転職の履歴書の書き方のポイント7つ

8f2f2a30e0bdf307919753bbdb44f0ba_s

あなたが転職を考えているとしたら、書類選考は大抵避けては通れません。

数ある会社の中から、ここだと思う志望先を見つけたら、まず履歴書や職務経歴書、自己PRなどの必要書類を送付することになります。

その中でも、特に履歴書は、あなたがどのような人物かを端的に表す、極めて重要な書類です。採用担当者としても、まずは履歴書に目を通し、そこからあなたの人となりを推測します。

適切な用紙を使用しているか、必要事項がきちんと書かれているか、書き方が丁寧かなど、チェックポイントはさまざまあります。それらを総合的に判断して、職務経歴書などとも合わせて、書類通過させてよいかを見極めるのです。

だからこそ、履歴書の作成は慎重を期して万全に行わなければなりません。どんなにコミュニケーション能力が高くて、面接でうまく行く自信があったとしても、その前段階をクリアできなければ意味がないのです。

そこで今回は、転職の履歴書の書き方7つをご説明しましょう。

基本事項から始まって、学歴や職歴、免許や資格、趣味や特技、志望動機や自己PRなど、書くべきことはたくさんあります。そして、それらには欠かせないポイント、こうした方がよいというコツがあるのです。

それらをひとつずつご紹介していきますので、ぜひご参考にしてくださいね。

①書き始める前に

転職の履歴書の書き方のポイントをお伝えする前に、まずは「書き始める前の注意事項」をご説明しましょう。

まず意識の問題です。冒頭でもお話したように、履歴書はあなたがどういう人かを伝えるものであり、採用担当者との最初の接点になるものです。

つまり、第一印象を与えるものとして、極めて重要な位置づけにあります。

そこで、自分が直接話す代わりに、この履歴書に話してもらうのだ、これでプレゼンを行うのだという気持ちで、内容と形式ともに万全を尽くしましょう。

次にフォーマットの問題です。まず、手書きにすべきか、パソコンなどでもよいか、志望先の指定があればそれに従います。指定がなければ、自分に合う方にすればよいでしょう。

手書きの場合は、字にも人間性や意欲が表れますので、丁寧に書きましょう。また、市販のものでよいですが、ものにより書く欄が異なる場合があります。趣味・特技欄がない、志望動機欄が大きいなどさまざまです。

アピールしやすいものを選びましょう。

そして書き方の問題です。手書きの場合は、黒のペンやボールペンを使用します。鉛筆やシャーペンなど、消しゴムで消せるものではいけません。

また、書き損じた場合、修正液や修正テープの使用も不可です。面倒ですが、新たな用紙で書き直しましょう。

また、そのように書き直さなくて済むように、予めサンプルとして下書きを作っておくとよいでしょう。そのうえで、それを参照しながら正式な履歴書を作成すると、失敗する可能性は低くなりますよ。

なお、誤字・脱字、略字がないように注意しましょう。こういう細かい所にまで気が回るかで、仕事を正確にミスなくしようとする人かが判断されます。

とにかく、履歴書はあなたの分身であり、あなたに代わって採用担当者にプレゼンしてくれる存在です。内容・形式ともに正確さを重視しながら作成しましょう。

②基本事項

ここから転職の履歴書の書き方のポイントに入っていきます。まずは、氏名や住所などの「基本事項」についてです。

提出年月日は、西暦でも元号でもどちらでも構いませんが、いずれかに統一しましょう。またその日付は、作成日ではなく、提出日やその前日を記載するようにしましょう。

写真は、大体3カ月以内に撮影したものを使います。できれば、写真スタジオなどでプロに撮ってもらうほうが、綺麗な仕上がりになります。また、写真の裏には名前を消えないように書いておきましょう。

なお、写真が与える第一印象は大きいものがあります。髪型、スーツ、ワイシャツ、ネクタイをきちんと整った状態で写るようにしましょう。

表情は、緊張し過ぎず、くだけ過ぎず、自然体が好ましいです。

氏名は「ふりがな」とあれば平仮名で、「フリガナ」なら片仮名で書きましょう。また年齢は、満○歳とあれば、記入時点での満年齢を記載します。

住所は、都道府県名からマンションなどの名前まで漏らさず書きましょう。電話番号は、固定電話と携帯電話の双方を記載しましょう。通常、携帯電話の方が連絡がつきやすいでしょうから、特にそれは忘れず書いてください。

メールアドレスは、添付ファイルなどの送受信をする可能性もあるので、パソコン用のものを記しておくとよいでしょう。なお、在職中に転職活動する場合は、会社で使うメールアドレスは避けましょう。

