働くママの仕事と育児の悩みとは・・・?!

3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_s

働くママは悩みが尽きませんよね・・・。

特に、仕事と育児の両立には、本当に悩むんじゃないでしょうか。
あなた以外にも、多くの方が悩んでいます。

次の方も正社員を辞めるかどうか悩んだようですね。
ご紹介します。

ハニーさん 31歳 会社員

一部上場企業の会社員で、妊娠、出産、育児のための制度や体制については非常に恵まれている職場で働いていました。

具体的には、妊娠が分かってからはマタニティハラスメントなどは皆無で、職種は基本は事務所でデスクワーク、ときどき現場作業のある技術職でしたが、現場作業と言っても危険物取扱いや力仕事はありませんでした。

それなのに30代の男性の先輩が「もう現場には行かないでください」と現場作業を免除してくれて、つわりで急に長期間休んでしまったときにも診断書の提出のため会社に行った時にも「仕事のことは何も心配いりませんから」と言ってくれました。

育児休暇は2年間取ることが出来ました。

私は約1年半の育児休暇を取りましたが、実際は妊娠中も体調不良で7か月休み、それに産休と育休を合わせると2年以上不在にしていたことになります。

妊娠中に会った他の妊婦さんは介護福祉士で若い女性の多い職場なので妊娠、出産で仕事を休む人が多すぎて、職場からおばあさんと同居の場合は育児休暇は取らないでほしいと言われていると言っていました。

私の職場は約1000人の従業員のうち女性は10人以下という職場でしたので、育休をあまりとらないで欲しいという働きかけは全くありませんでした。

また、そのようなコンプライアンスに反することはだれも言いません。

復帰後に私の休業期間の長さを指摘する人も居ませんでした。

小学校卒業までの子を養育する社員は2時間までの短時間勤務を取ることが出来る制度があり、私は1時間時短で定時が17時15分のところ16時15分で終業にしていました。

それでも職場が遠かったこともあり、18時までの保育園のお迎えにはぎりぎりでした。

実家の母が平日の夕食つくりと洗濯を毎日してくれましたが、このように実家に頼って生活するのも正直つらかったです。

通勤には自己負担で高速を使い、高速料金は毎月1万円です。時短勤務で基本給から3万円ほどひかれ、正社員と言っても手取りは少なく夫の半分程度でした。

その収入を得るために苦手な運転をして遠い職場に通い、家庭では疲れて家事をほとんどできないという生活にストレスを感じていました。

朝は子供が起きる前に出かけ、子供と一緒に帰宅後は夕飯、入浴、子供の寝かしつけで子供と遊ぶ時間は取れていませんでした。

子供が1歳半で育休から復帰しましたが、子供が2歳になった時に、忙しい生活に疑問を感じて近場でのパートタイムに転向を希望して職安に行きました。

そこで言われたのは、2歳の子供が居る30才の主婦よりも小学生の子供が居る40才の主婦の方が転職の見込みがある、ということです。

一旦は転職をあきらめて時間と心に余裕のない生活を続けていましたが、子供が4才になりひらがなの書き順をめちゃくちゃに書いていることに気付いたのをきっかけに、ちゃんと教えてあげる時間を取りたいと思い、退職を決めました。

まだ退職していませんが、近々退職後は近所で短時間のパートタイムを探す予定です。

正社員を辞めるにあたって収入減の問題は、1000万円のローコスト住宅をローンなしで購入して家賃月7万円の負担がなくなったことと、貯め時と言われる子供が小学校の時期まであと2年となったことで、2年前よりも少し見通しが明るくなり、夫も退職に賛成してくれました。

正社員は魅力的ですが、お金だけではないということもあると思います。

お金が無いと思っていても、たとえば住宅を安い物件にしたり、子供はいっぱい欲しくても一人か二人にしておくことで必要なお金はすごく減りますので、正社員という働き方にこだわらなくても良くなり、心に余裕が生まれます。

私はその選択肢を選びました。

ハニーさんは、近々正社員を退職される予定のようですね

ハニーさんがおっしゃっているように、
あなたの状況によっては、正社員という働き方にこだわる必要はないかもしれません

今は、在宅ワークなどもあり、家でも正社員並みの給料を得られる時代でもあります

本当に色んな選択肢がありますので、
あなたにあった最善の選択をするようにしてくださいね

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る