転職理由の回答ポイント5つ

7c886f1693dd084b876d29dc17896220_s

転職活動での面接というのは最大のポイントとなるのはあなたも知っているはずです。そして、その面接でかなり高い確率で質問を受けるのが「転職理由」という事も知られていることだと言えます。

転職面接の時に転職理由というのは非常に大きなポイントとなると考えられています。実際のところ、転職理由は転職においてどのくらい重要なことなのでしょうか?

確かに、受け入れる側としては入社を希望する人がどのような理由で自分たちを選択してきたのか、あるいは自分たちに何を求めて転職を希望しているのかという事は気になる点と言えます。

しかし、転職という活動シーンにおいて、そこに至る前には前職を退職したというもう1つの大きな事実が存在します。転職理由というのはこの退職と切り離して考えることはできません。

それでは、人が退職する時というのはどのような理由が考えられるのでしょうか?

それは必ずしも前向きな理由ばかりでないということを受け入れる側は知っているということを理解しましょう。

つまり、どれだけ転職理由を綺麗に前向きなものに飾り立てたとしても、その前に起こっている退職という事実の退職理由によっては意味を持たなくなってしまうということになるのです。

退職理由を聞かれると飾りながらも本音の理由を述べる人というのは意外にも多いものです。そしてその理由の中には少なからずの不満や前職の会社批判などが含まれている場合が多いと言えます。

そこに前向きな転職理由をペアリングしても矛盾が生じてしまうということになります。重要なのは転職というのは退職から始まっているということをしっかりと理解することなのです。

転職の理由というのは、真実の伝え方と退職理由との繋がりの信憑性によって大きくその効果を変えるものです。転職理由の回答のポイントを整理してみました。

①転職理由の伝え方

転職面接での転職理由、つまりは志望動機についての質問というのは回答するのにとても神経を使うものです。それはその回答によって転職の成功の道が開けるかどうかと考える人が多いためです。

転職活動をしている人たちというのはそれぞれが、それぞれに理由を持っているものです。転職希望者が常に持っている転職理由というのが本来の志望動機となるということになります。

しかし、多くの人は転職理由という質問に対しての回答の仕方ということに頭を悩ませているというのが現実です。

これは真実のままではマイナスになる可能性があるからだと言えます。

志望動機というのは受け入れる側にとって前向きだと受け取れるような回答をする必要があると考えている人が多いからだと言えます。

しかし、多くの場合は転職理由はマイナス面から生まれます。

これはどういうことかというと、多くの場合において前職の退職というのは前職の会社に対しての不満や批判から始まっているためだと言えます。それではなかなか正直に全ては話せないという事になります。

しかし、転職先の企業についても退職者というのは発生するものです。

定年退職や寿退社と言った一部の人たちを除いて退職者の多くは何かしらの不満や疑念を持って退職の意向を固めるものです。

その事は、企業側にとっては共通の認識として持たれているものと考えるべきです。つまり転職を決めるきっかけとなる前職の退職というのは会社に対するマイナスイメージを持ったということなのです。

転職理由をどれだけ前向きに整理しまとめたとしても、この退職の理由というのはオブラートに包みながら相手に対して伝えなくてはならないという場合が多くなるという想定が必要です。

大切なことは転職理由と退職理由がセットになるということを理解した上で、あなた自身の転職理由を相手に伝えなくてはならないという事です。

②転職理由の注意点

多くの転職者というのは転職理由を考えるときマイナスな要素というのは避けようという傾向が強くなります。これはマイナスな要素というのは相手に対して悪いイメージを与えてしまうという考えからです。

これは当然のことで、受ける側の企業もその事は当然想定しているものです。

マイナス要素というのは前面に全てを正直に出す必要はないものですが全く出さないというのは逆に疑念が生じます。

転職というのは、前職を退職することによって生じる行動なので多くの場合はその退職の理由という点にもスポットを当てられる場合というのが少なくはないケースということになります。

あなた自身のことや、あなたの周りで退職を経験したという人達の事を考えてみてください。退職する時というのはその時の会社や仕事内容に何かしらの疑問や不満を持っているものではないでしょうか。

