転職のメリット・デメリット3つ

b82cafed0f69358b9debde92f5b1f761_s

長い人生の中で、1つの会社に勤め上げるということは、とても貴重なことです。

しかし、最近は転職をしていく人が非常に増えています。

年配者だけではなく、若い世代の人と、入社してから数年で別の企業に再就職していくということも少なくありません。

理由は人それぞれですが、転職を果たすことで良い点もあれば、そうではなかったということが、常につきまといます。

では、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

転職のメリット

①自己実現できる

転職で一番の良い点は、自己実現を可能にするチャンスがあることです。

自己実現とは、会社に勤める中で自分の行いたいことを、実行して実現することです。

会社で働くということは、単に給料を稼ぐことだけではなく、仕事を通して、社会に貢献することでもあります。

そのためには、自分が学んだ専門の分野を社会で活かしてみることから始まります。

しかし、今、勤めている会社ではそれが、実現できないということも、ありえます。

そのような時に転職を通して、新たなステージで自己実現を果たすチャンスが作れるのです。

②新しい経験を積める

次にあるのは、新しい経験を積むことができることです。

1つの会社でも、長年、同じ部署に留まることは少いのが、普通です。

それは常に社内で色々な経験やノウハウを積むことで、ステップアップができます。

しかし、これはあくまでその会社の中でのことです。

転職することで、その経験、ノウハウ蓄積のレベルも高く深くなってきまし、自分のスキルの幅も広がってくるはずです。

これが転職によるメリットの1つなのです。

欧米では、1つの企業に留まるよりも転職の経験を持っている人が高い表化をえることができる風土があります。

このように自己実現を果たすと同時に、キャリアアップを果たせるのです。

③給料が上がる可能性がある

転職することで、良い点は給料が上がる可能性も広がってくるということです。

トップハンティングと呼ばれている転職では、キャリアアップとともに、年収アップヲ条件に、次なる会社に移っていく人もいます。

転職というと年収が下がってしまうイメージがありますが、キャリアアップを前提とした転職であれば、収入が上がることを前提に変わることが多いと思います。

そうなると、今までの立場では手にすることができなかった収入増を期待することができます。

このように、転職では環境変化により、現業では成し得なかったことが実現できるようになってきます。

しかし、良いことばかりではないことも事実です。

転職のデメリット

①結果を出す必要がある

まず考えられることは、常に高い実績を出さなければならないことです。

キャリアアップや年収アップを前提とした転職であれば、常に高いノルマを強いられたり、今まで以上の実績を出さなければならないでしょう。

無論、それを前提に再就職したわけですから、当然と言ってしまえば、それまでのことです。

しかし、そのプレッシャーは相当なものであり、転職する時に、それ相当の自覚を持って臨む必要があります。

②慣れるまでに時間がかかる

次にあるのは。新しい文化、社風に慣れる必要があることです。

前に勤めている会社の考え方と転職先の社風や考え方がで同じということはありえません。

むしろ全くなく異っている方が多いのではないかとは思われます。

今まで慣れ親しんできたことを一旦、リセットして、新たなステージに移ることです。

今まで通用してきた社内の常識が新しい会社では通用しないという所まで考えておく方がいいのかもしれません。

③給料が下がる可能性がある

やはり、最後に言えることは、給与面です。

メリットの中では収入アップが可能と述べましたが、下がることも少なくありません。

キャリアアップのために転職する場合を除いて、一般的には下がる傾向にあるのではないでしょうか。

キャリアアップを明確にして、積極的に移るのであれば、明るい可能性秘めていますが、それ以外の事情で転職する場合は、生活とためと割り切って行う場合もあります。

そのような時は、どうしても収入が下がってしまうリスクもあるのです。

まとめ

このように転職することは、メリット・デメリットがあります。

それが故に仕事を変わることについては、自分自身で長期的な視点で仕事観のプランニングを行い、ステップアップできるストーリーの中で転職をはたしていくことが大事だと思われるのです。

理想的にスムーズに転職を成功させるためには、自分の棚卸しをしておく必要があります。

それは、今の勤めている会社で、どのような実績を残し、社内だけでなく社会的にもどのような評価を得ることできたのか。

また、社内で蓄積したノウハウ、経験、そして社外の人脈はどれほどのものなのかも整理しておくのです。

これらの自分の蓄積した財産を最大限に活かす方法を転職先で、見つけることで新しい世界ヲ作り上げることができると思われます。

これこそが理想的な転職とよべるのではないかと考えるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る