女性が働きやすい労働環境は存在するのか?!

8325395ef63a7ce8c15543682f1b7a96_s

働きやすい労働環境というのは、
働くものすべてにとって永遠のテーマかもしれません

労働環境というのはグレーゾーンなので、
その会社その職場で働いてみないと本当に分からない話ですからね

ただ、結婚・出産のある女性にとっては、
働きやすい労働環境で働けるというのは必須になってくるかと思います

そこで、主婦で新しい働き方を実現されている方の体験談をご紹介したいと思います

ご参考にしてください

KUNONさん、45歳、主婦、在宅ワーカー

現在、在宅ワーク、隙間ワークと呼ばれる、正社員やパート、派遣でもない新しい働き方をしております。

友達の勧めにより、そういった働き方があるということを知り、いくつかの会社に登録をしたのがきっかけです。

仕事の内容としましては、簡単なライティング業務や、データ収集業璧、覆面調査、在宅ではないですがテストの採点や受付の仕事などを経験しました。

固定給というものはないのですが、お小遣い程度の小銭を稼ぐことができるようになりました。

長い間専業主婦だったので、夫や子供が家事にノータッチで、自分のことを自分でやる習慣がありません。

彼らの食事の支度をしていかなくてはならないなど、その方が億劫で、なかなか外に仕事にいく決心がつきませんでした。

そういったことから在宅ワークを選んだのですが、将来的にも夫に万一のことがあったり、子育てが終わってやるべきことがなくなってしまった時に、経済的、精神的に自立していないのが不安でした。

まだ解決には至っておりませんが、長すぎるブランクの不安を埋めるため、とりあえず敷居の低い在宅ワークで、自信を取り戻すことから始めました。

始めて半年になりますが、新しいことにも挑戦をしていく勇気が出てきました。

パート並に稼ぐことはできませんが、仕事の多様性といわれ始めた昨今、在宅ワーク、隙間ワークは新しい働き方として注目をされてきているので、その可能性を模索していきたいと思っています。

私が就職をしたのは約20数年前、5年半ほど働いて、出産で退社致しました。

女性の多い職場で、育児休業制度などもあることはあったのですが、使用している人は1人だけ、しかも周りの人には陰口を叩かれていました。

そんな時代だったので専業主婦を選んだ方が多く、そのあとにパソコン、携帯などの機器が当たり前になっていったので、事務の仕事がしてみたいと思っても、なかなか踏み出せないという人も多いです。

私はコンビニやスーパーのレジ打ち、販売業などよりも、事務的なことがやりたいと思っていたので、パソコンは自己流ですが、在宅ワークはちょっと事務仕事っぽいことをしている気分になれて楽しいです。

特にブランクの長い方、不安は大きいと思いますが、とにかく行動あるのみ、勇気を持って一歩を踏み出してください。こんな私でも、微かな自信を取り戻すことができました。

男性社会に女性が合わせる時代はもう終わりにして、女性が女性らしく、日々の暮らしを大切にしながら働ける、そんな働き方を当たり前のものとしていきましょう。

KUNONさんは、新しい働き方にチャレンジしているようですね

在宅ワークであれば、自分で働き方を決めるわけですから、
労働環境が・・・というストレスからは解放されている状態です

もちろん、このKUMONさんの働き方は夫の収入があってこそできることです

ただ、正社員の場合も混沌とした世の中ですので、
自分でお金を稼ぐ力を身に付けるというのは非常に大切なことです

場合によってはこの在宅ワークは、正社員の給料以上を稼げますからね

挑戦してみる価値はあるかもしれないですね

トピック!

専業主婦の仕事探し!働きたい主婦は必見です!
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る