転職面接の対策5つ

52922f9766029487685a915824be8f64_s

転職でも新卒でも就職活動というものは、基本的に同じような手順で進んでいきます。

しかし、同じ手順であっても、新卒と転職ではそれぞれ注意点が異なります。特に面接の機会では、その違いを意識して臨む必要があります。

転職活動の中で、書類選考をクリアし、面接まで進むのは大変なことです。この貴重な面接の機会をしっかりと活かせるように、転職面接の対策5つについて整理してみました。

①新卒との違いを意識する

就職活動は新卒でも転職でも同じように、就職したい企業を探し、応募し、面接するという手順で進みます。しかし、同じ就職活動でも、当然ですが新卒と転職では違います。

自分自身の気持ち、意気込みなどはもちろんですが、採用する側が求めているもの、つまり、求職者に対するニーズが違います。そのニーズを理解する事が何よりも大切です。

具体的には、なぜ新卒採用ではなく中途採用を行うのか、この採用にあたり、この会社が求めているのはどのような人材かを、しっかりと掴む必要があります。

求人サイトなどの情報では、仕事内容や、なぜ募集するのか、どのような人材を求めているのかについて、具体的に記載している企業もあります。この場合はしっかりとその内容を読んで、理解しましょう。

このような内容が具体的に書かれていない場合は、限られた求人情報から、どのような状況で人材を募集しているのか、どのような人材を必要としているのか、しっかりと想像しましょう。

一般的に企業が中途採用で求めるのは「即戦力として活躍できる人材」です。具体的には、営業職であれば営業経験がある人、同じ業界の経験者、関連する業界の経験者、管理職の経験者、などです。

最も受け入れやすいのは、同じ業種、同じ職種の経験者でしょう。

また、管理職を求めている企業であれば、異業種や未経験の職種からの転職であっても、マネジメント力そのものを評価します。

営業職でも同様に異業種であっても、営業経験そのものを評価する場合もあります。

その他では、従業員の平均年齢が高くて若返りを図りたい場合は若年層を求めたり、逆に若くて経験の少ない組織であれば中高年のベテランを求める場合もあります。

このように、どのようなニーズがあるのかをしっかりと理解する事で、自分に適した企業にアプローチできますし、自分をアピールするポイントも見えてきます。

転職は新卒と比べてマイナスのイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。大切なのは企業がどのような人材を求めているのか、自分がそのニーズに合った人材であることです。

そう考えると、真っ新な状態の新卒よりも、転職者の方が有利と言えるでしょう。その他にも新卒と比較して強みになる事はいくつもあります。

決して転職は不利ではありません。自信を持って、新卒との違いをしっかりと意識して面接に臨みましょう。

②基本的なマナーを徹底する

転職の面接でまず心配になるのは、面接でどのような質問を受けるのか。ということでしょう。

もちろん、それも大切ですが、それ以前に気をつけるべきことがあります。それは、基本的なマナーを徹底することです。

基本的なマナーについては、新卒の就職活動でも十分心がけますし、転職でも同じ様に必要なことです。しかし、転職の就職活動の方が、よりマナーに対する相手の要求が高いという事を忘れないようにしましょう。

何故なら、新卒の場合は社会経験が無いのですから、多少の失礼があっても、出来ていなくても仕方がない、と大目に見てくれる場合があります。

しかし、社会経験がある転職者の場合は、出来て当たり前という厳しい見方をされます。言い替えると、基本的なマナーができていないと、今まで何を学んできたのか、これまでの経験から何も得られていないと判断されてしまいます。

基本的なマナーとしては、まずは服装です。

スーツやシャツは清潔感があるか、靴は綺麗か、面接に適した色やデザインか。冬場は会社に入るときにはコートを脱ぐ、夏場は暑くてもジャケットを着用する、などです。

外見では、髪型も気をつけましょう。できるだけ事前に美容院などで髪を整え、当日も清潔感のあるスタイリングにしましょう。

そして、マナーで最も大切なのは、時間を守る事です。

時間を守れない人は、それだけで人格や仕事への姿勢、仕事内容までマイナスの印象を持たれる可能性があります。絶対に遅れないように、早めに出かけましょう。

また、意外に見落としやすいのが、待ち時間などの振る舞いです。

待ち時間の様子は見られていないようで、意外と注目されているものです。会社の玄関に一歩入った時から面接が始まったと思うべきです。

このような基本的なマナーはビジネス書やインターネットでも容易に調べる事ができます。また、内容はどれも同じようなもので、知っている事も多いと思います。

しかし、大切なのは「転職者はそれらができていて当たり前と思われている」という事を頭において、徹底することです。

③挨拶や心配りにひと工夫をする

基本マナーにも含まれますが「挨拶」はその人の印象を決定づけると言っても過言ではありません。転職者に限らず、新卒者でも、また就職活動以外のビジネスの場や日常生活でも同様です。

