転職はどうやってやる?転職が初めてのあなたへのアドバイス3つ

c25d236957213de914479e0a45ba1ac1_s

いざ、転職しようと決意をしても、初めての転職活動の場合は、何から手を付けたらいいのか分からないですよね。

いきなり転職サイトに応募して、求人サイトを見ても、今は転職を受け入れる企業も沢山増えていて、業種も様々なので正直どこにエントリーすればいいかすら分からないこともあるでしょう。

まずは、あなたが転職を決意した時にするべき3つのことを紹介させていただきます。

①転職の目的を明確にし、転職先を見誤らないようにする

これから、少なくとも数か月という長い転職活動があなたを待っています。もちろん、上手くいくときばかりではありません。

なかなか転職活動が軌道に乗らないと、「もう入れてくれる会社ならどこでもいいかな・・・」なんて諦めモードになってしまい、本来の転職の目的を見失い、また自分に合わない企業に入ってしまうというリスクがあります。

まずは、転職を決めた理由をリストアップしましょう。

例えば、「給与が少ない」「休みが無い」「人間関係が粗悪」など人それぞれ理由があることでしょう。その理由をリストアップし、その経験を踏まえて次はどんな会社に就きたいのかを考えましょう。

これは、自分の今抱えている会社に対する不満や悩みと、今後自分がどうステップアップしたいのかをしっかり考えることにつながり、自分の将来のキャリアビジョンを持つという効果もあります。

例えば、今の給与が少なすぎることに不満があるので、今よりも年収が多いと約束されている企業に転職しようと思う、ただそれだけで企業を選んでしまうと、実は新しい会社はその時点での年収は今より上でも、昇給制度がしっかりしておらず、生涯ほぼその年収で雇用されることになってしまった。

前の会社なら、5年もすれば年収は上がっていたはず、結局、生涯年収で考えるとぐんと下がってしまった、等という失敗例が多く見られます。

こういった目先のことで転職先を見誤らないよう、冷静に分析することで、本来の目的をしっかりと達成できる転職活動をすることが出来ます。

②具体的な転職活動の計画を立てる

目的が明確になれば、次は転職活動の計画を立てましょう。

転職活動の簡単な流れは、ざっくりと言えば「計画を立てる⇒情報収集・募集を見る⇒エントリーする⇒面接など⇒入社」という流れになります。

この転職活動の終了するまでの期間は、本当に人それぞれですが、少なくとも数か月はかかると覚悟しておかなければなりません。

まず、今働いている会社を辞めるのかどうか、です。辞めずに転職活動をする一番のメリットは、転職活動中も収入があることです。

逆に一番のデメリットは、企業説明会や転職コンサルタントとの打ち合わせなど、現業がある中での活動に絞られるため、なかなか体力的にも精神的にも疲れてしまうことが挙げられます。

それでは、今働いている会社を辞めてしまってから転職活動する場合についてですが、この場合の一番のメリットは、転職活動に専念でき、自由に動きやすいということです。

沢山の企業に足を運ぶことが出来れば選択肢はさらに広がり、より理想に近い会社に入ることへの近道にもなるでしょう。

ただし、デメリットとしてはその間、基本的に収入が無くなってしまうことです。

そのお金の工面はどうするのか、転職活動期間生きていけるほどの貯金は出来ているのか、また、養っている家族がいる場合は、説得することが出来るかといった問題点が挙げられます。

それぞれメリット・デメリットはありますが、この計画をしっかり立てておかないと、漠然とそろそろ転職先が決まってもいいのにな・・・と憂鬱な気分で転職活動を続けてしまい、結果、フリーター期間が長くなってしまいさらに転職に不利になってしまうこともあります。

まずは、前もって無理のない転職活動中の計画を立てましょう。

③資格取得は面接で有利になる

もし、あなたが再就職したい業種がもう確定しているのであれば、その業種に有利な資格取得に努めることをおススメします。

これは、実際に働くときにその知識が役に立ち、即戦力になれることが期待できます。

それだけでなく、エントリーした企業との面接などでも、実際にその企業で働くために、資格取得をしたという事実は、スキルの証明や、あなたの熱意を見てもらえる絶好ポイントとなります。

資格を取得し、ある程度その業種の仕事内容や必要な知識を前もって入れておくことで、あなたが企業に入ってからスムーズに実務に取り掛かることが出来るようになります。

資格を持っているということは、スキルがあることを目に見える形で一番説得的に他人に伝えられる方法ですので、ぜひ挑戦することをおススメします。

もし、これといった業種もまだ決まっていないけど、何か資格を取りたいという場合は、TOIECの受験や、MOSの資格取得をおススメします。

MOSとは、「マイクロオフィススペシャリスト」のことで、要はマイクロオフィスのソフトである、エクセルやワード、パワーポイントをしっかり使いこなせるという証明になる資格です。

殆どの企業がマイクロオフィスのソフトを使って業務をしているでしょうから、持っていて損はありませんし、結果的に選んだ業種によっては、即戦力になり大変有利に動くことになります。

まとめ

いかがでしょうか?

転職活動は、踏み切るまでもなかなか頭を悩ましてしまうと思いますが、いざ、転職活動をする!と決めたあとも、その時々で悩みは尽きないものです。

でも、決して当初の目的からぶれることなく、あなたがあなたらしく働ける場所を見つけられるよう上記のことをまず試してみてください。

納得のいく転職活動が出来るように、応援しています。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る