仕事ができない悩みを解決する7つの対処法

36a893cfd3d2e1611157c4b877e86be9_s

普段仕事をしていると、いろんな意味で「仕事ができない!」という悩みを抱えることがあるのではないでしょうか。

例えば、人材配置に問題があったり、上司が不公平な対応をしたりして、そもそも仕事のチャンスがフェアにもらえないケースがあります。

また、チャンスはもらえても、仕事に集中できないこともあるでしょう。職場の雰囲気が悪い、残業が当たり前の社風だ、プライベートで問題を抱えている、といった場合です。

さらに、仕事に集中できるけれど、なかなか結果が出ないという場合もありますね。自分の実力不足、社内のコミュニケーションがうまく行っていない、などのケースです。

このように、仕事ができないと一口に言っても、その人や職場、会社の状況によってさまざまなケースが考えられます。

それでも、何とかして「やっと仕事ができた!」と胸を張れる状態に持って行かなければなりませんし、ぜひそうしたいものですね。

そこで今回は、仕事ができない悩みを解決する7つの方法をご紹介します。

どのようなときに仕事ができなくなってしまうのか、その悩みをどうやって解決していけばよいのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①人材配置が適切でない

仕事ができない悩みを抱える原因として、「人材配置が適切でない」場合があります。

例えば、あなたの勤めている会社が、できて間もないベンチャー企業や、老舗でもオーナー色の強い会社だった場合、人事制度が整っていないケースが多くなります。

すると、あなたの能力やキャリアプランを無視して、会社の都合で配置転換する恐れがあります。商品開発に向いていてやりたいのに、営業に回される可能性があるのです。

そうなると、せっかくいいアイデアや発想力を持っていても、それを生かすチャンスをもらえず、望ましい仕事ができなくなってしまいますよね。

そこで、当面は目の前の仕事を頑張りつつも、いずれは希望や適性に合うように「会社に配置転換を希望」してみましょう。

商品開発をやりたいのに営業に回されている場合、たしかにもどかしいでしょう。それでもまずは今の営業の仕事で、周りが納得するだけの結果を出してください。

そうなると、あなたの言葉に説得力が出て来ます。また営業に全力で取り組んでいるうちに、「営業もけっこうおもしろいな」と思い、今のままでよいと気が変わるかもしれません。

それでもやはり商品開発への希望が捨てきれず、アイデアや発想力にも自信があるかもしれません。その場合は会社に相談して、商品開発部門への異動を希望しましょう。

それがかなってチャンスをもらえれば、ようやく望み通りの仕事ができます。その分プレッシャーも大きいですが、結果を出せれば「有言実行の仕事ができる人だ」と評価も高まりますよ。

②上司の対応が不公平

「上司の対応が不公平」な場合にも、仕事ができない悩みを抱えてしまいがちです。

どこの会社にも「なんでこんな人が課長になれるんだろう」と言いたくなるような、ひどい上司がいますよね。とくに、感情のコントロールがきかなくて、冷静な判断ができない人がいます。

そんな上司だと、部下も好き嫌いで判断しかねません。素直な部下は可愛がり、たくさんチャンスを与えてフォローもするでしょう。一方、仕事はできても生意気な部下には、チャンスすら与えない恐れがあります。

あなたが仕事で結果も出せるし、会社のために言いにくいことも言っているのに、「生意気な奴だ」と冷遇されたらどう思うでしょう。「こんなアンフェアなことがあっていいのか!」と怒りたくなりますよね。

そんな時は、「上層部や社内の相談室などに相談」し、上司の対応を改めてもらいましょう。

上司も組織の人間なので、自分の上司には逆らえません。課長が不公平な対応をとるなら、部長に相談して課長の態度を改めてもらいましょう。

また体制の整った会社なら、社内にパワハラその他の相談を受ける部署があるでしょう。そこに相談して、会社としての組織的な対応をしてもらいましょう。

そういう部署がない会社なら、労務管理に詳しい専門家や団体、似たような経験をした知人などに、どうすればいいのかを聞いてみてください。

それで対応が改善されて、自分にも公平にチャンスをもらえれば、「これでやっと思い通りに仕事ができるぞ!」とやる気に満ち溢れることでしょう。

③職場の雰囲気が悪い

仕事ができないと悩んでしまう原因には、「職場の雰囲気が悪い」場合もあります。あなたの職場の雰囲気を、ちょっと思いだしてみてください。

私語が多くてうるさい、上司の怒鳴り声が響いてみんな委縮している、陰口や足の引っ張り合いがある、人の出入りが激しくて騒がしい・・・。残念ですが、そうした雰囲気の悪さを感じたことがあるのではないでしょうか。

