転職を繰り返す人の心理や特徴3つ

0c065ac20fcf0bf8a45cc60560d1663d_s

あなたは入社した会社に不満があるから、転職を繰り返してしまうのでしょうか。

あなたと同じように私も何度も転職を繰り返しているので、気持ちは良くわかります。

そこで私の経験を踏まえて、転職を繰り返す人の心理や特徴3つ紹介したいと思います。

①仕事に対して理想ばかり追いかけている

転職をする時には大抵が会社に不満があったり、もっと良い会社に入社して働きたいと思うことが多いですよね。

何も不満がなければ、わざわざ大変な思いをしてまで、転職しようとは思わないはずです。

あなたにとって今の会社に対して、何らかの不満があるのでしょうか?

それともあなたが仕事に対しての向上心から、もっと良い会社に入社して、自分の力を試したいと思っているのでしょうか?

いずれにしても転職する人の特徴として、自分の理想を追い求めて会社を選んでいることが多いようです。

私も転職を繰り返していた時には、もっと良い会社に入社したいとばかり思っていました。

苦労して入社した会社でしたが、働いていてみると不安があることが多いのが現実です。

私にはもっと自分に合った会社があるはずだと思っていたので、仕事にも身が入らずに結局転職ばかり繰り返していました。

どんな会社でも実際に働いてみると、不満に思うことはあるものですが、他の会社は良く見えてしまうものです。

現状に満足しないことは良い事ですが、あまりにも度が過ぎるのは良くありません。

会社だけでなく仕事に対しても、じっくりと取り組んでから結論を出すようにしましょう。

ちょっとだけやってみて自分には合わないと判断してしまっては、仕事の本質を見極める前に辞めてしまうのと同じことです。

ある程度腰を落ち着ける覚悟を持って会社に入社する決意をしましょう。

②収入や肩書ばかりを見ている

転職を繰り返す人は、収入や待遇を重視している人が多いようです。

あなたも会社を選ぶ時に、気になるのは給料面ですよね。給料と休日などの待遇面をみて、ほとんどの人が面接をしようか判断するはずです。

確かに仕事をするなら少しでも高い給料の方がいいですし、待遇も良いにこしたことはありません。

私も転職を繰り返した時には、給料の高い会社へ転職を繰り返していました。

給料の提示額は新入社員の給料であって、そこからどれだけ伸びるかが問題です。

初任給が高くても、上司の給料が低ければ給料アップは見込めないでしょう。

逆に初任給が低くても、成績を上げることでボーナスでたくさんもらえたり、出世することで給料がアップすることの方が重要です。

初任給の給料だけで判断するのではなく、数年後を考えた収入が大切なのです。

あなたも転職を繰り返した時に、給料に不満を持ったことがあるでしょう。

初任給は安いのに覚える仕事はたくさんあるので、余計に不満に思うことが多くなりますよね。

それでもある程度我慢して働くことで、仕事にも慣れてきますし、評価によって給料がアップするかもしれません。

転職をする時には提示額だけではなく、その会社全体をみて判断しましょう。

③自分の能力を過大評価している

転職を繰り返す人の特徴として、自分の能力はもっと活かせる場所がある、と思っている人が多いようです。

あなたも転職を繰り返した時に、会社によっては仕事内容が簡単だったりすることもありますよね。

心理としては自分はこんな所ではなく、もっと自分に合った仕事をしたいという思いが芽生えてきます。

これは仕事への向上心から芽生える心理なので、良いことではあります。

しかし自分の能力をしっかりと把握していなければなりません。

自分では能力があると思っていても、まわりの人からはそれほど評価されていないことも多いものです。

私は以前働いていた時に、簡単な仕事で給料がもらえて楽だと思っていました。

まわりの社員は大変そうにしていたので、自分は能力がある人だと思っていたのです。

私は向上心から、もっと仕事がしたいので転職をしようと思っていました。

その時に私がやっていた仕事は新人レベルの仕事で、他の社員の人は私の仕事量の倍以上やっていたことに気付いたのです。

私は自分では普通だと思っていました。

しかしその会社では能力的に劣っていたようで、仕事を教える時間も無いくらい忙しかったので、そのままに放置されていたようです。

それを知った時に改めて他の社員の仕事ぶりを見ましたが、私では出来ないようなレベルの仕事をしていました。

そこで私は自分の事を過大評価していたことに気づいたので、恥ずかしくなって転職した経験があります。

転職を繰り返す人の中には自分の能力を過大評価している人が多く、口だけで能力が低い人が多いようです。

あなたが転職繰り返す時に向上心から転職するなら、ある程度じっくりと1つの会社で腰を落ち着けて仕事をしてみましょう。

どんな仕事でも奥が深い物です。もしまた転職する時には、その経験とスキルを活かして転職すれば、自分の能力をアップさせることもできます。

自分の評価は自分自身でするのではなく、他人からしてもらうことが大切です。

まとめ

転職を繰り返す人の心理や特徴を紹介しましたが、いかがでしたか?

転職には不満を持って転職する人と、向上心から転職する人がいます。

転職自体は悪いことではありませんが、仕事として見ると1つの場所に留まった方が覚えやすいものです。

あなたも転職によっていろいろな経験をしていますが、それを活かした転職ならば問題ないでしょう。

しかし不満から転職を繰り返しているなら、いつまで経っても腰を落ち着けられる会社は見つけられないでしょう。

ある程度我慢することで会社の良い部分も見れますし、仕事の本質も見極めることができるでしょう。

あなたが転職によって良い会社に入社し、長く働けることを願っています。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る