転職する理想のタイミング7つ

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s

転職活動をする上では、どのタイミングで転職するかが極めて重要になります。

確かに、自分が転職したいと思った時が、最も望ましいタイミングと言えるでしょう。ただ、転職は自分の都合だけでうまく行くものではありません。

例えば、年齢や勤続年数によって、転職のしやすさが変わってくることがあります。また、1年の中でも求人募集の多い時期と少ない時期があり、その点も考慮しなければなりません。

さらに、在職中に転職活動するのであれば、「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、出来る限り職場の人たちに迷惑のかからない時期を選ぶのが望ましいでしょう。

他にも在職中の場合は、ボーナスや退職金、退職後の失業手当など、経済的な面も考えて、出来る限り生活の足しになるように、辞める時期を選んだ方がよいでしょう。

このように、様々な事情を総合的に考えながら、最も理想的なタイミングで転職する必要があります。そこで今回は、転職する理想のタイミング7つについて、詳しくご説明していきます。

①キャリア3年程度の20代前半の時期

転職する理想のタイミングとして、まずはキャリア3年程度の20代前半、いわゆる第二新卒の時期があります。

この時期は、社会人になって一通り仕事を覚え、ビジネスのマナーやスキルの基礎は身についている頃です。つまり、仕事について最低限の知識が備わっており、上司や顧客とも特に問題なくやり取りできるレベルにはなっているということです。

また、20台前半なので気力も体力も十分あり、心身ともにきつい仕事でも、多少無理してでも乗り切れるでしょう。さらに、まだ若いので学ぶ意欲や将来の可能性もあるはずです。

ただその一方で、まだ3年程度のキャリアしかないのも事実です。そのため、高度な専門性も身についておらず、マネジメントの経験やスキルもないでしょう。つまり、一人前のプロと呼ぶにはまだ早い時期です。

以上をふまえて、採用側から考えると、基礎は出来ているので一から教える必要はない一方で、将来の可能性も期待でき、しかもプロではないので高い人件費をかけて採用するリスクもない、ということになります。

そう考えると、キャリア3年程度の20台前半というのは、転職する理想のタイミングの1つと言えます。

もちろん、安易な転職は禁物ですし、自分に今後の成長意欲とビジョンが求められますが、それがあるのならこの時期に転職を考えるのは1つの手でしょう。

②キャリア5年程度の20代後半の時期

転職する理想のタイミングとしては、キャリア5年程度の20代後半の時期も検討の余地があります。

この時期は、仕事を一通り覚えたうえで、何か1つ専門分野にも取り組み始め、得意なものが出来つつある頃です。自分から積極的に考えて、上司や顧客を動かしていけるようになり、仕事が面白く思えるようになる時期でしょう。

また、後輩も増えてきて、そのアドバイスや指導を任される機会も増えて来ます。そこで経験を積んでいくことで、将来課長クラスの管理職になり、マネジメントを行っていく訓練も出来るでしょう。

さらに、まだ20代なので、引き続き気力や体力はあるはずです。

しかも20代前半の頃より様々な経験を積んでいて、より効率的かつ効果的に仕事をこなせるようになっているので、気力や体力にも余裕が出て来ているでしょう。

このような人材は、転職しても、現場の第一線で活躍しつつ、将来管理職として若手を引っ張っていけるはずです。特に成長中のベンチャー企業や、将来の幹部候補を探している企業にとっては、ぜひ欲しい存在と言えるでしょう。

そのため、キャリア5年程度の20代後半の時期も、転職する理想のタイミングの1つになりえます。

もちろん、この時期に転職しようと思ったら、若手の内から高い意識を持って、専門性の向上に取り組み、人に作業を任せながら進めていく訓練をしていかなければなりません。

③キャリア10~15年程度の30代

転職する理想のタイミングの1つとして、キャリア10~15年程度の30代も考える価値があります。

この時期は、すでに自分自身が何らかの分野で専門性を持っているはずです。例えば、営業ならば、自社や他社の商品について知り尽くし、顧客への提案や交渉、社内の根回しも十分出来、新規契約まで取れるレベルにもなっているでしょう。

一方で、係長や課長、場合によっては部長などと、管理職に就いてる人が多いでしょう。部下を叱咤激励しながら育てていき、その部下を率いて部門の目標を達成していくことで、マネジメントの経験やスキルが身についているはずです。

すなわち、ある特定分野のプロでありながら、現場を取り仕切る能力も身に付けているわけです。

このような優秀な人材は、どこに行っても通用する可能性が高くなります。特に現場が機能していない企業や、若手を育てなければならない企業にとっては、ぜひ獲得して活躍してもらいたいはずです。

そのため、キャリア10~15年程度の30代というのは、転職する理想のタイミングの1つとなるのです。

ただ、この時期には結婚して子供もいる可能性が十分あり、自分の独断で転職を決めることは難しくなります。そのため、家族とよく相談し、事前に了解を得ておくことが大切になります。

④1つの会社で2~3年以上の勤続年数

 

転職する理想のタイミングを考えるうえでは、1つの会社で少なくとも2~3年は勤続年数があることが望ましいと言えます。

1つの会社に勤めると、その会社のやり方を理解して慣れるまでに、ある程度時間がかかります。特に、業界や職種が変わる場合には、慣れるまでの時間がさらにかかるでしょう。

また、慣れたうえで一定の成果を上げるまでにも、それ相応の時間を要します。社内の人間関係を築き、顧客ともしっかりコミュニケーションを取れるようになって、初めて結果がついて来るようになるわけです。

これらの点を考慮すれば、1つの会社で少なくとも2~3年は、腰を落ち着けて仕事に取り組むのが望ましいと言えるでしょう。

それなのに、半年や1年程度でころころと転職を重ねていては、転職先の面接官はどう思うでしょうか。「この人は堪え性がないのではないか」「採用コストをかけた割には成果を出せないまま辞められるだろう」と不安になるはずです。

