休みが週一しかなくてしんどい。辞めたいと悩んだ時の対処法3つ

休みが週1回ですか、週1回の休みではなかなか疲れが取れないですよね。

おそらく平日の残業も多いんでしょうね。毎月の残業時間が100時間近くになるのでしょうか。近頃、新聞やニュースで取りあげられているブラック企業になるのでしょうか。

一般の企業だけでもなく学校の先生や、お医者さんでも同様に過労死レベルと言われている残業が月に80時間を超えている人も多くいいます。

これはあなただけではなく、日本全体の問題ですね。体だけでなく、心の方も疲れてきていると思います。

まずは自分の体と心と相談してください。過労死はもとより、体調不良、長期休暇をとらざるを得なくなれば、もともこもありません。

動悸や息切れがないか、異常な汗をかいたりすることはないか、胃の周辺に違和感を感じることはないか、体調の少しの変化に気をつけてください。

また、疲れているのに、眠れなかったり(寝てもすぐ目が覚めたりも含む)、仕事にやる気が出ないことはないでしょうか。

食欲が出ないことも問題です。もしそのようなことがあれば、労働時間を減らす方法を考え実践しなくてはいけません。何より、あなたの体が1番大事ですから。

まだ、もう少し大丈夫と言うのであれば、次の事を実践してみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①休みを取れ方法を考えて実践する

まず第一に、仕事の時間を減らすことと、休みをしっかり取れる方法を考えて、実践してみてください。

あなたは真面目で、責任感が強く、仕事をきちんとこなそうとしているので、残業して週1回の休みになっているのではないでしょうか。

そうであれば、もう少し他の人に任せたり、少し仕事の質や量を減らしてでも休みが取れたりしないのか、考えてみてください。

少し極端なことを言うと(会社の人間のようなことを言いますが)、仕事の生産性を上げて、残業が減らせないか考えてみてください。週に1日の休みでも、平日の残業が減れば、疲れも取れるかもしれません。

特に、嫌な仕事や、無駄な仕事(本来あなたがすべきだとは思わないような仕事)をしていると、よぶんな疲れやストレスが圧政します。これらをなんとか減らす方法を考えてはどうでしょうか。

また、仕事だけでなく、休み時間の取り方も重要です。

特に、体力を使って長時間働いてる現場の人たちは、昼休みや休憩時間を上手にとっています。多くの人は、15分から30分程度の昼寝をしています。

これは医学的にも非常に有効とのことで、体力回復、ストレス削減にもなくなることでしょう。もしこれらができれば、休みが取れて、会社を辞める必要はなくなりますから。

一方で、改めて今の現状を冷静に見つめ直してください。

疲れていたりすると、どうしても悪い方向(ネガティブ)に考えてしまがちです。今の週に1回の休みと言うのは、このままずっと続くのか、それとも、一時的なものなのか。

一時的なら、それまで頑張ることができるのかどうか考えてみてください。今はしんどくても、将来きっとプラスになると思えば、もう少しやれるのではないでしょうか。

②信頼できる人間に相談する

次に誰かに相談してみてください。会社の信頼できる上司や同僚に、今の現状、あなたの気持ちや考えを伝え相談してみてください。

具体的な解決策や対策を教えてくれるかもしれません。おそらく、同じ会社であれば、同じような経験をした人が多いと思います。また、一緒に頑張ろうと励ましてくれるかもしれません。

具体的な対策がなくても、単に話すことによって、あなたの少しストレスも減ることでしょう。

また、一緒に頑張ろうと言われることで、あなたのモチベーションも上がるかもしれません。できれば、複数の人に話してみてはどうでしょうか。正直、1人の人ではあなたが満足するような解決策は出ないと思います。

そこで複数の人に聞いてみると、いろいろな対策が出る可能性が高くなりますし、いろいろな考えが聞けると思います。

また、あなたが大変だということを改めてわかり、仕事のフォローをしてくれる人も増えるかもしれません。

会社内になければ、社外の友人でも良いでしょう。そんな人もいないとか、相談しても何の改善も見られないようでしたら、労働局や弁護士に相談してみる方法もあります。

③会社を辞めることを視野に入れて行動する

それでも、休みが増えなかったり、相談するのが嫌だったり、効果がなかったりすれば、会社を辞めるつもりで、休みを取ったらどうでしょうか。

どうせ辞めるなら、休みも取れるはずです。

おそらく、有給休暇はあると思います。そして、休んでいる間に、体力やストレスの回復ができれば、次の就職先を探してみたらどうでしょうか。

もちろん、会社には、体調不良で休むと言って、ですが。会社を辞めるのは、その後からでも遅くはありません。

辞めれば戻ることができませんので。働きすぎなのですから、有給休暇の間で次のことを考えたり実践する時間をとってもバチは当たらないと思いますよ。

まとめ

最後になりますが、1番大事なのは、あなたの体と心です。

そのことを忘れずに、考えてください。ただし、少し余裕があれば、現在だけではなく、先のことを考えてください。

そうすれば、冷静かつポジティブに判断できると思います。

そして、どうしても解決できない場合は、環境を変えることでしか現状は変わらないということを頭に入れて行動するようにして下さい。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る