こうした基本事項は、内容で迷うことは特にありませんね。ただ、だからこそ、正確にきちんと書きましょう。

③学歴・職歴

次に「学歴・職歴」を見ていきましょう。

学歴

まず学歴について、一行目の中央に「学歴」と書き、その次の行から実際の学歴を書き始めます。転職の場合は、高校卒業から大学卒業まで書けば十分です。ただし、入学年次と卒業年次の双方をきちんと書きましょう。

また、志望先の仕事に関連してアピールできそうな学習内容は、書いてもよいでしょう。例えば、コンプライアンスなどの法務の職種を希望する場合、大学で民法や会社法などを専攻していれば、アピール材料になります。

なお、2浪や留年なら、逐一記載しなくても構いません。

ただ、長期間の休学や中退がある場合は、面接でも聞かれます。そこで、予め簡単に理由を述べておいてもよいでしょう。

職歴

次に職歴について、学歴が終わった後の次の行の中央に「職歴」と書き、その次の行から実際の職歴を書いていきます。原則として、期間の長短に関係なく、働いた会社はすべて記入します。

転職回数が多いと、「またすぐに辞めるのでは?」と思われる恐れはあります。

しかし、途中の経歴を省くと、後で解雇原因になりかねません。事実通りに書いたうえで、志望動機や自己PRで、これまでの転職の経緯をうまく説明するようにしましょう。

また、会社名を書くだけでなく、配属部署や仕事内容、役職なども、簡単に示しておくとよいでしょう。そうすると、これまでどういうキャリアを積んできたかを、採用担当者にイメージしてもらいやすくなります。

ちなみに、転職活動や病気療養などで無職の期間があった場合、たしかに面接では聞かれる可能性があります。ただ履歴書の段階では、それについては特に書かなくてもよいでしょう。

なお、過去の会社の退職理由は、基本的に「一身上の都合により退職」で構いません。

ただ、会社の業績悪化で退職を余儀なくされた場合などは「会社都合により退職」と書いておきましょう。

このように、学歴と職歴は、必要な事実を正確に書くようにしてくださいね。

④免許・資格

次に「免許・資格」を見ていきます。

まず、免許や資格は、志望先の業務内容に深く関わるものに絞って書きましょう。数多く持っていて、それをすべて書くと、向上心があって勉強熱心だと思われていい、と考えるかもしれません。

しかし、志望先からしてみると、あくまでも「うちに来てもらって、業績向上に貢献してもらえるか」を知りたいのです。

それなのに、仕事に関係ない免許や資格まで書いてしまうと、志望先には「それがうちとどう関係があるのか」と思われて、アピールが弱くなってしまいます。また、優先順位が付けられない人だと、マイナスの印象を持たれかねません。

そこで、志望先の業務内容に深く関わり、入社後に生かせるもののみ示しましょう。例えば、経理・財務職を志望するなら、日商簿記検定で合格した級はぜひ書くべきですが、普通自動車の運転免許は書く必要はありません。

また、そのように志望先に深く関わるかがポイントなので、まだ取得できていない免許や資格でも、取得に向けて勉強中であれば、書くことをおすすめします。

先程の例で言えば、公認会計士や税理士の試験合格に向けて勉強中なら、その旨記載しておきます。税理士試験で合格科目があれば、それだけでも書いておきましょう。

ただ、その点は面接で突っ込まれる可能性は十分あります。そのため、すでに受験予備校に通っていたり、長期間勉強していたりするもののほうが、自信を持って答えやすくなります。よって、そうしたものを書くほうが無難ですね。

いずれにせよ、免許や資格は何でも書けばいいというものではありません。「志望先の役に立ち、アピールポイントとなるか」を軸にして選び、必要なもののみ示しましょう。

⑤趣味・特技

次に「趣味・特技」についても見ておきます。

志望先からすると、学歴・職歴、免許・資格を通じて、あなたの経験やスキルをまず見ようとします。しかし、一緒に働く人がどういう人なのか、その人柄も知りたいわけです。そのため、自分の人柄をアピールするチャンスでもあります。

また面接でも、履歴書の趣味・特技欄を見ながら、会話が弾む可能性があります。そこで、趣味や特技についても空欄にせずに、出来る限り埋めておきましょう。

ただこれも、免許や資格と同じく、何でも書いていいわけではありません。出来る限り、志望先での仕事に関わるものを示しましょう。

例えば、外回りの営業を志望していて、アウトドアのスポーツが好きで得意なら、よいアピールになります。あるいは、地道な事務処理の仕事を志望していて、読書が趣味であれば、コツコツする仕事に向いているとアピールできます。

