外資系企業へ転職したいけど、英語の壁が高くて・・・

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s

外資系企業へ転職したいけど、英語の壁が高くて・・・

このように悩むときってありますよね

では、あなたと同じように、
外資系企業へ転職したいけど英語の壁が高くて・・・と悩んでいた方は、
どのようにしてその悩みを解決したのでしょうか?

ご紹介します

へいきちさん、男性、システムエンジニア、10年目

大学の理工学部を卒業して国内のあるIT企業に勤めていましたが、転職を決意する前の3年間ほど自分のやりたい仕事をなかなかやらせてもらえずに悶々とした日々を送っていました。

30歳を越えて転職するなら最後のチャンスだと思い自分のやりたい仕事ができそうな会社を色々探してみました。

あるときインターネットの転職サイトでこれだという仕事を見つけたのですが、その会社は外資系で応募要項にビジネス英会話に支障がないことが条件でした。

具体的には海外にある本社とテレビ会議をしたり、メールなど連絡事項は全て英語だということでした。

TOEICで何点以上とか、そこまで厳しい条件はなかったのですがどちらかというと英語が苦手な私にとってこれは大きな難問でした。

英語で書かれた資料や文献を読むことはしょっちゅうだったので、それほど苦手意識はなかったのですが、外国人などと面と向かって会話する機会がほとんどなかったのでかなり心配になってしまいました。

その外資系企業の募集期間が割と長くて3か月ほどの猶予がありました。

勿論その間に飛躍的に英語力が上がるなどとは思っていませんでしたが、とりあえず簡単な挨拶や日常会話など最低限のことはやってみようと思い、英会話の練習を始めました。

しかし、毎日の仕事が忙しくて英会話教室などに通う暇がなかったので本当にこんなのでいいのかと毎日自問自答していました。

こんなことなら学生時代や就職した後ででもちょっとづつ英語の勉強をしておくべきだったと後悔しました。

テレビの英会話の番組を録画して繰り返し見たり、インターネットで探した英会話関連の動画を見たりそんな程度しかできませんでしたが、とにかくその会社へは応募することだけはあきらめていませんでした。

英語に関してはこんな具合でしたが、仕事の技術的な内容についてはそこそこの自信があったので後は熱意でなんとかするしかないと思っていました。

結局書類審査が受かり、面接まで漕ぎつけました。そこで面接官に言われたのが、あなたの技術力を高く評価します。

英語の方は入社してからでも十分にスキルを上げることができるでしょう。なので安心して入社して下さい。とのことでした。

英語がビジネスの必須な要素となってきていますが、英語が苦手な人もとりあえずチャレンジすることをお勧めします。

自分の得意分野や根本的な技術力があれば、その他は後からついて来るものではないでしょうか。

しかし、少しでも関わりがある可能性があるならやっぱり英語は少しずつでもやっておいた方がいいと思います。

へいきちさんは、技術力を評価され外資系に転職できたようですね

ご参考にしてください

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、今の仕事を辞める前に転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る