転職面接の自己紹介のポイント5つ

d52c8b2bf7612805c50001f0bf53203e_s

転職を考える上でもっとも重要視されるのは面接だと言えます。

これは新卒者の就職活動などとは違い多くの場合において何度も面接を繰り返すような試験は行われないものです。

ただ、転職も新卒と同様に面接によって合否が左右されます。

そして、その面接で聞かれる、聞かれないに関わらず必ず答えることになるのがあなた自身のことです。自己紹介ですね。

自己紹介というのはあなた自身のアピールになるチャンスを多く秘めている大切なポイントです。それだけに多くの転職者は自己紹介を考えるのに苦慮するということなのです。

しかし、自己紹介を考える上で最も大切なことは嘘や誇張は必要ないということです。

あなた自身を相手に紹介する最初の場で嘘や誇張はその後の自分自身を大きく変えてしまうことに繋がるからです。

自己紹介を考える場合に多くの人が錯覚する事があります。それは自己紹介と自己PRという2つのものです。

自己紹介とは必ずしも自己PRである必要はなく、もちろんイコールでもないのです。

自己紹介とは必ずしも前向きで明るいことばかりである必要はありません。転職を考えているあなた自身は少なくとも前職ではうまくいかなかったという挫折や失敗を経験しているという事になります。

それらを踏まえて自己紹介を行う必要があるのです。自己紹介を行う際にはいくつかの大切なポイントがあります。

そのポイントを抑えることが出来れば内容に失敗談を踏まえていても問題ありません。

転職面接の際に必要な自己紹介のポイントをしっかりと頭に置いて、自己紹介の内容を考えるということが転職の成功に近づくためには必要になるのです。

①自己紹介は性格を現す

転職をしようと考えている人は必ずと言って良いほど自己紹介については真剣に考えて面接に備えるものです。そして、面接する側の企業としても自己紹介は採否を判断する1つの大きな要素となります。

それはなぜなのでしょうか?

多くの場合において自己紹介というのはその本人の性格が色濃く現れるということができます。考えた結果に嘘や誇張を含めた自己紹介が出来上がるのも性格の表れと言えます。

無意識に発言される自己紹介であっても、考えに考えて作り出された自己紹介であっても、それぞれがその本人の性格を表しているというのが自己紹介なのです。

プラスにもマイナスにもなるものです。

この自己紹介はあなた自身の性格を表しているという現実をしっかりと受け止めておくことは、転職面接で自己紹介を考える、発言する際にとても大きなポイントとなることを理解してくことです。

この事は、自己紹介に嘘が含まれていると、あなた自身の性格の中に嘘で何かを隠したり、逃れたりしようという意思が存在すると受け取られてしまうということもありえるからです。

受け入れる企業側が自己紹介をその本人の性格の現れる要素として見ている、認識しているという事もしっかりと頭に入れた上で面接に臨むということが転職面接の基本と考える必要があります。

これらのことを踏まえて考えると、自己紹介とは普段のままの、ありのままの自分の事を如何にして相手に伝えるのかが重要なポイントです。

伝える内容を考えるというよりは、自分自身を表現する言葉や例えを考えるという方が正しいと言えます。

内容は普段のあなた自身のことをそのまま伝えるという事なので考える必要はなくなります。

②自己紹介には嘘は不要

転職面接に向けて自己紹介を考える人の中には大きな間違いをしてしまう人がいます。

それは、良いことばかりで自分の紹介を飾り立ててしまうということです。つまり嘘を並べて自己紹介を作り上げてしまうのです。

転職をしようとしている場合、多くの人は受ける企業に悪い印象やイメージを与えたくないと考えるのは当然のことです。

その結果、自分自身の紹介を考える際にマイナス面を排除しようとします。

この考え方自体は否定すべきものではありません。当然のことながら自分自身のマイナス面については敢えて出す必要のないことだという考え方を持つことも1つの考え方としてあって良いのです。

