを活かすことで自分の内側から得られる自己肯定感が何よりも大切なのです。

自分を特徴づける強みを見つける方法

  • 人に褒められるけど自分ではピンときていないこと
  • 人によっては大変そうなことでも、ストレスを全く感じないこと

この2つのことを自己分析や人に聞いて探しましょう。

なぜなら、この2つは自分が自然体になれる瞬間だからです。意識せずとも自然とできることは、他人よりもできることです。それこそが、自分を特徴づける強みです。

他にも、20分~30分で自分を特徴づける強みを見つける方法もあります。

それが、グッドポイント診断という強み診断テストです。

tuyomi1

このような質問に約300問回答していくことで、以下の中から自分を特徴づける強みが5つ分かります。もちろん、詳しい解説付きです。

その5つの強みは、間違いなく以下2つのことと深く関わっています。

  • 人に褒められるけど自分ではピンときていないこと
  • 人によっては大変そうなことでも、ストレスを全く感じないこと

診断結果から、過去の経験と結びつけて、自分でも納得できる特徴づける強みを見つけてみてください。

グッドポイント診断は就職・転職業界で有名なリクルートが開発したテストなので、信頼性も抜群です。ただし、このグッドポイント診断は無料で受けれますがリクナビNEXTという転職サイトに登録する必要があります。

といっても、誰でも登録できますし、登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くこともないのでご安心ください。

他では、このような本格診断ツールは通常有料なので、今のうちに診断しておきましょう。リクナビNEXTに会員登録後、マイページからグッドポイント診断へと進めますよ。

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ

(リクナビNEXTに登録後、診断可)

まとめ

  1. 自分のコアな強みを3つ把握する
  2. 普段の生活・仕事で強みを活かす
  3. 新しいことにチャレンジして経験を積む

この3つのSTEPで自己肯定感を高めることができます、

DaiGoの場合、自分の強みを全て生活や仕事の中に取り入れている最高の状態です。「好奇心」を活かし、大量の本や論文を読み常に新たな知識を取り入れ、「表現力」を使いそれを動画や本で多くの人に伝えお金を稼いでいます。

ポイントは、習慣化することなので、もし、自分を特徴づける強みが日常生活や仕事で発揮できているなら今の方向性は間違っていません。後は新しいことにチャレンジし、経験を積んでいくことで自己肯定感は高まっていきます。

もし、現時点でコアな強みが分からないのであれば、まずはグッドポイント診断を受けてみましょう。

なぜなら、心理学・内閣府の調査から分かった自己肯定感が低い最大の原因は、自分を特徴づける強みを知らないことですからね。

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ

【補足】その他の強み診断ツール

ご興味がある方のみ、以下の診断ツールをご参考にしてください。

VIA強みテスト

Daigoがおすすめしていたアメリカ発のVIA診断ツールです。こちらのページからメールアドレス等を入力し無料登録することで、診断できます。

ストレングスファインダー

アメリカのギャラップ社が開発した強み発見ツールで、約180問の質問にWEBで回答することで、5つの強みが見つかります。

2000円ほどする「さあ、才能に目覚めよう」という書籍を購入することで診断できます。有料ですがVIAテストより日本人にマッチしていますのでおすすめできますよ。

書籍はアマゾンなどで購入しても大丈夫ですが、注意してほしいのが必ず新品で購入するということです。

書籍にアクセスコードがついているのですが、1アクセスコード1診断しかできないので、新品でしか診断できないものとお考えください。

アマゾンでストレングスファインダーをチェック

tuyomi1

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ

ページ上部へ戻る