転職の流れ~内定を勝ち取るまでの作業3つ~

53e233cc3d6eaeaf10dda5147f5280bc_s

特に転職活動を始めてする人にとって、あるいは何回かしたけれど内定を取るまでにとても苦労したという人にとっては、どのように転職活動をするかというところは大きな悩みだと思います。

誰でも最初は感じることなので、無理はないことです。

しかし、どのようなことでもそうですが、物事をうまく運ぶにはコツのようなものが必ずあります。

ここでは、その内定を勝ち取るまでの基本的で、かつ効率的な作業(コツ)について3つご紹介します。

①自分の「売りどころ」の棚卸をする

転職活動とは、言ってみれば、「転職市場」というマーケットで、「自分」という商品をどううまく売り込むか、そして「企業」という買い手に買ってもらうか、ということです。

ですので、そのつもりで考え、行動するといろいろなことが明確になります。

その中でまずしなければならないのは、「自分」という商品の「売りどころ」がどこなのかということをしっかり分析することです。

企画力なのか、営業経験なのか、人間関係構築力なのか、事務能力なのか、はたまた「笑顔」なのか、ということをしっかりと分析しましょう。

またその分析も独りよがりではなく、「企業」という買い手にとって魅力的でなければ「買って」もらえませんので、分析の中にはそれが企業のニーズと合致しているのか、ということも考慮する必要があります。

これが、次の転職のための作業である、面接の準備をすることや職務経歴書を書くうえで非常に重要になりますので、しっかりと時間をかけて行いましょう。

②「売りどころ」が伝わるような職務経歴書を作成する

次に、その「売りどころ」が企業側に伝わるような「職務経歴書」を作成する作業です。

職務経歴書を単純に「自分の経歴を書けばいい」と考えている人がいますが、この書類は、言ってみれば「自分」という商品を売り込みための「パンフレット」に当たります。

そのため、しっかりと内容を熟考して、かつアピールする部分をわかりやすく書く必要があります。

その職務経歴書を書く上での原則をいくつかご紹介します。

まず、まだ社会人生活が短い人の場合(経歴のすべてがA4の1枚に収まるくらい)は、学校を卒業して以降の古いものから順番に書けばよいですが、そうでなければ「新しい経歴」から順に、時代をさかのぼるように書きましょう。

企業が知りたいのは、直近で何をしてきてどういう成果を上げたか、ということですので、相手が知りたいこと、逆に言えば自分の一番の売りどころ、を最初に持ってくるのが必勝パターンです。

次に、どの経歴の中でも、単純な事実を描くのではなく、その最後にそこで身に着けたスキルと、上げた成果・実績をきちんと項目を立てて「数字を含めて」書くようにします。例えば以下のような感じです。

  • 20××年1月~20▲▲年12月 営業1部にてルートセールスに従事。
  • <ここで身に着けたスキル>単純に決まったものを御用聞き販売するのではなく、相手企業にとって何が必要なのかをリサーチしそれに合った商品を提案する、提案型営業のスキルを身に着けました。
  • <成果>年間の新規注文数○○件を 獲得し、部門第1を獲得。社長賞を受賞。

といった具合です。

ただし、営業職なのどの場合はこのように成果を書きやすいですが、総務や経理などの内部管理などの場合は書きようがない場合もあるでしょう。

しかしその場合でも「年間光熱費○%削減に成功」などのようにできるだけ数字を入れ込むことが重要です。

また、書類選考が通ってからの話になりますが、面接に臨む場合でも、この職務経歴書に書いたことが「自己PR」の基本的な内容になります。

極論すれば、職務経歴書を丸暗記して自己PRしてもいいくらいです。それくらいここの作業は重要ですので、しっかりと取り組みましょう。

③職務経歴書をベースに転職サイトにできるだけ多く登録する

このように職務経歴書を作成すると、自分の売りどころが明確になります。

その内容を、転職サイトの「職務経歴欄」に記載するにしましょう。

よくいきなり篆書行くサイトにアクセスして、考えのまとまらないまま、焦点の定まらないまま記入し始める人がいますが、それは100%失敗します。

転職サイトの職務経歴欄は、ネット上に公開される自分のパンフレットですので、しっかりと内容を詰めたうえで記入することが重要です。

また、転職サイトですが、「できる限りたくさん」登録しましょう。

転職サイトは、自分という商品を売るうえでの「店頭」ですので、いろいろな店に自分を並べたほうが、買い手である企業の目に留まりやすいです。あるいは「仲買人」である転職エージェントにおいても同様です。

できるだけ多くの転職サイトに登録して、自分という商品をアピールすることが重要です。

まとめ

以上の3つの作業をしっかりと行うことが、転職活動を効率的に行い、内定を獲得するための近道ですので、しっかりと実践してください。

決して妥協してはいけませんよ。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る