問題なのは「出さない」ということと「作り変える」や「作り出す」ということとでは全く意味合いが違うということです。

出す必要のないことを自分のうちにしまっておくということは問題にはなりません。

しかし、出す必要のないことを別の形に変えて全く違うことにして出してしまうということはそれは相手を騙してしまうということになります。

この違いというのはとても大きな違いを持っているのです。

例えば、あなたは自身は過去に語学の勉強をしていた経験があるとします。

しかし、実際は独学の勉強でありその結果として形に残るような物はなかったとすれば「語学の勉強をしていました」となるのが通常です。

しかし、ここでそれではインパクトに欠けるとか、プラスになるには弱いと考えて、「語学の勉強のために留学していました」と作り変えてしまったとしたら結果的には嘘の事実を発言したことになります。

他のケースを考えてみた場合にも同様の事は考えられます。

これといった趣味を持たない人というのは実は多いものです。自己紹介を行うときに趣味や特技といった要素は無難であり定番の項目と言えます。

自己紹介を考える際にこの項目に何を当てはめるのかを悩む人は少なくありません。

「これといった趣味と言えるものはありませんが、音楽を聴いていることは多いです」

これは嘘にはなりません。

同じような状況の人が「音楽が好きで自分でも楽器をやっています」と飾りをつけてしまうとこれは嘘になってしまいます。このようなケースの多くは相手に事実がバレることは多くありません。

自己紹介について何かしらの嘘や誇張があってもそれは後後に何かしらの影響を及ぼすということは多くないというのが現実です。

しかし、だからこそ敢えて嘘や誇張を含める必要性もないのです。

転職の面接にとって自己紹介というのは必須の項目ではあっても、重要度や採否への影響度という点から見るとそれほど大きな要素ということではないのです。

万が一にも後に嘘や誇張がバレる方が問題です。

面接という数分の中に嘘や誇張といったリスクを敢えて含める必要性は全くないと考えるべきです。

③自己紹介に職歴は必要ない

転職というのは、何かしらの職務経験を持った人が別の企業に移るということです。

新卒者の就職活動と違い、前職での経験というものが転職にとって大きく影響するというケースも少なくありません。

ここで考えておくべき点は、それぞれの人によって経験した企業の数や職種の数、残してきた実績というのは当然異なるということです。

中には称えるべき経歴や実績を持った人というのも存在します。

転職面接の自己紹介で過去の自分自身の職歴を並べ立てて説明をする人がいます。自己紹介の大半の部分を職歴の説明に充てる人もいます。過去の職歴が長い人に多く見られる傾向だと言えます。

ここで頭に置いておくべきことは過去の経歴に拘りすぎていることは必ずしもプラスにはならないということです。企業には企業それぞれの考え方ややり方、方向性というものがあるのが通常です。

あなた自身の過去の経歴や実績に称えるべき項目があったとしても、その事実というのは前職の企業の中でのことなのです。

一部の専門職であればその経験は十分に活かされるケースがあるのも事実です。

しかし、多くの人の転職の場合は過去のやり方や考え方をそのまま持ち込めるケースというのは多くないものです。

多くの場合はその過去のやり方や考え方を変えられるかどうかが重要になるのです。

このように考えると、自己紹介の場において過去の職歴に多くの時間を割くというのは、過去の自分の実績への強い拘りがあるという受け取られ方をしてしまうという事も想定しておく必要があります。

そして、多くの場合はその事実はプラス面よりもマイナス面の方が強く影響すると考えておくことです。

受け入れる企業側にとっては転職者が自社にマッチするのかどうかということが重要になります。

過去の経歴や実績を全く関係ないと考える企業というのは多くはないと言えますが、過去よりもこれからに対する考え方を重要視する企業が多いというのが転職者の採用における大きなポイントです。

④自己紹介で避けるべき内容

自己紹介というのは相手に対して事実を可能な限りわかりやすく伝えるという事がとても重要になります。

転職面接という場においてはこの点はもっと重要度が高くなると考えて良いということができます。

転職というのは新卒者の採用とは異なり即戦力を求めるという企業が多くなります。しかし、即戦力の判断というのはその人の過去の経歴や実績だけによって判断されるというものではないということです。

転職者を受け入れようとする企業側が大切な要素として考える要素の1つがその人の人間性や性格、会社にマッチするのかどうかという点になります。

自己紹介はその判断の重要な材料になります。

その点を踏まえて考えると自己紹介では避けなくてはならない内容というのが出てきます。自己紹介を考える際に過去の自分の失敗や欠点というのを避けるという人は少なくないはずです。

