転職しなきゃよかったと後悔する人の特徴3つ

2b0005107e94995a99ed1d3970db32db_s

転職をした後に後悔することってありますよね。

あなたと同じで私も転職をしてから、失敗したと後悔した経験があるのでよく分かります。

転職する前はまったく迷いもなかったのに、転職した後に辞めれば良かったと思ってしまったのです。

そこで転職しなきゃよかったと後悔する人の特徴を3つ紹介します。

①今の現状から逃げられればいいと思っている

転職をしようと思ったきっかけが、今の会社に対して何らかの不満を持っている人です。そもそも今の会社がすごく良い会社ならば、転職しようとは思いませんよね。

あなたにとって何らかの不満があるからこそ、転職をしようと決断するはずです。どこの会社でも仕事で大変な思いをするのは同じです。

また職場によっては人間関係で悩むこともあるでしょう。会社にはいろいろな人がいるので、たくさんの人が集まれば、仲の良い人もいれば悪い人もいるものです。

人間関係が悪化することで会社での仕事にも大きく影響しますし、会社に行きたくないとまで思うことも多々あります。

特に上司との関係が悪化してしまうと、仕事へのモチベーションも下がってしまいますよね。今の状況からとにかく逃げ出せれば、どんな会社でもいいと思ってしまいます。

今の状況が最悪なので、どの会社へ行ってもこれ以上悪いことは起きないと思うのでしょう。

とにかく現状から逃げ出したくて転職すると、後で冷静になった時に失敗したと後悔することがあります。

現状から抜け出したいと思っている人は転職で後悔しやすいので、ゆっくり考えてから転職しましょう。

②過去の自分を美化している

転職をした後はゼロからのスタートになります。前の会社でどれだけの実績を残していても、転職後の会社では実績は何もありません。

これから実績を作っていかなければいけないのに、過去の自分を美化していると後悔することになるでしょう。

どんな仕事もゼロからスタートし、雑用や地道な努力を惜しまずにやることで、信頼を得ることができます。

いくら前の会社で仕事ができたとしても、今の会社では信頼と実績は何もありませんよね。今の会社で頑張らなければいけないのに、前の会社のことを引きずっていては、信頼を得ることはできないでしょう。

自分には実力も力もあるからこの仕事がしたいと思っても、誰にも信頼されていないなら当然仕事をすることはできません。

前の会社と比較をしてしまい、今の状況を考えると惨めだと感じて後悔してしまうでしょう。

あなたにとってはこれから会社にどれだけ貢献できるかが大切なことで、過去に何をしてきたかは意味はありません。

過去の自分を美化しすぎると後悔するので、これから会社で何ができるか前だけを向く必要があります。過去の自分の実績やスキルはあくまでも、今の会社に入るための名刺代わりにしかなりません。

前の会社で役職や好待遇だった人ほど転職後に後悔しやすいので、ゼロから実績を作り上げるという気持ちで転職をする覚悟が必要不可欠です。

③良いイメージだけで転職をしてしまった

転職を後悔する人の特徴のひとつに、転職を良いイメージだけしか持っていない人は、転職後に後悔してしまうでしょう。

転職をするとすべてがリセットされた気持ちになり、新たな気持ちで仕事に取り組むことができますよね。

あなたが転職を決めた理由が、前の会社に対しての不満があれば、気持の面でも大きな開放感があるはずです。

転職後は今の会社よりも良いことが多く、人間関係もゼロから作り上げて楽しく仕事ができるという期待もあるでしょう。

さらに転職情報誌を見ていれば、今の会社よりも好待遇なことした書いてないので、必ず転職は成功すると思っているはずです。

しかしどの会社でも、何もかも良いことばかりある訳ではありませんよね。

転職サイトの情報を鵜呑みにしたばったかりに、実際には違った待遇になっているかもしれません。会社の状況によっては業績が悪ければ、前の会社よりも福利厚生が悪い可能性もあります。

人間関係もゼロからスタートですが、だからといって良好な関係が築ける保証はありません。あなたが転職後に抱いていたイメージと、実際に転職してからの実態が、あまりにも違い過ぎると後悔してしまうでしょう。

転職をする時は夢や希望も確かに持っているでしょう。しかし実際は大変なことが多く、前の会社と同じような辛さが待っている可能性は高いです。

自分のレベルが上がらなければ、同じようなレベルの会社に転職するので、大幅に変わることはないでしょう。

環境が変わったことで気分をリセットできますが、実際に働き始めて悪い部分が見えてくると、前の会社と比べてしまいますよね。

会社に慣れていない状況なので、余計辛く感じることが多いでしょう。良いイメージを持って転職する事は良いことですが、自分にとってマイナスになる部分もあることを理解してから転職をしましょう。

予想していなかったことが起きると、余計に転職を後悔することになってしまいます。

まとめ

転職しなきゃよかったと後悔する人の特徴を紹介しました。

新たな会社へ行くことは期待や希望もありますが、同時に不安も大きいものです。良いイメージだけで転職したり、前の会社と比べてしまうと、後で後悔することになるでしょう。

転職する時には後で後悔しないように、じっくり考えて心を決めてから転職しましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

人気記事!

ページ上部へ戻る