転職するべきか悩んでいます。どうしたらいいでしょうか?

804eb15e699685f209f3109dbcb5b2cb_s

転職するべきか悩んでいる方は非常に多く、どうしたらいいか悩む日々を送りながら仕事をしている方も多いでしょう。

私も、会社勤めをしていて何度も仕事を辞めたい、転職したいと考える事がありました。

昨今では、高卒者の40%、大卒者の30%が3年以内に離職する時代であり、昔の様に一生涯同じ会社で勤め上げる事が美徳ではない時代になっています。

会社側も終身雇用を維持できず、どんな大企業でもリストラを行わざるを得ない状況に陥る可能性がある時代なのですから、こうした雇用や職業の流動性は当然です。

しかし、こうした社会背景とは別に、会社勤めをしている人は、勤めている会社や仕事に対して、大なり小なり不満や将来の不安などを抱えて仕事をしているものです。

転職したいと思ったり、しかし転職して本当に良い方向になるのかと言った不安や悩みが尽きないのが常なのです。

そこで、現職に留まるべきか、転職すべきか、転職するならどんな点に注意すべきかを一緒に考えてみましょう。

今の現状を整理してみてください

まず、仕事をすると言う事に対して、あなたの意識を整理してみる事から始めましょう。

会社に勤め、仕事をする場合、その働くと言う行為に対して人の価値ウエートは様々なのです。

仕事は収入を得るために行うのが、メインの目的である事は論を待ちません。

しかし、それにプラスして、やりがいの問題やスキルアップしてビッグになる事や家庭生活との両立性や仕事場の雰囲気や人間関係など人によって会社や仕事に求める条件の重みが異なるのです。

こうした条件が自分の理想と、現実でギャップがあるから転職すべきかと悩むのです。こうした項目を列挙し、どの項目に不満や不安があるのかを自分で分析してみるのです。

収入として給与や賞与は満足か?やりがいはあるか?スキルアップするための教育訓練や機会に不満はないか?残業や休出など仕事と家庭のバランスをとると言う視点で不満はないか?人間関係や職場風土に不満はないか?

こうした問いかけを自分にしてみるのです。

次に、この中で転職したいと思い詰める主要因に対して、突き詰めて考えてみるのです。

例えば、収入の不満だとすれば、勤務年数が増えれば徐々に収入が増え、そうした不満が解消される可能性はないのか?

会社の経営が不調で、一時的に賞与の支給が大幅に落ちたり、残業がゼロになり、結果的に一時的に収入が減っているだけではないのか?など改善する可能性が無いのかを客観的に考えるのです。

また、よくある悩みに、人間関係や会社の風土の問題があります。

この不満の中で、例えば上司に不満がある場合、その上司は組織変更や異動で変わる事はないのか?また自分の異動などで上司が変わる事はないのか?と改善の可能性や機会がどの程度あるのかを考えるのです。

このように転職したいと考える主要因が、一時的なものではないのか、しばらく我慢すれば改善する可能性が無いのかなどを十分に考える事が必要です。

主要因が我慢すれば改善する可能性があり、会社や仕事の他の要素に不満がないなら、我慢して頑張る事の方が良いでしょう。

こうして、分析した結果、やはり改善の可能性が無いと判断した場合に、はじめて転職を視野に入れるべきでしょう。

軽い気持ちで転職するのはNG

転職に際して、収入などは事前にそこそこ分かりますが、その他の項目は、その会社や仕事に就いて初めて分かる事も多く、軽い気持ちで転職すると失敗する事が多いのです。

転職して、現在の会社や仕事の最大の不満が取り除けたとしても、新たな不満や不安が大きく、これなら以前の会社や仕事の方がましだったと後悔する事になりかねないのです。

上記のように分析した結果、やはり現在の会社や仕事では不満が解決する可能性がないなら、真剣に転職を考えるのも良いでしょう。ただし、その際にも転職先について十分その条件を整理して探す必要があります。

先に記載した会社や仕事に求める要素の中で、現在の会社を辞めて転職を考える主要因を解消するために、その他の要素がどこまで悪化する事を許容できるかを考える事が重要です。

例えば、簡単な例として収入に対する不満が主要因で転職を考えるなら、収入が自分の希望する額となるなら、残業時間や仕事の要求がどの程度きつくなっても良いのかと言った事を考えるのです。

また、やりがいやスキルアップに対する不満で、こうした不満が解消できるのなら、収入が少し減ったり、仕事の要求がどこまできつくなっても良いのかと言った事を整理するのが重要です。

こうした悪化要素があっても良いと言う条件を整理し、具体的に転職活動をして転職先を見つける事が重要なのです。

やりがいがあり、職場の雰囲気や人間関係が良く、収入もそこそこで、将来性もあり、その上仕事と家庭の両立が自分の理想通りと言ったバラ色の職場など中々ないのです。

まとめ

会社勤めをする人の多くは、転職すべきではないかと何らかの不満や不安を抱えて仕事をしているものです。

どうすればいいのか迷う事も多く、そんな時には何が不満かをまず明確にし、次にその不満が今の会社や仕事に就いている限り解消する見込みがないのかを考えます。

解消する見込みがない場合に、はじめて転職を考えるべきで、解消の可能性があるなら、頑張り続ける方が良いのです。

解消の可能性がない場合に、はじめて転職を考えましょう。

その場合にも、不満要素が解消されるなら、その他の要素がどこまで悪化する事を許容するかを考えた上で転職先を探し、こうした会社や仕事に出会う事ができれば転職すると言う慎重な姿勢で臨むべきなのです。

多くの人があなたと同じように悩みを持ちつつ働いているのです。

うつ病になるほど頑張る必要もありませんが、安易に転職を考える事も危険な事を知り、慎重に考えてみる事をお勧めします。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る