転職回数が多い場合に転職を成功させるポイント7つ

昔に比べると、転職市場が活発化してきて、転職者も増えて来ました。ただそれでも、人生で何回も転職を繰り返す人は少ないでしょう。それはなぜでしょうか?

働く人の立場からすると、できるだけ同じ職場で長く働いた方が、職場や人間関係にも慣れて、スムーズに仕事ができて、成果も上げやすくなります。また、人間は得てして変化を好まないという点も影響しているでしょう。

一方会社としても、同じ人に長く働いてもらった方が、いちいち最初から仕事を教えなくて済みますし、成果も上げてもらいやすくなるので、会社の業績向上につながります。

このように転職回数が少ない方が、社員と会社の双方にとって、基本的にメリットが大きいわけです。もちろん、転職自体にはもちろん意義がありますが、その回数が多いとデメリットの方が大きくなりかねません。

そんな中で、もしあなたの転職回数が多かったら、不安になりますよね。今更転職回数が多いという過去を変えることはできません。それでも、何とか転職を成功させたい気持ちに変わりはないでしょう。

だからこそ、面接では特に、転職回数が多いことをどううまく説明するかが大切になります。そこで今回は、転職回数が多い場合に転職を成功させるポイント7つについてご紹介しましょう。

事実は事実として受け止めて、その意味をどう好意的に解釈して、説得力を感じさせるように伝えるか、その点が明らかになるようにご説明していきます。

①キャリア構築に対する主体性をアピールする

例えば、こういう場合を考えてみましょう。あなたは新卒で事業会社の人事部に配属され、そこで採用や研修、労務管理などの幅広い人事業務を経験し、人事の面白さに気づきました。

そこから、人事のプロになりたいと思い、人事コンサルティング会社に転職し、今度は会社の外部から、人事制度の設計・導入支援などのプロジェクトを多数こなしました。

さらにその後、外資系の人事コンサルティング会社に転職し、そこからより大規模な人事コンサルティング会社に移ります。つまり、人事コンサルの仕事に変わりはないものの、国内外や規模を問わず、より場数を踏もうと思ったのです。

そうして経験を積んで得たものを、改めて会社内部で生かそうと思い、再び事業会社に転職し、人事部長として組織や制度の改革に腕を振るうことになりました。その成功体験を経て、今度はベンチャー企業の人事部長に転職しようとしています。

いかがでしょう?たしかに表面的には転職回数が多く、腰の落ち着かない人間だと思われるでしょう。しかし、「人事のプロになりたい」という主体的な気持ちを持って、自ら積極的にキャリアを構築してきたわけです。

そう考えると、転職回数の多さも気にならないどころか、むしろ人生を前向きに戦略的に考えて生きられる人だと、面接官からもプラスに評価されるでしょう。

その点をふまえて面接でも、何となくいたずらに転職を重ねてきたのではなく、あえて意図的に転職をしてきたのだという点をアピールしましょう。

②キャリアの中の共通部分に着目してアピールする

例えば、あなたが1社目で事業会社の経理部に配属されたとします。その後2社目は事業会社の営業、3社目は事業会社の研究開発、4社目は経営コンサルティング会社の財務コンサルタントを経験したとしましょう。

この場合、前述のケースのように戦略的に一貫したキャリアを構築してきたわけではありません。そのため、キャリア構築に向けた主体性をアピールするのは難しいでしょう。

それでも、上記4社の中で、共通部分を見つけることはできます。1社目の経理、2社目の営業での損益管理、3社目の研究開発での予算確保、4社目の財務コンサルティングというように、財務という点では共通しています。

そこで、結果論かもしれませんが、これを意識してきたとアピールすることは可能です。「様々な会社で多様な業務をする中でも、常に財務に関わる仕事をし、資産や損益の管理の経験を積み、そのスキルを高めて来ました」と言えますよね。

このように、過去のキャリアを細かく洗い出して、少しでも共通する部分を見つけ出しましょう。それをアピールできれば、転職回数の多さはあまり気にされず、話に説得力を感じてもらえるでしょう。

③普遍的なビジネススキルを習得したことをアピールする

例えば、あなたがこれまで何度も転職を繰り返してきて、その中で営業、研究開発、人事、カスタマーサポートなどと、異なる仕事を経験してきたとします。

確かに、仕事内容だけを見ればばらばらで、一貫性がないと思われます。キャリアプランのなさから、「この人は一体何をしたいのだろう」と、面接官からも疑問を持たれかねません。

しかし、そこで身に付けたものに注目してみましょう。例えば、営業では、顧客の話をよく聞いて、そのニーズを探り出し、期待に応えることが求められます。そのため、それに必要なコミュニケーション能力を身に付けたはずです。

また、研究開発や人事といった社内で行うのがメインの仕事でも、社員とのコミュニケーションは欠かせません。さらに、カスタマーサポートは営業と同様、顧客との円滑なコミュニケーションが求められます。

このように、どんな仕事でも対人関係をスムーズにするためのコミュニケーション能力は欠かせないのです。

とすれば、複数の仕事をしていても、普遍的に共通するビジネススキルとして、それを身に付けたとアピールできるでしょう。

他にも、事務処理能力やリスクマネジメント能力、会議運営能力、プレゼンテーション能力など、ビジネスに必要な基礎的能力は多々あります。これらはどこに行ってどんな仕事をしても使うことになります。

