ホワイト企業の特徴や条件3つ

働くのならば誰しもホワイト企業で働きたいという思いがありますよね。

サービス残業が多かったり人間関係が悪かったり身体共にきつくなるようなブラック企業では働きたくないでしょう。

ホワイト企業はブラック企業の逆で残業代がしっかりと出たり、社員同士の交流など企業の風通しも良く有給消化も可能等安心してしっかりと働けるような企業です。

しかしそんなホワイト企業を見つけたい場合どのような特徴や条件をつかんでおけばいいのか気になります。

私も実際にホワイト企業を見つけたいと思い、求人サイトやインターネットで企業を探したりしました。しかし最初の内はどんな企業がホワイト企業なのか、特徴等がわかりませんでした。

今回は私と同じような気持ちであるあなたに実際に私が経験したことを踏まえてホワイト企業の特徴や条件を大きく3つに分けてお教えいたします。

①求人サイトでのホワイト企業の特徴

まずは求人サイトでのホワイト企業の特徴や条件についてです。

数多くある求人の中にはホワイト企業はもちろんですが、ブラック企業も多く存在をしています。私は何度かブラック企業だとわからずに応募してしまい面接の場や実際に入社してみて失敗だったと思うことがありました。

ホワイト企業の求人内容の特徴はまず画像が社員や社内風景が使われてるかどうかです。

ブラックな企業だと社内を見せたくないので文字だけで画像を出したり、明らかにフリー素材の人物画像を使用していることが多くあります。

また、仕事内容が大まかであったり、給与が明らかに高かったりするとブラック企業だと疑ってもいいでしょう。中にはホワイト企業でもそのような内容のところがありますがほとんどはブラック企業だと思います。

また、休日についてですが、週休二日制と記載があっても少し疑ってみたり実際に面接の場で本当に週休二日制かどうか聞いておくべきです。

完全に二日制のお休みがあれば頭に「完全」と文言が入ります。ホワイトな企業はお休みもしっかりと取れる企業がほとんどです。内容の細部までみてホワイト企業の特徴をつかんでいきましょう。

②ホワイト企業はサイトがしっかりしていることが多い

次は企業のコーポレートサイトについてです。大手の企業はやはり企業のWEBサイトがしっかりしています。

そしてホワイト企業もサイトがしっかりと作られていることが多いです。コーポレートサイトは企業の顔とも言えるもの。そこをしっかりとしているかでホワイト企業の特徴が掴めると思います。

特にサイトの中での社員の紹介や社員の写真が多いと安心ができます。ブラック企業だと社員や社内の風景を見せたがらない傾向があります。

もちろん全てがそうではありませんがホワイト企業の特徴の一つとしてWEBサイトの細部までの作り込みは大きな特徴の一つです。

WEBサイトが見当たらないというところまで来るとブラック企業か経営が傾いてる企業の特徴になるでしょう。

ホワイト企業か見分けたいときはしっかりとその企業のWEBサイトまで調べておくことです。ホワイト企業だと言われているサイトを何社か見ておいて先に特徴などの共通点を調べておくことも役に立つと思います。

③時代の移り変わりに敏感に反応できてる

ホワイト企業は時代の移り変わりに敏感に反応できる企業が多いです。

例えば女性が働きやすい環境作り(女性管理職の選出や産休からの復帰制度等)ができていたり、育児休暇制度の確立、日本でも課題に上がっているLGBTへの対応等、現代の問題に解決に取り組んでいる企業はホワイト企業の特徴の一つです。

男女比も半々くらいで若い社員が多いとさらにホワイト企業の可能性が高くなります。

また社内の設備にも注目してみるといいでしょう。古いパソコンを使用していたり携帯電話がまだ折りたたみ式の旧式であったり、そもそも設備が十分に整っておらず明らかに時代に沿った設備がない場合は疑ってかかる必要があります。

なぜなら設備を購入できるほどの資産がないということにもつながっていきます。

ホワイト企業は時代にあった設備や社内の環境作りを怠りません。

休暇制度も有給や夏季、冬季休暇だけではなく記念日休暇やバースデー休暇、家族旅行休暇などその企業独特の面白くて今までになかったような休暇制度を積極的に取り組んでいたりしています。

気になる企業があればその企業の制度や社員の男女比なども調べてみるとホワイト企業かの特徴や条件が見えて来ると思います。

まとめ

ホワイト企業の特徴や条件は上記のようなポイントを含めてしっかりと見ていけばホワイト企業だということがわかってきます。

もちろん全てのホワイト企業が上記のような特徴に当てはまるとは限りません。しかしこれらの条件が満たされていなければブラック企業の可能性も高まります。

SNSやネットもうまく利用しつつあなたの将来のためにも妥協せずに企業調べをしていきましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る