会社や仕事内容に対する不満というのは会社側にとっては決して良いものではありません。退職の理由というのは自分自身の考えだけを発言するというのはマイナスになる場合も出てきてしまいます。

このような事から多くの人が転職理由を考えるときに退職理由というのは触れずに済まそうという傾向があります。

1つの考え方、転職理由のまとめ方としては間違いではないと言えます。

しかし、受ける企業側の立場に立って考えると、会社に対して何を求めるのかというのが転職理由であるのに対して、こんな会社は嫌だというのが退職理由という考え方になります。

企業側にとっては転職してくる人については、このどちらも情報として持ちたいと考えることが多いと言えます。マイナスなイメージとなる退職理由をさけて転職理由を推すというのにはバランスが大切です。

そして頭に置いておく必要があるのは転職者というだけで退職という要素はセットになっているという現実です。

つまりは転職という時点で退職というマイナスイメージは隠せない事実として存在するという事です。

転職理由を考えるときには、退職理由を踏まえたうえでの内容を整理しておくということが、相手に対しての隠し事をしていないというイメージを出せるという点ではマイナス部分を抑えられると考えられます。

③転職理由は正直に

転職理由を伝えるときに、相手に悪く思われないようにという意識が強く働きすぎて、真実とは異なった理由になってしまうというケースは少なくありません。

これは意識的に行われるケースも存在しています。

無意識に転職の成功のために転職理由が本来の理由とは変わってしまうという人がいる一方で、意識的にもっともらしくマイナスイメージを持たれないようにとあえて理由を作り出す人もいるということです。

確かに理由によっては転職にとって不利となるようなケースがあるという事は間違いのない事実です。そして転職しようとしている人の多くはそのような不利になるような状況は避けたいと考えます。

しかし、本来とは異なった転職理由や作られた理由というのはあなた自身にとってプラスになるということはないという事を知っておく必要があります。

一時的にはマイナスにならないというプラス面はあります。

それは一時的なものであってあなた自身にとっても受け入れる企業側にとっても本当の意味でのプラス面というのはないと考えるべきです。

初めから騙し合いのようなスタートになってしまう事になるからです。

たとえマイナスになる面があるにしても大切なことは本当のあなた自身が転職をしようと考えた理由、あなた自身が転職先に求める本当の要素を伝えるということであるということを忘れては行けません。

転職理由には一見すると不利になると感じられるようなことや、言わない方が良いと思われるようなことというのがあるように見えます。

事実、そのようなケースもないとは言い切れないのも事実です。

それでも、本来の理由や目的を隠すようにして、事実とは異なることを相手に伝えることで転職を成功させるという事は正しいとは言えません。

表現の方法は考えるべきですが、伝えるのは事実であるべきです。

たとえどのような理由であったとしても、正直に相手に伝える方が受ける側からすれば曖昧さや違和感を感じることなく聞くことができるという事もあります。

変な疑念を持たれることもなくなるということです。

普段のあなた自身の考えと違うことで理由を作り上げたとしても上手く相手に伝えることができるとは限りません。質問や追求に答えられなくて逆効果になるというケースも多く見られるケースと言えます。

転職理由に嘘があると思われてはそれが何よりもマイナスとなってしまい、転職の成功には程遠くなってしまいます。そうならないために転職理由は正直に伝えることが大事になります。

④転職理由にしてはならないもの

転職をするうえで、次の就職先に求めることというのは人によってそれぞれ異なるのが当然です。

本来であれば、その求めることというのは転職理由の1つとなるべき要素だということが出来ます。

しかし、そのまま転職理由としてしまうと受け入れ側の企業にとってはあまり心象が良くないというケースも発生します。そのような点については、あえて転職理由に含めるのを避けるべきです。

例えば、あなたが自分自身の時間の確保を目的に転職を考えようとする場合などは、伝え方によってはこのケースにあたると考えることが出来ます。

受け入れ側にはあなたのこれまでの状況が見えないからです。

会社に属して仕事をしていく場合、どんな会社であってもイレギュラーの発生、残業の発生というのはありえることです。プライベート時間の確保を前面に押し出すとそれらを嫌う傾向と受け取られる事があります。