面接官にこのように思わせてしまっては、転職はおぼつかなくなってしまいます。だからこそ、1つの会社で勤め始めたら、しばらく落ち着いて一定期間仕事に専念するようにしましょう。

長時間労働でうつ状態になったり、セクハラやパワハラで苦しんだりなど、特別な事情があれば、短期間で辞めざるをえないかもしれません。ただ、そうした事情がない限りは、1社で腰を据えて仕事をすることが望ましいでしょう。

⑤3~4月と9~10月の年度切り替え時期

転職する理想のタイミングとしては、3~4月と9~10月の年度切り替え時期があります。

年度切り替えは節目の時期なので、企業側で定年や自己都合で退職者が出る可能性が高くなります。また、新しい事業を始める可能性も高い時期なので、それに必要な人材が欲しくなる時期でもあるのです。

このような事情から求人募集も増えるので、応募できる企業も数多くなり、転職できる可能性が高くなります。

ちなみに、これ以外の時期はお盆、年末や正月、ゴールデンウィークなどで、休むことが多くなります。また、ボーナス支給時期も、それをもらうために転職は控える可能性が高いでしょう。

そうすると、応募者が少ない時期にわざわざ募集をかける企業も少なくなります。その結果、求人募集も少なくなり、転職できる可能性も低くならざるを得ません。

その裏返しとして、年度切り替え時期には応募者も多くなり、その分求人募集も増えるので、転職可能性がアップしていくわけです。

以上の理由から、3~4月、9~10月を一つの目安として転職活動をしてみましょう。もちろん、この時期はライバルも増えるので、十分な対策が必要です。また、この時期に転職できるように、少し早めに準備にかかることも大切です。

⑥業務の閑散期

転職する理想のタイミングについては、上記のような自分の都合や市場の動向ばかりを考えていてはいけません。在職中の場合は、勤務先の会社への配慮も必要です。

その意味で、出来る限り業務の閑散期に退職し、転職するようにしましょう。

各業界ごとに、業務が集中して忙しい時期が違うでしょう。また、仕事内容によっても、多忙な時期は異なる可能性があります。さらに、同じ会社でも個別の部署ごとに忙しいかどうかは違ってくるでしょう。

いずれにしても、その多忙な時期は少しでも人手が欲しいですし、特に戦力として考えている人材には最大限力を発揮してほしいのです。

それなのに、わざわざその時期を狙って退職すると、会社としては人手の確保や業務の調整で大変です。

確かに、ルールに則って辞めさえすれば、会社の都合など気にしなくていいという考え方もあります。しかし、ルール以前のモラルとして、会社の都合を一切無視していいのかという問題があります。

また、ビジネスの世界はどこで誰とどうつながっているかわかりません。転職先で前の会社と何らかの形で関わる可能性もあります。

その際、辞め際が悪かったら、相手は自分に不信感を持っているはずなので、取引に悪影響が出かねません。

このようなことを考えて、可能な限り業務の繁忙期に退職するのは避けて、閑散期を狙って退職するようにすべきです。

⑦退職後の生活面も考慮する

在職中に転職する場合は、当面の生活費のことも考えておかなければなりません。

例えば、大抵の会社ではボーナスが支給されるでしょう。ただしその際、一定期間在職しているなど、何らかの支給条件が課されているはずです。とすれば、その条件を満たし、ボーナスをもらえるようになってから辞めるのが賢明です。

また、退職金を支給してくれる会社も多いでしょう。ただこれも、在籍年数などの支給条件を満たさなければならない場合がほとんどです。そのため、事前に条件を確認しておき、それを満たした後で辞める方がよいでしょう。

さらに、退職後しばらく無職の状態が続くなら、一定要件を満たせば一定額の失業手当がもらえます。自己都合か会社都合か、勤続年数が何年かなどで受給額が異なってくるので、その点も考慮した方がよいでしょう。

失業中は収入が途絶えるのに対し、転職活動にかかる費用や生活費などで、出費はかさむ一方です。生活が苦しくなると精神的に不安になり、どこでもいいからと焦って転職先を決め、後で悔やむことになりかねません。

それを少しでも避けるために、受給できるお金は少しでも受給しておき、安心して転職活動に取り組めるようにすべきです。

つまり、転職する理想のタイミングを考えるうえでは、当面の生活費の足しにするといった現実的な側面も頭に入れておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

ここまで、転職する理想のタイミング7つについて詳しくご説明していきましたが、少しでもお役に立ちましたでしょうか。

転職する際には、まず年齢を考慮する必要があります。ポテンシャルを見てもらえる20代前半、プレーヤーとして独り立ちした20代後半、マネジメントも出来る30代などが、転職する理想のタイミングの例と言えるでしょう。

また勤続年数にも注意しなければなりません。

1つの会社で少なくとも2~3年は勤務していないと、堪え性がなくて、「当社に来てもすぐ辞めるのでは?」と不安に思われてしまいます。

さらに、3~4月や9~10月の年度の切り替え時期になると、ライバルは増えるものの求人募集も多くなるので、転職できる可能性が高くなるでしょう。ただし、業務の繁忙期を避ける方が、在職中の場合会社に迷惑がかかりません。

あとは、ボーナスや退職金、失業手当などの受給要件に注意して、退職後の生活費に少しでも足しになることを考えて辞めるのも、賢明な考え方です。焦らずじっくり転職活動に取り組めるように、経済的余裕を持ちましょう。

このような点を総合的に考えながら、転職する理想のタイミングを見極めることが大切です。自分と在職中の会社、転職先のすべてにとってベストと言える時期に転職できるようにしたいものですね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る