仕事を辞めたいです。もう疲れた・・・

8325395ef63a7ce8c15543682f1b7a96_s

仕事をしていると身も心も疲れ果ててしまい、「辞めたい。もう疲れた。」と思うことがありますよね。

私は過去に何度か、仕事の疲労感から退職を考え悩んだことがあります。ですから、今のあなたのお気持ちは人一倍よくわかるつもりですよ。

私もそうでしたが「辞めたい」と思いながら、「でも・・・」という気持ちもあって、それで迷い悩むわけですよね。辞めた後のことを考えないわけにはいきませんから。

では、どう対処したらいいのか。辞める決断をする前におすすめしたい対処法をいくつか紹介しましょう。

①休暇を取って心と体を休ませる

「疲れたら休む」、これが原則です。ですから、仕事に疲れたと感じたら、まずは休暇を取って、心と体を休ませることを考えましょう。

できれば有給を取って、少しまとまった休みを作るのがおすすめ。最低でも3連休、出来ればそれ以上の連休を作って、休みましょう。

おすすめしたい休暇の過ごし方は、やはり「旅行」です。まとまった休みが取れたなら、思い切って海外旅行というのはどうでしょうか。

それが無理なら、国内旅行でももちろんかまいません。「温泉でゆっくり」なんていのも、リフレッシュには最適ですよね。

ポイントは、一人旅は避け、誰かといっしょの旅行にすること。自分を見つめるためには一人旅が効果的ですが。仕事の疲れをいやすには、あまりおすすめできません。

というのも、一人旅だとどうしても仕事のことばかり考えてしまい、心身を休めることにならないからなんですよ。

心と体を休めるためには、誰かといっしょに行った方がいいんです。パートナーや恋人、家族、仲の良い友達を誘って、旅に出ましょう。

気分転換できるだけでなく、好きな人と楽しい時間をすごすことによって、前向きな気持ちになれるに違いありません。

旅から帰ったあとで、どんな人生の選択をするにせよ、ポジティブな気持ちになっていれば、自分にとってより良い判断ができるはずですよね。

気持ちをポジティブに変えるためにも、好きな人、仲の良い人との旅行が大変に効果的なんです。

②休日の過ごし方をアクティブに変えてみる

日々の仕事に追われ、身体的にも精神的にも疲弊してしまうと、休日を無駄に過ごしてしまいがちですよね。

「たまの休みなんだから」と、昼近くまで寝坊をして、その後もだらだら何となく部屋で過ごしてしまうということもあるのではないでしょうか。

ふだんなら、それでもかまいません。日常的な疲労なら、それでも解消できますよね。

けれど、「仕事を辞めたい」というレベルの疲労の場合、そのようにだらだらした過ごし方をすると、疲れが取れないばかりか、心身ともにさらに疲れてしまうことになりがちなんです。

そこで、おすすめしたいのが、休日の過ごし方をアクティブに変えてみるという方法。

郊外へ行って、ちょっとした山歩きをするとか、フィットネスクラブで体を動かすとか、とにかく体を動かす休日にしてみましょう。

体を動かすことによって、気分をリフレッシュするわけですが、それだけでなく、夜ゆっくり眠ることができますので、身体的疲労も軽減され、翌朝スッキリ起きられるという効果もあるんですよ。

また、「今日は有意義な休日だった」と思うことで、ポジティブな気持ちにもなれるというわけです。

プライベートの時間に充実感が得られると、仕事にも前向きになれるものですよ。

③「仕事はお金のためにするもの」と割り切る

仕事に疲れたと感じると、どうしても仕事に対してネガティブな見方しかできなくなってしまいます。

「仕事は辛いもの、嫌なもの」という意識しかなくなってしまうわけですね。そういう意識で仕事をすれば、さらに疲労感が溜まってしまうに違いありません。

ですから、今の疲労感を軽減、解消するには、意識を変える必要があります。

そうは言っても、「仕事を辞めたい」とまで思う状況では、「仕事は楽しいもの」という意識をいきなり持つことは不可能ですよね。そんなふうに考えることができるくらいなら、今のように悩む必要もないわけですから。