ここでも社会経験のある転職者は、新卒者とは違う、よりレベルの高い挨拶を心がけましょう。また、挨拶だけでなく、その場に応じたお礼や声かけ、コメントも忘れないようにしましょう。

面接における挨拶や心配りの例をいくつかご紹介します。

受付など面接担当者以外の人にも丁寧に挨拶する

 
受付に挨拶する事はもちろん、社内ですれ違った人など、全ての人に挨拶をします。声を出さない方が良い状況では、会釈をします。お茶を出してもらったり、案内してくれた人には必ずお礼を言います。

会社に入ったら、常に見られている、そこにいる全ての人が面接官という意識を持ち、緊張感を持って対応しましょう。

面接の初めにお礼を言う

面接会場に入室する際に挨拶をするのは当然ですが、更に、「本日は面接の機会をいただき、ありがとうございます」などと、面接の時間をいただいた事に対する感謝の気持ちを伝えます。

面接官は通常業務の予定を調整して面接の時間を空けていたり、面接に至るまでの準備も行っています。

自分のために時間を使ってくれている事に対して、感謝の気持ちを伝えるのです。

もちろん、これは口先だけではなく、心からそう思うこと、相手に対して感謝の気持ちを持つ事が大切です。その姿勢は、必ず面接官にも伝わります。

面接の終盤に自分の意欲を伝える

面接での質疑応答が終わり、面接がそろそろ終わるタイミングに、最後のまとめとして、自分の意欲を伝えましょう。面接においては、あくまでも採用側と応募側は対等です。判定するのは面接官だけではありません。

応募する側も自分が思っていた条件や仕事内容と違う場合は、応募を辞退する事もあるでしょう。

面接官としては、この面接のやり取りの結果、応募者は意欲を感じているのか、もしくは辞退したいと思っているのか、その感触を確かめたいと思っています。

そこで、面接の結果、是非入社したいという気持ちがあれば、その意欲をしっかりと伝えましょう。具体的に面接を通して魅力を感じた事や、自分が活躍できると感じた事を加えるとより良いでしょう。
 

面接の終わりにお礼を言う

面接の終わりには、面接の初めと同様に、「本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました」などと、面接をしていただいた事に対する感謝の気持ちを伝えます。

この他、面接が終わったら、採用担当者に対して、面接のお礼や面接で感じたこと、その会社に入りたいという意欲について手紙やメールを送りましょう。

尚、最近ではメールのやりとりが一般的になっていますので、手紙を送るとより印象的になるでしょう。その場合は、達筆でなくとも、丁寧な字を書くように心がけましょう。

このような挨拶や心配りは社会経験のある転職者だからこそ自然に行え、嫌味にならないものです。転職者の強みとして活かしましょう。
 

④質問に対する準備をしっかりと行う

面接の対策として、まず頭に浮かぶのは質疑応答でしょう。特に転職者においては、聞かれたくないと思う事がいくつもあるかもしれません。

しかし、自分が聞かれたくないと思っている事は、面接官があなたに聞きたいと思っている事なのです。聞かれたくないと思う事があれば、逃げないで真正面からその対応を考えた方が良いでしょう。

面接の場は、質問に対して取り繕う「守りの場」ではありません。いかに自分の意欲や魅力をアピールできるかという「攻めの場」です。一見ネガティブに思える話題でも、ポジティブな内容に変えていく意識が大切です。

転職の面接でよくある質問をあげてみましょう。

転職の理由

 

  • なぜ、転職しようと思ったのですか?
  • なぜ、前の仕事を辞めたのですか?

