転職の履歴書の志望動機の書き方のポイント3つ

83837d1775b5e8102dad3c7f0ea3a0f8_s

いざ転職をしようと思っても、様々な悩みが出てくるものですよね。

そのうちの1つが履歴書に関する悩みです。

更にその中でも、志望動機に関しては、書き方1つで与える印象も変わるので、書き方にとても悩みますよね。

そこで、転職の履歴書の志望動機の書き方について、今からアドバイスさせて頂きます。

①前向きな志望動機にすること

転職者の場合、企業側は転職理由を知りたいものです。そして、その理由が前向きであることで好印象を与えることができます。

そこで、志望動機は前向きな理由にすることが大切です。

例えば、「前の職場で人間関係がうまくいかなかったので、人間関係が良い職場で働きたいと思い、志望しました。」といった志望動機ではよくありません。

これでは、転職理由が後ろ向きですし、企業に対する尊敬の念なども全く伝わってきません。

ですから、

「私は前の職場で○○という仕事をしてきました。この仕事をしていた中で、○○という仕事に興味を持つようになり、そちらの道に進みたいと考えました。そして転職先を探していたところ、御社を知り、私がやりたいと思っている○○という仕事に取り組むことができることがわかり、志望させて頂きました。」

というような書き方をしましょう。

そうすることで、前向きな理由の転職理由になりますし、その企業を選んだ理由も伝えることができます。

②長く働くつもりがあることが伝わる志望動機にすること

転職者が応募しに来た時に採用側が心配することの1つが、雇ってもすぐに辞めてしまうのではないか、という不安です。

転職をした時点で、一度仕事を辞めているということになりますので、同じことを繰り返されるのではないかと感じてしまうのです。

そこで、長く働く気持ちがあることが伝わるような志望動機を考えましょう。

例えば、

「私は○○に関して、自分なりの考えがあり、その考えを形にできる企業を探しておりました。そうしたところ、御社がステップアップをしていくことで考えをどんどん形にできる制度が整っていることを知りましたため、志望させて頂きました。」

という書き方をしてみましょう。

この書き方をすることにより、ステップアップしていくつもりがあるということが伝わります。

ステップアップするということは、それだけ長く働き続けなければならないということにもなりますから、辞めるつもりがないことを伝えることができますよ。

また、プライベートを盛り込むことで長く働くアピールをすることもできます。

例えば、「御社は産休・育休制度が整っています。私は子どもを産んだ後も長く働き続けたいと思っております。」といったような文言を一文入れておくのも良いでしょう。

そうすれば、ちゃんと将来のことまで考えて、制度の有無を確かめて志望してきたのだということが相手に伝わりますよ。

男性の場合も、「現在子どもがいるため、労働時間が安定しているところにも魅力を感じました。」というように伝えておくと、「この人は子どもがいるからお金が必要で仕事を続けるだろう。」と思うでしょうし、「ちゃんと続けられる仕事を選んでいるんだな。」と思わせることもできますよ。

③仕事へのやる気が伝わる志望動機にすること

一度転職した人の場合、仕事に対するモチベーションが下がっている人も多いものです。前の職場で、働くことが嫌になって辞めて、お金のために転職しただけ、という人がいるためです。

仮にそうだとしても、それが表に出ないような書き方をする必要があります。つまり、仕事に対してやる気があることが伝わる志望動機が大切なのです。

例えば、

「私は御社の○○というプロジェクトに大変関心があります。私はもともと○○という分野に大変興味があり、そちらの分野で今後は頑張っていきたいと思い転職することを決めたところ、御社と出会うことができたのです。是非、御社で○○のプロジェクトに参加したいと考えております。また、ゆくゆくは、私と考えの近い御社で働くことにより、自分の興味関心を深く掘り下げ、自分の理想とするプロジェクトも立ち上げたいと思っております。」

などというように、具体的なその企業内での仕事に触れてみましょう。

そうすることで、やる気は伝わりますし、「よくわかっているな。」と思わせることもできるようになるのです。

また、「将来は自分のプロジェクトを立ち上げたい。」というような一言を入れるだけで、仕事にやる気があって、会社の理念もわかっている、という印象を与えることもできるのです。

まとめ

転職者の場合、マイナスなイメージを持たれることも多いものです。

しかし、マイナスをプラスに変えるつもりで、どんどん自分から転職者だからこそもっている力をアピールしていきましょう。

その1つのアピールの場として、志望動機があります。自分のアピール、前向きな転職理由、企業への尊敬の念を伝えることが大切です。

これらのことをしっかり伝えられるような志望動機を、今ご紹介したアドバイスを参考に考えてみてくださいね。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る