このような状況では、とても落ち着いて仕事をすることはできません。常に周囲のことが気になり、目の前のやるべきことに意識が向かず、気づいたら「もうこんな時間か。まだこれだけしかできていないよ」となりかねませんね。

その場合は、「まず自分で直接対応し、それでもダメなら上司に改善してもらう」ようにしましょう。

私語が多くてうるさいのなら、その人たちに「すみません。今集中しないといけない状況なんですよ」などと言って、静かにしてもらいましょう。ただこのように、やんわりと角が立たないように、言い方と態度には注意してくださいね。

それで一時は静かになるかもしれませんが、しばらくしてまたおしゃべりが始まってしまうこともあるでしょう。その場合は仕方ないので、職場の責任者である上司に相談し、注意してもらいましょう。

いずれにせよ、そうした対応で職場の雰囲気がよくなれば、落ち着いて集中して仕事ができるようになり、よい結果にもつながりますよ。

④残業が当たり前

「残業が当たり前になっている」場合にも、仕事ができない悩みを抱えてしまいます。

これも普段のあなたの職場を思い返してみてください。夕方5時になっても帰る人はまばらで、終電間際まで残業をしている人が目につくのではないでしょうか。

またその間、ずっと集中して仕事をしているわけではないでしょう。同僚と愚痴をこぼし合う、休憩室でだらだらとする、気分転換と称してコンビニに行ってなかなか帰らない。こんな光景を目にすることはあるでしょう。

所定時間内に終わらなくても「どうせ今日も残業すればいいんだから」という気持ちがあれば、集中して仕事ができなくなります。さらに長時間残業していると、疲れてきたりして集中力を持続できません。

こんな場合は、「自分の努力や上司の協力で、仕事のやり方を見直し」ましょう。

まず自分の仕事を見直して、いらない仕事はきっぱりやめて、必要な仕事でも他人に任せられることはお願いしましょう。そのうえで、自分でやるべき仕事について、期限を決めてうまく休憩を取りながら、集中して進めます。

ただ、このような自分の努力だけでどうしようもないケースもあります。仕事の配分が一部の人に偏っている、残業を見逃す雰囲気があるなどです。その場合は、上司に相談し、配分や雰囲気を改善してもらわないといけません。

今まで続いてきた残業の風土を改めるのは、簡単ではありません。それでも時間をかけて徐々に減らしていきましょう。そうすれば短時間で密度の濃い仕事ができるようになり、しっかり休めてまた集中できるという、好循環が生まれますよ。

⑤プライベートで悩みがある

仕事ができない悩みを抱える原因として、「プライベートで悩みを抱えている」場合もあります。

当たり前ですが、人は仕事だけではなくプライベートもあり、両者のバランスを取りながら生活しています。そのプライベートで、何か問題を抱えているケースもあります。

子供が病気になって入院しなければならない、親が認知症で介護が必要になったなど、家族に関する悩みはつきものです。あるいは近所トラブルや不審者に付きまとわれている、といった心配や不安もあるでしょう。

あなたがこのような問題を抱えていたら、やはり仕事に集中するのは難しくなりますよね。パソコンに向かっていても、「息子の熱は下がっただろうか」などと気がかりで、仕事が捗らないのではないでしょうか。

そういう時は、場合によっては「プライベートの問題をまず解決」してください。

それほど大ごとでないのなら、仕事と並行しながらで構いません。子供が病気の場合でも、症状が軽かったり、他に面倒を見てくれる人がいたりするなら、仕事をしながら対応すればよいでしょう。

ただ仕事にも支障が出るほどの問題なら、まずはプライベートの問題解決を優先すべきです。子供が大けがや大病に陥り、緊急手術や入院を余儀なくされ、周囲で頼れる人もいない場合は、休みをもらって看病し、容体が落ち着くまで傍にいるなどしましょう。

いずれにせよ、仕事もプライベートもともに大切であり、一方の問題が他方に影響するものです。プライベートの悩みをうまく解決して、集中して仕事ができる環境を整えましょう。