では、どうしたらいいのか。私のおすすめは「仕事はお金のためのもの」という割り切った意識を持つようにする方法です。

どんなにつらい仕事、疲れる仕事でも、仕事をしてさえいればお金になりますよね。

お金があれば、先ほどお話しした旅行にも行けますし、より有意義な休日の過ごし方もできるわけです。

ここがポイント。つまり、仕事で得たお金でプライベートを充実させることを目的にしてみるのです。

何か、大きな買い物を目標にするというのもいいかもしれません。マンションや高級車、高級ブランドの時計や貴金属など、「あれがほしい」と思えるものを手に入れることを、仕事のモチベーションにしてみましょう。

そういう目標、目的があれば、これまでと同じ仕事をしていても、その疲労感はかなり軽減できるはずですよ。

物品以外でも「旅行」や「グルメ」を目標にする方法があります。あるいは、趣味やコレクションを充実させることを目的に、仕事をするというやり方もありますよね。

とにかく「お金」を目的にすることで、仕事に対する意識が変わり、疲労感を軽減させるわけです。

「お金がきらい」という人はいませんから、案外効果的な方法だと思いますよ。

④転職サイトに登録して、情報収集する

上記のような方法を試すと同時に、「転職という選択肢」を具体的に持つことも、おすすめのやり方です。

仕事の疲労感から「辞めたい」と思う場合、「とにかく今の苦しさから逃れたい」という意識を持ちがちですよね。そのため、先のことをよく考えないまま、辞めてしまうというケースも少なくありません。

これは、リスクが大きすぎますよね。そこでおすすめしたいのは、「仕事を続けながら、、転職サイトに登録してみる」というやり方。

大手のサイトならどこでも安心して使えますし、登録自体は無料になっています。大手サイトをチェックして、自分に合いそうなところを選ぶといいですよ。

また、無料の自己診断などのサービスもありますから、それを利用するのもいいでしょう。自分では気づかなかった自分の姿が見えてくるかもしれません。

また、具体的な求人情報をチェックすると、ばくぜんとしていた「転職」がよりクリアに見えてくるはず。

それだけでも、気持ちが軽くなるはずですよ。「いざとなったら、転職すればいい」と考えることによって、心の疲弊感はかなり軽減できるのではないでしょうか。

⑤上司に相談してみる

最後の対処法は、上司に話をするというやり方です。

これは、上記のような方法を試してみて、それでも解決できない場合の、最後の手段と考えていいでしょう。

上司に相談する際は、今感じている疲労感について、正直に話をするのがポイント。何が原因で、どんな疲労感を抱いているのか、できるだけ具体的に説明してください。

たとえば、仕事量が多すぎるのが原因の場合、上司がそれを理解してくれれば、仕事量を減らしてくれるかもしれませんよね。

また、あなたにより向いているセクションへの異動を考えてくれる可能性もゼロではないでしょう。

とにかく、すべてを包み隠さず、あなたの今の悩み、疲労感について打ち明けましょう。

もちろん、上司に相談したからと言って、必ず解決されるということではありません。

解決されない場合は、より現実的に「転職」を考える必要も出てくるわけです。そのためにも、上司に相談するより先に転職サイトに登録して、情報をチェックしておく方がいいんですよね。

具体的に転職情報を得ていれば、それだけ気持ちに余裕をもって、上司に相談できるわけです。

まとめ

ここでは、私の経験を踏まえて、仕事に疲れて辞めたいと思っているあなたへ、5つの対処法をお話ししてきました。

今の仕事を辞めること自体はかんたんですが、そのあとのことは、そう容易ではありませんよね。

あなたにとってより良い選択をするために、上記を参考になさってくださるとうれしいです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る