転職の理由はイコール前職を辞めた理由でもあります。この場合は、給料が安い、人間関係が悪い、休みが少ない、残業が多いなど、ネガティブな理由を挙げやすいものです。

それらは事実として伝える事は良いですが、愚痴や批判にならないように気をつけましょう。また、決してネガティブな内容だけで終わらず、

  • キャリアアップを図りたい
  • より働き甲斐のある環境に変わりたい

など、ポジティブな内容でまとめましょう。

前職の内容

  • 前職では何をしていましたか?
  • 前職での成功例や失敗例を教えて下さい

この質問は単純に、前職の内容を聞きたいだけではありません。この質問を通して面接官は、あなたの職歴が自社の業務に活かせるかどうかを知りたいのです。

また、その内容から、あなたの仕事に対する熱心さや理解度、仕事に対する姿勢などを読み取ろうとしています。

そのため、できるだけ具体的な事例と、その会社の業務に活かせそうな内容について重点的に説明しましょう。また、最後までやり遂げた、地道に努力した仕事があれば、仕事への姿勢をアピールできるでしょう。

応募した理由

  • なぜ当社に応募しましたか?
  • 当社で何をやりたいと考えていますか?

この質問は最も自分をアピールできるチャンスです。

ここで大切なのは、転職者の強みは即戦力になるという事を忘れない事です。今までの自分の経験が入社後どのように役立つのか、しっかりと説明しましょう。

異業種や未経験の職種の場合でも、これまでの経験がどのように役立つのかを説明しましょう。尚、この質問に答える為には、応募する会社の業務内容をよく知っておく必要があります。

ホームページや業界情報など、可能な限りその会社の情報を確認しましょう。しっかりと下調べしてある事が伝われば、それ自体があなたの意欲として評価されます。
 

キャリアプラン

  • 将来の夢はありますか?
  • 何か目標はありますか?

これは良く聞かれる質問ですが、とても答えにくい質問でもあります。この質問は、仕事だけでなく、その人の人生観、成長志向の有無、考え方などを知る内容です。

また、どれだけ真剣に自分の将来について考えているか、将来について真剣に考えていればいるほど、仕事に対しても真剣に取り組むという期待が持てます。

この場合は、その夢や目標が、その会社の業務とかけ離れていると、いつか退職する、その仕事が長続きしないといったマイナスの印象を持たれます。あくまでも、その会社で経験を積むことで達成できる目標にします。

この他にも、想定できる質問はいくつもあるでしょう。できるだけしっかりと準備を行う必要がありますが、質疑応答のシミュレーションを行うことは、自分の動機や希望を改めて整理することにもなるでしょう。

⑤面接への心構え

就職活動はいくらこちら入社したいと希望しても、思い通りになるとは限りません。これは新卒でも転職でも同じで、採用側と求職者、双方の希望や適正がマッチしなければ成立しません。

せっかくの面接のチャンスですから、悔いの残らないようにしたいものです。言うまでもありませんが、面接にあたっては万全の準備をして、全力を尽くす必要があります。

それに加えて、転職者で特に大切な心構えとしては、これまでの経験によるプライドや自信を持ちすぎない事です。

自分の経験やスキルに自信を持つ事は大切ですが、それが度を過ぎると、柔軟性が無い、新しい事を吸収できない、頭のかたい人物に思われる場合があります。これでは、せっかくの経験やプライドが弊害になります。

あたり前の質問や当然だと感じる話題でも、謙虚に受け止めて、丁寧に対応しましょう。

もしも今回の面接が通らなかった場合でも、将来、どのような形でその会社と接点ができるのかわかりません。もしかしたら、違うところに就職して、今回の会社が取引先になるかもしれません。

また、今回の面接を通して、自分自身に新たな気づきが得られるかもしれませんし、例え今回の面接が上手くいかなくても、その経験は次に活かすことができます。

つまり、面接の機会は、面接官やその会社との出会い、縁です。

この縁を大切にする気持ちを持ちましょう。その感謝の気持ちは、相手にも社会経験をした人間の余裕、魅力として伝わるでしょう。

まとめ

転職は新卒と比べて決して不利ではありません。転職者の強みはたくさんあります。その強みを自覚してしっかりとアピールしましょう。

そして、転職をポジティブにとらえ、前向きな気持ちで面接に臨み、チャンスをものにしましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る