これらは自己紹介で避けるべき要素というよりは含める必要性のない項目と考えることができます。自分自身にとってマイナスとなる要素について敢えて晒し出すという事は必要ではありません。

転職面接の場で避けるべき内容というのはそのような要素ではないのです。

自己紹介で避けなくてはならない要素は、あなた自身の成功実績や誇るべき経歴の部分と大きな関わりがあるのです。

あなた自身が過去に経験した成功実績や大きな成果を生み出した経歴というのは隠す必要はないものです。しかし、多くの人が勘違いや気づかずに失敗してしまう重要な注意点があるのです。

それは、あなたの過去を自慢するような、あるいは売り込みに受け取られてしまうような表現というのは避けなくてはならないという事です。

相手に伝える時の伝え方に注意が必要という事になります。

過去の成功や経歴に拘りが強いと受け取られると新しい会社に適応できるかという点について疑問が生じるということです。この点は転職面接の自己紹介において注意すべき大きなポイントと言えます。

⑤自己紹介で自分を示す

自己紹介というのはあなた自身も知っての通り自分自身を相手に伝えるために行うものです。自分自身というのはどういうことかという点についての考え方に個人差があるという点で自己紹介に差が生じます。

転職者を受け入れる企業側にとって自己紹介に求めている要素というのは、その人自身の人間性の部分が大きいということを理解しておくことが大切です。

これによって自己紹介の内容は大きく変わります。

転職者の多くは前職やそれまでの自分自身の仕事上での経歴や実績で自己紹介を埋めてしまう傾向にあります。それは確かにあなた自身を紹介する1つの要素、方法であることは間違いありません。

しかし、相手の求めている要素とは異なってしまっているということになります。

この点が転職面接でうまくいくのかどうかという点においてはとても大きな影響を与えるということになります。

自分自身の性格や考えた方という点に重きを置いた自己紹介というのは、あなた自身の事が相手により伝わりやすくなります。

仕事に対する姿勢や考え方というのも想像、予測しやすくなるということです。

新しい会社で仕事を行うという時においては、その部分は受け入れ側にとっては実はかなり重要なポイントであると言えます。会社に、業務内容に適応できるかどうかという判断が必要になるからです。

転職面接の自己紹介においては、あなた自身を相手に示すためにも、仕事上の経歴や実績という部分は一部に抑え、あなた自身の性格や考え方という点にポイントをおく事が大切だと言えるのです。

その事を踏まえて転職面接の自己紹介を考えることで他の転職者との差別化ができ、転職の成功に近づくことができるはずです。

まとめ

転職を考えている人にとって転職面接というのは、とても大きくて重要なポイントになると言えます。

それだけにその内容については多くの人が真剣に考え、可能な限り良いことを伝えようとすることになります。

真剣に考え、悩むからこそ失敗を生み出してしまうという事も多くなるものです。

その原因はあなた自身が自己紹介を誤って認識してしまっているということと、成功するために誤った手段をとってしまうタメです。

転職面接の自己紹介で大切なことはあなた自身のことをあなた自身の言葉で、必要な事実と相手の求めている要素を伝えることが重要だということです。その事を認識していると失敗の可能性は低くなります。

自己紹介を考える際に転職者が考えるべき点で忘れてはならない事は「嘘」と「誇張」になるような表現や話題は避けるということです。

バレるバレないの問題ではないということを理解しましょう。

このように自己紹介に必要な押さえるべきポイントをしっかりと理解しておくことで、転職の際の面接において他の転職者との違いを生み出すことができプラス面での差別化が可能になります。

転職というのは新卒の就職試験とは異なり、様々な難しさがあるものです。そして、面接の重要度が高くなるのも転職の際の大きなポイントです。

大切な面接だからこそしっかりと自己紹介が必要だと言えます。

ポイントであるからこそ、ある事ない事で良いことばかりを並べるという事はしてはなりません。重要だからこそ本当のあなた自身をしっかりと相手に伝えるということを大事にすることが大切になるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る