20代女性が転職の面接で好印象を与えるためのコツ3つ

e2987730cc56ff251039925f792f7016_s

20代女性にとっての、新卒採用における面接と中途採用における面接。

その双方において違いがあるとすればそれは“自身の魅せ方”でしょう。

新卒採用も中途採用も、どちらも10代や20代といった若い時期におけるもの。

しかしながら一方はまだ社会人経験がゼロ。また一方は社会人経験が多少なりとも有り。

ゆえに同じ若い時期における採用面接であっても、面接に臨む姿勢やPRの仕方は変える必要があるのです。

そこで今回は、転職活動を行う20代女性必見。転職活動における面接で好印象を与える方法をお話します。

①新卒時とは異なるフレッシュさをアピール

“新卒入社で入ってくる新入社員にはフレッシュさが大事。”

そんなフレーズを耳にしたことはありませんか?

社会人経験はゼロではあるものの、持っている若さやバイタリティー、可能性こそが新入社員には大切ということです。

したがい新卒採用時の面接では、学生時代に行ってきたことや自身の強みを仕事でも生かしたいというような形で臨む方が、企業には好印象であったはずです。

こんなことがやりたいという内容が多少現実的でなかったとしても、それはそれで斬新な考え、面白い考えとして企業側には評価して貰えました。

しかしながら同じ若い時期であっても、中途採用の場合は少々異なります。

中途採用時の面接は、あくまで社会人経験ありの状態で臨むもの。

ゆえに、前職での経験や知識等を武器にしたうえでのフレッシュさ、発想力、そして現実性が必要になってくるのです。

“若いのでバリバリ頑張ります!”“やる気と根性だけは誰にも負けません!”

それを一番に押し出して中途採用面接に臨むのは賢い方法ではありません。

企業はあくまで即戦力を求めています。

若いとはいえ、即戦力のある人間でなければ採用できません。

20代女性にとっての強み。

それは勿論若さ、バイタリティー、可能性は勿論そうですが、転職活動時にはそれに加えて知識や経験がとっても大切。

“前職時代に培った○○という経験、△△の知識を生かして御社で□□を行いたい。”

新卒採用時の面接とはまた異なった形のフレッシュさで、中途採用面接に臨むことが大切なのです。

②結婚・出産・育児に対する考え、要求を一方的に押し付けない

働く女性にとっての大きな悩みの種。

それは結婚・出産・育児ですよね?

これは当然、企業側にとっても常に頭を悩ますものとなっています。

働く女性がそれぞれ悩んでいるように、企業もまた悩んでいるのです。

したがい、企業としてはその点に関しては、採用面接時に確認をしてくるでしょう。

企業より諸条件を提示してくるかもしれませんし、逆に要望を聞いてくる可能性もあります。

そんな時、是非気をつけて貰いたいのが、“結婚・出産・育児に対する考え、要求を一方的に押し付けない”ということです。

中途採用面接を受けているということは、あくまで自身は雇われる身。

つまり組織に属す身です。

自ら志願してその採用試験に臨んでいるわけです。

そんな人が権利とはいえ、いきなり要求を一方的に叩きつけるのはどうでしょうか?

印象が悪いですよね?

仮に希望を聞かれたとしても、それはあくまで自身の希望であり相談ベースで決めていきたいという姿勢で臨まなければなりません。

“面接時にはっきりと伝えておかなければ後々全く変更が聞かないのでは?”

そのように心配をして、面接段階ではっきりと自身の意見や要求を言いたいと思う人もいるかもしれませんが、それはやめましょう。

はっきり言って、印象が悪くなるだけです。

企業の面接を受けている以上、先ずは組織に属し、きちんと仕事をすることが最優先。

仕事の話よりも自身のプライベートの話を優先にしてしまうような姿勢は絶対にNGですよ?

③質問内容にきちんと回答する

“え?質問にきちんと答えられない人っているの?”

そう思った人は多いでしょう。

しかしながら、質問内容にきちんと回答できない人は非常に多いのです。

例えば、イエスかノーかで聞かれている質問に対して、曖昧な回答をする人。

“エクセルで計算式を利用したデータ管理はできますか?”に対して、“前職でエクセルは毎日使っていました。”と回答してしまう人。

“ん?エクセルは使えても、計算式を使ったデータ管理はできないということかな?”とはっきりしないですよね。

おそらくこの人は、計算式を使うことに自信が無くノーと回答することを避けたいために、このような回答をしたのかもしれません。

しかしこれは質問した側からすれば困ってしまいますよね。

できないならできないと素直に回答したうえで、逆にどこまでならできるのかを説明すべきです。

その方が質問した側に対して親切な回答でしょう。

質問の意図を理解せずに回答するのは、コミュニケーション能力が低いことを示すことと一緒。

コミュニケーション能力が低いと面接で判断されてしまうと、入社しても社内外で意思疎通に関するトラブルが起きるのでは?と思われてしまいます。

経験、知識といった内容云々以前に、質疑応答の場面で問題ありと思われてしまったら悔しいですよね?

質問にきちんと回答するということは、非常に重要なことなのです。

まとめ

いかがでしたか?

このように、転職活動における面接で好印象を与えるためには、ちょっとしたコツが存在するのです。

そしてそれらのコツは、社会人経験を既に積んできた20代女性ならではのものなのです。

面接にはちょっとしたコツがあります。

そのコツさえ掴んでしまえば、きっと面接通過率はぐっとあがるはずですよ?

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る