転職で学歴より重要視されるポイント3つ

48519de3319550f80c4805cda68a3030_s

高学歴の方は特に、就職活動の際に学歴を武器に活動していたところもあったのではないでしょうか?もちおん、それは素晴らしいことです。

学生時代に頑張った証が、就職活動に活かされたわけですから誇らしいことなのですが、転職活動となると、実は学歴以外のものを重要視しているパターンも少なくありません。

では、実際に転職者が見られる、学歴よりも重要視されるポイントとは一体何なのでしょうか?

最も多い、代表的な3つを紹介させていただきます。

①キャリアやスキル

まずは、今のあなた自身のキャリアやスキルがどれだけあるか、ということを重要視されます。

要は、あなたが即戦力になる可能性があるか、将来性があるかを見られているわけですね。

あなたが元々持っている素質という部分よりも、あなたが社会人になってから今に至るまでに、どれだけのことを身に着けてきたのか、そしてそれを目に見える形で見せることが出来るか、ということです。

あなたが社会人になってから身に着けたスキルが、どれだけのことなのか、まずは他社の方や、他業界の方でもわかるような言葉で説明・アピールできるように準備しておきましょう。

さらに、それが目に見える形であれば尚更アピールポイントになり、面接官の印象に残りやすくなります。

例えば、何かしらの資格を実際に取得している、免許を持っている、もしくはそのような公的なものが無い場合は、具体的な数字、収益の上昇率などでもいいでしょう。

そして、中途採用の場合は特に、入社してすぐに即戦力になってほしいと考えているケースもあるため、企業が求めるスキルを持っているのかどうかを見られます。

これらは、あなたの今(転職前)の就業期間が長ければ長い程、求められるものは大きくなります。

これは当然のことですが、勤めてきた期間が長い分、習得してきたスキルも多いはず、という考えのもと、ハードルも自然と高くなります。

自分の経歴に相応もしくは、出来ればそれ以上のアピールできるよう、事前にしっかりと考えておきましょう。

②すぐ辞めてしまわないか

あなたは、転職活動をしているということは、一度就職をした会社を辞めて新しい会社に入ろうとしていますよね。

転職活動先の面接官は、「うちの会社に入社しても、結局また何かしらの理由ですぐに辞めて転職してしまうのではないか?」という疑念があります。

そのために、あなたはまず、自分の転職する理由をしっかりと自分の中で整理し、転職活動に妥当性を持たせなければなりません。

極端な話ですが、あなたが面接官だったとしたら、「今の仕事はつまらないから。」という理由で転職活動している人を、あなたは採用しますか?

あなたは転職活動をしている理由をしっかりと前向きに、考え抜いたうえでのスキルアップのための転職活動であるということをアピールすることが大切です。

この質問は、「一度入社した会社を途中で辞めてしまっている」というマイナス的な要素を打ち消すための絶好のチャンスです。

簡単に仕事を辞めて、上手くいかないからって次々に会社を転々としようとしているわけではないということをしっかりアピールできる場でもあります。

そのため、いかに転職理由を前向きに言えるかどうか、そしてその反省を次の会社ではどう生かしていくのかということを自分の言葉で伝えられるようにしておきましょう。

簡単に言えば、新しく入った会社でも同じことにならないようにどう努力するつもりなのか、同じことになってしまった場合に、また転職活動をするのではなく、どう対処するつもりなのか、ということをしっかりと考えてみましょう。

③熱意がどれほどあるのか

転職先の仕事への熱意がどれだけあるか?これは、あなたと会社の相性もはかられています。

面接の場合、志望動機は必ず聞かれることでしょう。その際、あなたの新しい仕事への熱意がどれだけあるのか、を見られることになります。

ただ「頑張ります!」だけではもちろん通用しません。

その「頑張る」という意気込みの中に、どれだけ具体的なキャリアビジョンが出来上がっているのかも見ています。

「~を目指して頑張ります!」などと大雑把に熱意をアピールするのではなく、より具体的に自分がいつごろまでにどのようになりたいのか、どのようなスキルを身に着けたいのか、そのためにはどう過ごすべきなのかをしっかり分析し、自分の話に一貫性を持たせることも必要です。

さらに、そのビジョンと会社を照らし合わせ、自分がそのキャリアビジョンで成長していくことで、会社にどのような利益をもたらすことが出来るのかを説得的にアピールしましょう。

さらに面接官は、それらのあなたのビジョンや思考と、会社の思考がマッチしているかどうか、会社の方向性とも照らし合わせて相性を見ています。

どんなに熱意を持っていても、会社の意向とあなたの考えがあまりにもかけ離れていては続かない可能性が高く、またすぐに辞めてしまうのではないか…というリスクがあるからです。

まとめ

いかがでしょうか?

転職活動で求められたり、見られたりするものというのは、新卒採用の時とは全く異なります。

そのため、あなた自身がアピールすることも、新卒採用の時と同じでは上手くいきません。

自分自身が培ってきたスキルや、様々な経験からの反省点を今後どのように生かしていくかというキャリアビジョンをしっかり持ち、転職活動に挑みましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る