⑥自分の実力不足

「自分の実力が足りない」場合も、仕事ができなくて悩んでしまいます。

あなたの会社が社員にきちんと配慮して、希望や適性を考えて配置し、集中できる環境も整えてくれていたとしましょう。ところが、肝心のあなた自身に知識や経験が足りなくて、なかなか結果が出せない場合があります。

例えば、以前から商品企画がしたくて、勉強もしていて、やっと希望がかなったとします。それでも、経験に基づく生きた知識がないので、最初は思うように結果が出ないでしょう。

そうなると、周りからも「仕事ができない人だな」と思われ、自分でも「せっかくチャンスをもらっていい環境なのに、仕事ができないのは自分が未熟だからだ」とがっくりしてしまうのではないでしょうか。

それでも嘆いてばかりでは始まりません。「研修や日々の仕事、独学を通じて実力アップ」させていきましょう。

研修制度が整った会社なら、社員の仕事や成長段階に応じて、さまざまな研修メニューを用意しています。その中で、商品企画に関する研修があれば、積極的に受講して知識やノウハウをモノにしましょう。

ただ、それらは現場で生かさないと血肉にはなりません。研修が終わったら、そこで得たものを日々の商品企画の仕事で試して、実践的な力にしていきましょう。研修制度がない会社でも、このように仕事を通じて力はつけられるはずです。

さらに、プライベートでも本やネット、知人を通じて、独学も意欲的にしてみてください。「仕事以外はゆっくりしたいな」という気持ちもあると思いますが、今は頑張り時だと思って、少しでも早い実力アップを目指しましょう。

これらを地道に続けて行くと、自然と実力がついていって、結果も出せるようになります。そうすれば「あの人は努力もするし、結果も出せて、仕事ができる人だな」と認めてもらえますよ。

⑦社内のコミュニケーション不足

仕事ができないと悩む原因には、「社内のコミュニケーションがうまく行っていない」場合もあります。

先ほどの例で、チャンスも環境も、あなた自身の実力も問題なかったとしましょう。ところが、社内の関連部署とのコミュニケーションがうまく行かなくて、結果が出ないケースもありますね。

例えば、あなたがせっかくいい商品を企画し、お客様の反応もよかったとしましょう。ところが、生産部門との連携がうまく行かない、営業担当者との連絡ミスがある、広報にきちんと話が行っていない、などの問題もありえます。

そのように、社内のコミュニケーションが不十分だと、売れる商品も売れなくなってしまいます。その結果ビジネスチャンスを逃してしまい、「せっかくいい仕事ができるはずだったのに・・・」と後悔するでしょう。

こうならないように、「情報共有体制をしっかり作っておく」ことが大切です。

例えば、新商品開発のプロジェクトが立ち上がった場合には、マーケティング、研究開発、生産、営業、広報など各部門の代表者がメンバーになり、定期的または必要に応じて打ち合わせを行います。

そこで、お客様の反応や同業他社の状況など、さまざまな情報を共有し、企画、生産、公表、販売などがスムーズにいくようにします。仮にトラブルが起こったとしても、このメンバーを中心にして素早く対応していきます。

このように、情報共有体制をしっかりしておいて、日々こまめにコミュニケーションを取っておけば、商品の企画から販売までうまく行く可能性が高くなります。その結果、「みんなで協力して、いい仕事ができたな」と充実感を味わえますね。

まとめ

いかがでしたか?

仕事ができない悩みを解決する7つの方法をご紹介してきましたが、お役に立てましたでしょうか。

人材配置や上司の対応に問題があって、そもそも仕事のチャンスをもらえないときは、配置転換を希望したり、上層部や社内相談室に対処を求めたりしましょう。

また、職場の雰囲気の悪さや残業の多さ、プライベートの悩みなど、仕事に集中できない場合は、自分の努力や上司などの協力で乗り切り、環境を整えてください。

さらに、実力不足やコミュニケーション不足で、仕事で結果が出せないときには、研修や仕事、独学で力をつけ、情報共有体制を作り、個人と組織がそれぞれ力を発揮できるようにする必要があります。

これらをしっかり行えば、チャンスを生かして仕事に集中し、結果を出せるはずです。そうなれば、仕事ができない悩みなど感じなくて済みますし、「あの人は本当に仕事ができるな」と周りからも高く評価されるでしょう。

自分が動いて、周りの力も借りる。

「言うは易く行うは難し」ですが、このような普通のことをしっかりやっていくと、仕事ができない悩みはいずれ解消されていきますよ。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る