また、会社の評価制度に対しての不満が原因で転職を考えている場合というのも注意が必要になります。会社の評価制度というのはそれぞれの会社がそれまでの歴史も踏まえて持っているものです。

たとえそれが現代にそぐわないと感じる場合であっても、その制度そのものを否定してしまうような伝え方になってしまうとプラスに働くということはありません。マイナス面の方が大きいと言えます。

転職理由と退職の原因となった要素というのは関連が大きいものです。

ただし、そのどちらについても所属していた会社やこれから転職しようとしている先を否定してしまうような内容は避けるべきです。

不満や疑問を持ったという項目については特に会社批判となるような発言をしやすくなってしまいます。

しかし、それはあくまでも個人的な感情や思いとの間にギャップがあったというだけのことです。

つまり、あなた自身の考え方や思いとズレが生じていることが、「おかしい」とか「間違っている」ということにはならないということです。

この部分をしっかりと理解しておく事が重要になってきます。

⑤転職理由の採否への影響

転職する側にとって転職理由というのはとても頭を悩ませる、重要度の高い項目だと言えます。

その一方で受け入れる企業側にとって転職理由というのはどのような位置づけなのでしょうか?

まず、頭に置いておくべきことは、転職者であっても新卒者であっても企業にとっては新人からスタートするということに変わりはないという事です。

就職活動は複数の企業を同時進行で進めるものです。

これは、世の中の多くの人が経験し、誰しもが知っていることだと言えます。

「この会社でなくては」という覚悟をもった就職活動をするというのはごく稀なケースだといのうのが現実です。

この事を踏まえると受け入れる企業側にとっては複数の転職候補の1つであるという認識を持って採用活動を行っていると考える方が妥当です。受け入れる側には転職理由とはそのような位置づけです。

こう考えると、転職理由というのは採否に直接的に影響するケースというのは多くないと考えることができます。

しかし、ここで重要なことは「転職理由」なしには転職活動はできないということです。

理由そのものの直接的な影響は大きくないと言っても、転職理由すらまともに回答できない人を受け入れる企業というのはないと考えるべきです。転職理由は必須項目であるのは間違いありません。

内容に関わらず、転職理由というのは転職の面接の舞台に立つためのパスの位置づけという事が出来ます。それがなくては入れませんが、入ったからといって結果には影響しないという事です。

転職理由というのは転職する人にとっては避けて通れない項目であることは事実ですが、そのもの自体が採否に影響するケースは限られてくるという事になります。

その位置づけは理解しておく必要があります。

それを理解した上で、転職理由というのはあなた自身の思いを伝える為に正直な理由を伝え方を間違えない表現で考えることが重要だと言えます。

まとめ

多くの転職を考えている人にとって時間をかけ、頭を悩ませるのが転職理由を考えるという点だと言えます。

この転職理由というのは確かにとても重要な項目の1つである事は確かな事実です。

しかし、多くの場合に時間のかかる、悩む原因となっているのは転職理由を嘘や相手にうけの良い内容に変更しようとしているからです。転職理由の基本は正直であるべきです。

確かに正直に話そうと考えると言わなくて良いことというのも含まれている場合も少なくありません。この時には「批判しない」という点に注意することで切り抜けられることが多いと言えます。

重要なことは、転職理由は採用してもらうための内容を考えるということではないという点です。多くの人が誤解しているのがこの点です。転職理由で採用を勝ち取ろうと考えてしまいます。

転職理由は入口を通過するためのパスや切符と考えて活動するというのが、成功の秘訣です。そして転職理由は、内容と同じくらい伝え方が大切ということです。

本来の考えや意図が相手に伝わらなくては転職活動は上手くいかないという事になります。内容を考えることで満足してしまって伝え方を間違えないように注意することが重要になってきます。

転職というのは少なからずの覚悟を伴って行う行動になります。それだけに考え方、伝え方をしっかりと検証しましょう。

そして、その役割というものを認識して動くことを大切にしていきましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る