また、趣味や特技を書く場合には、ただ好きだなどと書くよりも、エピソードや数字を入れると説得力が出ます。例えば「読書が好き」と言うだけでなく、「年間100冊以上読む」「ネットで書評まで書いている」などと示すとよいでしょう。

なお、趣味や特技で、ギャンブル系のものが仮にあったとしても、書くのは控えるべきです。「ギャンブルに依存して、借金を抱え込んだり、仕事に支障が出たりするのではないか」と疑念を持たれないように注意しましょう。

このように、趣味や特技も、やはり志望先の立場に立って、ふさわしいものを選んで書いてくださいね。

⑥志望動機

次に志望動機」も見ていきましょう。

まず前提として、志望先についてよく調べておきます。どのような事業内容で、今後どういう事業展開を考えているのか、を把握します。それをふまえて、どんな職種と役職の人材を求めているのかを理解します。

次に、自分のこれまでの経験を整理し、そこで得てきた知識やスキルをまとめましょう。中でも、志望先の事業内容や求める人材像に深く関わる部分は、詳しくまとめておいてください。

そのうえで、上記の2つを関連付けます。

「志望先はこういう事業を行っていて、こんな人材を求めている。その点、自分はこういう経験でこうした知識やスキルを得てきた。だから、それを生かし志望先にこう貢献できる」という感じです。

志望先と自分とがしっかりマッチしていることを、いかに自然にアピールできるかがポイントになります。

このように、あくまでも志望先の事業内容と人材像を重視して、志望動機を述べることが大切です。裏を返せば、そうではないことをいくら述べても、説得力がないのです。

例えば、「御社の社風に引かれた」といった、どこにでも通用しそうな漠然とした動機では、説得力がありません。あるいは、「給料が高そうだ」などの条件を真先に挙げても、よい印象は持たれません。

また「人材紹介会社から紹介してもらった」などというだけでは、消極的な姿勢で意欲が感じられません。さらに、転職市場では大体経験が求められるので、「未経験だが成長したい」ではアピールになりません。

とにかく、志望先の立場に立って、いかに相手のことを理解していて、その役に立てるのかを重視しながら、志望動機を述べてくださいね。

⑦自己PR

最後に「自己PR」もチェックしておきましょう。

自己PRは、履歴書とは別に、ひとつの書類として作成する場合があります。その場合は、そこで詳しくアピールすることができます。ただそれでも、履歴書の段階でも、簡単で良いので述べておくとよいでしょう。

また、そうした自己PRの書類を求められないケースでは、なおのこと履歴書の中でアピールしておかなければなりません。

自己PRのポイントは、志望先への貢献と前向きな意欲を示すことです。

まず、学歴・職歴と免許・資格で、経験やスキルは客観的に示してはあります。しかし、それだけでは事実を示したにすぎず、説明やアピールとしては不十分です。そこで、それらを志望先での仕事にいかに生かしたいかを、文章で述べましょう。

例えば、「法人営業10年の経験と、そこで培ったコミュニケーションやプレゼンテーションのスキルを生かして、御社の顧客基盤強化と売上向上にぜひ貢献したいです」といった感じです。

その際、過去の実績を示す具体的なエピソードも盛り込めると、より説得力が強まります。例えば、上記の営業のケースで言えば、「新規開拓の実績では、毎年社内でもトップ3に常に入っていました」などと、数字を示しつつ述べるとよいです。

このように、志望先に対し「うちに来てくれたら、大きな戦力になってくれそうだ」といかに思ってもらうかを重視しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

これまで、転職の履歴書の書き方のポイント7つを、それぞれ詳しくご説明してきましたが、何か1つでもご参考になりましたでしょうか。

ここで簡単に、改めて振り返っておきます。

そもそも履歴書は、志望先に対するプレゼンの1つだと思って、正確さを意識し、熱意が伝わるように作成しましょう。特に、基本事項や学歴・職歴では、正確さが重視されます。

また、免許・資格、趣味・特技は、すべて書く必要はありません。志望先の仕事に関わり、自分をアピールできるものに絞って示しましょう。

さらに、志望動機と自己PRは、説得力と熱意が伝わるかがポイントです。過去の経験やスキルが志望先での仕事にいかに合っているか、経験やスキルを生かして志望先にいかに貢献したいかを、しっかり訴えましょう。

志望先としては山ほど履歴書を見なければならないので、いい加減で意欲の感じられない履歴書は素通りされてしまいます。上記のポイントを参考にして、「この人に会ってみたい!」と思われる履歴書を、ぜひ作成してくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る