こうした汎用的なビジネススキルがあることをアピールすれば、転職回数が多く仕事内容が多岐にわたっていても、説得力を持って話せるはずです。

④新しい環境への順応性の高さをアピールする

転職回数が多い場合、どうしてもその「転職回数が多い」という所にばかり目が行きがちになります。特にその中でも、「会社を辞める」という部分が注目されて、マイナスに捉えられる傾向にあります。

しかし、転職するということは、当然ですが「会社を辞める」だけでなく、その後に「新しい会社に入る」ということです。つまり、その分だけ数多くの入社を経験しているわけです。

そうなると、新しい環境に入った場合に、そこで人間関係をすぐに上手く築いていき、仕事を早く覚えて、スムーズに成果に結び付ける方法を自然と身に付けていくものです。

とすれば、今度の転職先に入っても、トラブルを起こさずに上手く新しい職場に馴染んでいける可能性が高いと言えます。それは、転職回数の少ない人にはない強みとなります。

よって、転職の面接でも、そうした順応性の高さをアピールしましょう。そうすれば、面接官も安心して採用できるだけの好材料を得られるはずです。

⑤自分に対する高評価をさり気なくアピールする

転職というと、リストラされたり、職場や仕事に不満があったりして、仕方なくするというマイナスイメージを持たれる場合があります。その回数が多くなると、負の印象はますます強くなるでしょう。

その場合は、そうした後ろ向きの理由をわざわざ自分から言うべきではありません。聞かれた時にだけ、必要最小限の範囲で、嘘のないように答えればいいだけです。

一方、豊富な経験と専門性の高いスキルを兼ね備えていて、社内で高く評価されていたとします。それが社外にまで知れ渡り、ヘッドハンティングやスカウトをされたりして、結果的に転職回数が多くなっただけの場合もあります。

この場合は、転職回数の多さはむしろ、自分に対するニーズの高さの証と言えます。自分は望まなくても引く手あまたで、次々と新しい所で腕を振るってほしいと思われているわけです。

これなら、転職回数が多いことは逆にアピールポイントになるので、自分への高評価を面接官に伝えるとよいでしょう。

ただし、自慢と嫌味にならないよう、さり気なく示す程度にとどめるべきです。また、高い報酬につられて転職を重ねたのではなく、あくまで必要とされる喜びを重視したことを強調しましょう。

⑥仕事内容が変わった場合は、特に丁寧に説明する

例えば、転職回数が多くても、基本的に営業メインで働いてきた場合は、面接官も違和感を持ちません。「この人は一貫して営業をやりたかったのだろう」と、キャリアの統一性を感じてくれるでしょう。

しかし、3社目まで営業をやってきたのに、4社目から研究開発に職種替えしていたら、面接官は気になるでしょう。そこをスルーしたり、説明が足りなかったりしたら、厳しく問いただされる可能性もあります。

そこで、仕事内容が変わった場合のように、面接官が気になりそうな点は、特に丁寧に説明しておく必要があります。

上記の例なら、「営業を通じて顧客のニーズに応える重要性に気づき、そのためには商品の開発段階から携わる必要を感じるようになった」などと説明すれば、なるほどと納得してもらえるはずです。

なお、その研究開発のように、変わった後の仕事が、今回の転職で応募する仕事でもある場合は、特にそうした詳しい説明が大事になります。

⑦今回は志望先で長く勤めたい旨をアピールする

例えば前述のように、自分の実力が高く評価されて、ヘッドハンティングなどで転職を繰り返してきたとします。そうなると、今後もそういう話が来たら、すぐにまた転職すると、面接官に思われるでしょう。

またそうした場合でなくても、元々転職回数が多ければ、何らかの理由ですぐに再び転職していってしまうと懸念されるはずです。そうなると、志望先に採用される確率は低くなってしまいます。

確かに経験やスキルが十分であることは、転職において重要です。しかし、志望先に長く勤め、それを通じて貢献しようとする意欲も極めて大切です。

そこで、今度の転職では、しばらく腰を据えて長く勤めたい旨をしっかりアピールすべきです。また、それが社交辞令に聞こえないように、根拠を持って説明しなければなりません。

そのためにも、「この会社なら、これまでの集大成として、全ての経験とスキルを注げるに違いない」と思える志望先を選んでおき、その本心を素直に伝えることが大切になります。

まとめ

いかがでしたか?これまで、転職回数が多い場合に転職を成功させるポイント7つについて、詳しくご説明してきましたが、何か1つでもお役に立ちましたでしょうか。

転職回数が多くても、最初から戦略的にキャリアを構築しようとしてきたのなら、その主体性をアピールすべきです。仮にそうでなくても、各会社や仕事の中で、少しでも共通する部分を見つけて、一貫性を訴えましょう。

また、どんな職場や仕事でも、普遍的に求められるビジネススキルがあるので、それが身についている旨も伝えましょう。さらに、転職回数が多い分、新しい環境への順応性が高いことも、よいアピールポイントになるはずです。

なお、自分が高く評価されてスカウトなどをされ、結果的に転職回数が多くなったなら、それはむしろ好材料なので、嫌味にならない程度にアピールすべきです。

また、数多い転職の中で、仕事内容が変わった場合は、面接官も気になるので、特に丁寧に説明しましょう。さらに、今回は腰を据えて長く勤めたいという意欲を訴えれば、好印象を持ってもらえるでしょう。

転職回数が多いことは、デメリットだけでなくメリットにもなります。何事も考え方次第だと思い、自分にとってプラスになるようにアピールしてくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、今の仕事を辞める前に転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る