転職面接のマナー5つ

2056a6a5b71702d4727a0506b866c5ed_s

転職をしようと考えている人にはいくつかの頭を悩ませる問題というのが存在するものです。応募に関してのさまざまな書類で自分自身を伝えるというのもその1つになります。

そして、自分自身を相手に伝えるということは転職活動においてはとても重要なことになります。

その場面の1つとして転職面接というのはもっともわかりやすく重要なものになります。

もっとも有効で、最大の機会であるからこそ、転職面接では忘れてはならないポイントというのがいくつか存在します。

転職面接のマナーとも言えるこれらのポイントをしっかりと抑えることが大切です。

転職面接というのは、転職をする人の多くに同じように与えられている機会だといえます。その一方で、その前の書類審査や筆記試験などの過程をパスした人が集まる場でもあるのです。

転職をしようとしている人たちは皆が同じように必死になっているものです。

そして同じように様々な対策をして、転職試験に、転職面接にのぞんでいるということになります。

その中において、他の人たちよりも自分自身を相手に伝えるために、そして転職面接をパスするために必要な転職面接のマナーをしっかりと身につけるためにまとめてみました。

①発言と行動は別々に

転職の面接に限らず、面接の場でもっとも重要なポイントの1つとなるのが初めの挨拶という事になります。

まずは面接の場にたったその瞬間の最初の行動にポイントがあるということです。

この場面で大切で必要なマナーというのは、発言と行動を別々にしっかりと分けるということになります。

具体的には「よろしくお願いします」という挨拶をしながら礼をしないということです。

しっかりと言葉を言い終えてから頭を下げるということが転職面接の始まりのシーンにおける重要なマナーという事をしっかりと覚えておくことが大切です。

言葉と同時に頭を下げる人は意外と多いのです。

これは、マナーという点でも重要なことですが、もう1つ面接の相手に対しての印象という点においても大きな影響を持っている場合というのが少なくありません。

発言中は相手を見ているのが基本です。

これから始まる面接の相手に対して、相手をみて「よろしくお願いします」という挨拶をした後に頭を下げて礼をするということは、あなたの面接への思いがまずは相手に伝わることにもなるのです。

最初のシーンでしっかりと相手の目を表情を見てから面接をスタートできると、その後の面接の中身での質問や会話においてもしっかりと相手を見ることができるようになり、印象は良くなります。

逆に、初めから目が合うか合わないかの状態で礼をされても、面接する側が受けるイメージとしても挨拶を流れ作業のようにこなしていると受け取られてしまうケースも出てくることになります。

発言と行動をしっかりと切り分けるということは転職面接のマナーとしては最初のシーンという点から考えてもとても大切なことになります。

②自己紹介と経歴紹介は別々に

転職の面接というのは新卒者の面接などと大きく異なってくる点があります。

これまでの仕事上の経歴というのを発言する機会というのが多くなってくるというパターンが多くなってくるという点です。

ここでも大切な転職面接のマナーというものがあります。

この自己紹介、経歴紹介という場面において重要になってくるマナーというのはそれぞれをしっかりと切り分けて相手に伝えるという事です。

まずは、自己紹介をしっかりと行うということです。

この時には前職やそれまでの勤務先でのあなたの経歴については触れないようにするという事が大切なポイントとなってきます。

これは面接においてまずは、あなた自身の性格や人間性というのを相手に伝えるということが大切となるためです。

仕事上の経歴や経験、実績というのはあなた自身の紹介を終えてからという事です。

しっかりと自分自身の紹介を終えた後に、あなた自身の仕事上での経歴や経験、実績というものを相手に伝えましょう。

この時には仕事での内容に特化して発言することが大切になります。

多くの人は仕事上での経歴や経験、実績を伝えることで自己紹介の代用としようとしてしまいます。

この点は転職面接においては当然という考え方もできますが、マイナスに作用するケースもあります。

あなた自身の性格や人間性を相手に伝えるという過程を飛ばしてしまっているという事は、あなたは仕事での経歴や経験、実績のみで面接の相手に判断をされてしまうという異なるのです。

面接する側というのは、仕事上の適正も当然ながら、採用しようとする人間の性格や人間性というのも同じように適正を見ようと考えるものです。

判断材料を多く相手に伝えることが大切なのです。

ただし、注意すべき点があります。

与えられた時間の中でそれらを伝える必要があるということです。簡潔にしっかりとポイントを絞って相手に伝えるということが重要となります。

③基本は相手の目をみる

転職面接のマナーというのはいくつかありますが、その多くは、転職面接のマナーというよりも面接の、あるいは日常生活におけるマナーというものと同じであると考えることができます。

