外来クラークから不動産事務へ転職【25歳 女性】

【転職理由:派閥やらの人間関係に嫌気が差したため】

新卒で大学病院へ就職したものの、配属された外来のその科は教授の入れ替わりがあった年で、前教授と現教授の派閥に従業員、患者もろとも巻き込まれました。

いわゆる白い巨塔のような状態で、医者としての能力は素晴らしいのだろうが、夢を持って入社した私にとってはくだらない人間関係に思えました。

従業員はまだしも、診察日が変更になったり、担当医が変更になることで患者さんまで悲しい思いをしているのを目の当たりにし、その思いを何年も引きずっている患者さんもいました。

それを都度フォローする自分に嫌気がさし、患者さんへ感情移入してしまう自分がおかしいのか?とも思いました。

当時付き合っていた彼氏から、「それは私の良いところで、自分が非難するようなことじゃない。患者さんを思うから病院で勤務しているんだろうが、自分が壊れてしまうなら一度医療業界から離れて他の世界を見てみたらどうか」とアドバイスをもらいました。

それをきっかけに古い体質ではない一般企業へ転職することを決意しました。

私は転職先を決める前に退職しました。退職してからは、とらばーゆに登録し、様々な一般企業の事務職へ履歴書を送りました。

事務職を選んだのは、学生の頃から秘書検定や事務関係の資格を多く取っていたため、それを活かしていきたいと思ったからです。最初は何社も履歴書で不合格となり、自信を失くしていたところ、1社だけ美容業界で面接が決まりました。

面接官は男性だったのですが、初めに言われたことは「写真とずいぶん違うね。実物の方が何倍も良いよ。別人かと思った。」と、容姿について褒めていただいたことで気づきました。

私が履歴書に張り付けて送っていたのは、就職活動で使っていた化粧も薄く、黒髪を後ろに束ねたとても地味な写真でした。これでは、似た能力、年齢、将来性の誰かが応募していたら、明るい雰囲気の私ではない方に話しを聞きたいだろう、と思いました。

良くも悪くも、見た目は重要だとはっきり気づいたのです。

それから、髪を束ねると老けて見えるので肩ギリギリにカットしお嬢さんらしく内巻きにして、束ねず済むように調整。メイクは普段より濃いめで写真を撮り、何社か履歴書を送りました。

驚くことにほどんどが面接まで進みました。第一希望の面接当日はナチュラルメイクをし、行動的に見えることを意識し、リクルートスーツではなく黒のジャケットにパンツスタイルで、髪は耳にかけ清潔感を保ち臨みました。

面接官は女性でしたが、後から聞くと第一印象がとても良かったとのことでした。トントン拍子にその日のうちに内定をもらいました。

人は外見ではないと思いますが、自分の良さが伝わらないと何においても損をすることを学んだ転職活動でした。

外見はその人を表す手段のひとつなので、より良く見えるように色んな角度から自分と向き合い、長所も短所も受け入れ、相手からも受け入れられるように自分を作っていく。それも大人になることだと身をもって体験しました。

それから経験を積んで、人事課で採用担当を任せてもらった経験上のお話しになります。まず、働いていて自分らしくないと思ったら、それ以上自分がわからなくなる前に転職することをおすすめします。

自分を見失ってしまうと、正常な判断ができなくなり、能力の半分以下に。また人としての自分の良さに気づきづらくなります。

また、かなしいかな女性は特に外見が重要視される企業もあります。

そこが良い企業なのかは置いておいて、男性がいる限り、素敵な人と仕事をしたいと思うのは人間の正直なところなので、どんな企業でも一目で印象に残るぞ!と気合いを入れて、自分の素敵なところをアピールしていきましょう!

女性性だけを考えて派手なメイクや服装は考え物ですが、企業にあった雰囲気をまとうことも、事前の企業調べにつながります。

また女性らしい優しい笑顔と丁寧な物腰などの所作も忘れずに。緊張してガチガチの笑顔より、面接官も話しやすくなりより好印象を与えますよ。

身だしなみを整えるとは奥が深いもので、言葉通りに衣類のシワをとるだとか、靴を磨くということだけではなく、自分の全てを受け入れてもらえるように、相手に不快感を与えないためのエチケットでもあると思います。

こういうアドバイスはあまりないと思いますが、色んな意味での外見(振る舞い含む)も、その人の生き方を表しており、そこも見られているので包み隠さずお話しさせていただきました。

清潔感やさわやかさを意識した外見は、誰からも好印象をもたれますし、生まれ持ったものではなく誰にでもできることなので手を抜かずに行っていただきたいと思います。

転職活動から得た私の経験が少しでも参考になれば幸いです。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

[email protected]とお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る