その代表的なマナーの1つが、相手の目を見て発言する、会話するということです。

これは誰でもわかっていることでありながら、場面や性格によってなかなか難しいマナーの1つとなります。

転職の面接においても、この相手の目をみるという点についてはとても大切なポイントになるといえます。

発言の信憑性やあなた自身の自信の表れというのは目線が合うことで伝わる場合も多いからです。

転職面接においては、自ら発言するというシーンと、相手の質問を受けて回答するというシーン、大きく2つのシーンに分かれると考えることができます。

大切なのは相手の質問を受けた時です。

自ら発言するシーンというのは、多くの人が事前に準備したり、日ごろから考えていることを発言することになります。

その為、発言もスムーズで自信をもって発言できる場合が多くなります。

このようなシーンにおいては、相手の目をみて話せる方は多いです。

その一方で、相手の質問に答えるシーンというのはあなた自身の想定の枠内とは限りません。

意表をつかれたり、苦手な分野への質問に対しての回答のシーンとなると、自信の無さや動揺というのが出てくるものです。

多くの場合はこのようなときには相手をみるという事を忘れてしまいます。

大切なことは、自信の有無に関係なく相手の目をみて発言をするということです。

誰にでも苦手な分野や知らないこと、わからないことというのはあるものです。自信の無いときこそ相手をみるのです。

「わかりません」「これから勉強します」「経験ありません」などのマイナスに思える回答についてもしっかりと相手の目をみることを意識して回答するということがとても重要になります。

そのことで、同じ回答でも相手に与える印象というのは大きく違ってくるのです。

④質問にはストレートに答える

転職面接をする側にとって、相手に対してよくない印象をもってしまうケースというのがあります。

その1つが質問に対しての回答が的外れであったり、回りくどいという場合です。

的外れな回答というのは、質問を理解できていないという捉え方と、何か話を逸らそうという意図が感じられるという捉え方をされるケースが出てきます。

回りくどい回答も同様といえます。

転職面接というのは限られた時間の中で受ける側は相手に自分自身を伝え、する側は相手の人間性や性格、適正というのを読み取り判断するということが必要になるので濃密な時間となります。

そのような時間において大切なマナーというのは、時間をお互いにとって有効に使える努力をするという事になります。

その点において質問にストレートに答えるというのは大切なマナーといえます。

簡潔に「はい」「いいえ」で回答が可能な場合においては意識する必要は無いといえますが、内容をふまえて回答が必要となるケースにおいては長々とした回答にならないよう注意が必要です。

特に、あなた自身に想定の無かった質問や、素直に答えるとマイナスになってしまうと考えるような質問を受けた場合には、この「質問にはストレートに答える」というマナーを意識することです。

誤魔化そう、曖昧にしようという意思が働くと、自然と回答は回りくどくなったり、的外れになったりしてしまいます。

その上、回答自体が長々となってしまうので非常にマイナスとなるのです。

ストレートに答えるということは、マイナスの回答をするときにこそ大切です。

多くを語らず、「わかりません」「苦手です」「知りません」と簡潔に回答をすることで次へ移りましょう。

この際に、「これから勉強します」「克服の努力をします」「これから経験していきます」などを一言添えることが出来れば、切り抜け方としては問題ないと考えることが出来ます。

⑤最後はお礼と笑顔で

転職面接のマナーの中で、誰もがわかっているようで意外と実践の場で行動が伴わないシーンというのが面接の最後を締めくくる挨拶の場面という事が言えます。

お礼を言うだけのシーンです。

このシーンというのはその場面にいない時に考えるととてもシンプルで、何も難しいことはないシーンだということが出来ます。

しかし、いざ遭遇すると意外にも実践できないものなのです。

転職面接に限らず、面接の最後というのは「ありがとうございました」という挨拶で終えるというのが通常の形だと言えます。

最後にお礼も言わずに終えるという人は多くはありません。

しかし、このお礼の時の自分自身の表情というのは意識することが大切になります。

面接というのは実践すると思っている以上に体力、精神力を消耗してしまうものだということが出来ます。

それだけに、面接の最終のシーンにおいては、あなた自身の表情に疲労の色が出ているというケースがあります。

特に面接を受けながら自分自身の中で手ごたえを感じていない場合はなおさらです。

最後の挨拶に疲労の色が出ていたり、暗い表情が読み取れたりという事になると、当然のことながら相手の受ける印象は良くありません。

無意識にそういった表情になるのを避けなくてはならないのです。

結果がどうであっても、転職面接という場面においては、相手の時間を割いてもらい面接の時間をもらっているというケースが大半になります。

その点に対しては感謝しなくてはなりません。

内容や手ごたえ、結果にかかわらす、時間を割いてもらったということに対してお礼をしっかりと伝えるというのは最低限のマナーであると考えるべきです。

だからこそ、笑顔でお礼というのは大切です。

まとめ

転職面接のマナーというものを整理してみました。転職面接のシーンならではというものは意外にも多くないと考えることが出来ます。

日常の中のマナーがより大切になるということです。

しかし、転職面接というのは誰でも、少なからずの緊張状態で迎えるということになります。

そのような場面においては日常では当然のことが出来なくなるということも起こりえます。

だからこそ、転職面接という場面を迎えるときには改めて、転職面接のマナーというのをしっかりと意識するということが大切になるのです。

マナーというのは基本的なものです。

知らないということは多くはありません。知っていながら、分かっていながら出来ないということは後になってとても後悔してしまうものです。

そうならない為にも準備が大切です。

転職面接のマナーというのは「挨拶」「簡潔に」「感謝」といったとてもシンプルで、1つ1つは難しくないものが多くなっています。

その場面になったときに改めて意識することです。

普段から実践しているマナーを意識して実践するということが転職面接においてはとても重要という事になるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る