手取り15万の正社員は絶対に転職して豊かな生活を手に入れるべき

手取り15万円。

この金額、一体どのような印象を受けるでしょうか?

入社したてホヤホヤの新入社員の給与であれば、手取り15万円というのは決して安すぎる金額ではありません。

新卒入社であれば、スタート時の手取りが15万円なんていうのは普通だからです。

ではその状態が20代後半、30代まで続くようであれば・・・?手取り15万円というのは、非常に厳しい金額と言えるでしょう。

独身、親と同居であればまだ生活できるかもしれませんが、結婚、子育てをしなければならない状況であれば、手取り15万円という金額は少なすぎます。

まず、安定した豊かな生活を送ることはできないでしょう。

断言します。もし将来結婚して家族を養いたいという願望や、結婚しなくても生活に余裕を持ちながら豊かな生活を送りたいという願望があるのであれば、絶対に転職すべきです。

若いうちは手取り15万円で生活ができていたとしても、このような願望があるのであれば、それは絶対に実現不可能です。

厳しいようですが、手取り15万円生活というのは永遠には続けることはできないのです。絶対に転職して、手取りアップを図る必要があるのです。

そこで今回は、手取り15万円でもなかなか転職に踏み切れない人必見。手取り15万の正社員は絶対に転職しなければいけない理由についてお話していきます。

①手取り15万が転職しなければいけない理由

冒頭も申し上げましたが、正社員で手取り15万の状況が続くようであれば、将来的に結婚・子育て、安定した生活を送ることはできません。

これが、手取り15万が転職しなければならない理由です。

ではなぜ手取り15万ではそのような事態に陥ってしまうのでしょうか?また具体的にはどのような状況になってしまうのでしょうか?

これより一つ一つを紹介していきますので、手取り15万の実態をイメージしていきましょう。

①-1.貯金が貯まらない

先ず手取り15万が転職しなければいけない理由の一つに、「貯金が貯まらない」ということが挙げられます。それも一人暮らしの場合は絶対に。

一人暮らしの場合、当然ですが生活に関わる全てが100%自己負担になりますよね?家賃、光熱費、食費等々、何から何まで自分で支払わなければなりません。

仮に家賃7万円のマンションに一人で住んでいた場合。先ず給料15万のうちの約半分を家賃として持っていかれてしまうわけです。

さらにそこから光熱費、食費等々が引かれていくわけですから、結局手元に残るお金というのはごくわずか、もしくは全く残りません。

酷い場合はマイナスになる可能性だってあるでしょう。

毎月マイナス1万円が続いたとすると、1年でざっと12万円のマイナス。2年、3年と続けば、24万円、36万円とマイナスの額はどんどん膨れ上がっていきます。

最初は学生時代からの貯金があったとしても、その貯金はいつまでもつかわかりませんよね?

どんどん酷い状況になっていってしまうのが容易に想像できると思います。

また奨学金制度を利用した人なんていうのはさらに危険。生活費に加えて、学費の支払いが始まるわけですので、さらに出て行く額が増えていくのです。

手取り15万生活が続けば、どんなに切り詰めた生活をしても貯金は思うように貯めていくことはできないのです。

①-2.車が買えない

次に挙げるものとしては、「車」があります。

先ほど述べたように貯金が貯まらない状況に陥るわけですから、なかなか車を買うだけのお金を用意することができないのです。

現在、車の購入時には様々な購入オプションが用意しており、一括払いでなくても購入することはできるようになっています。

マイカーローン等がそうですね。しかし当たり前ですが、誰でもローンが組めるというわけではありません。

きちんと与信審査を受けた上で、審査に通った場合のみローンは組めるわけです。

ゆえに、預金高が少なかったり、収入が少なかったり、また信用ランクの低い企業に勤めていたりすると、審査に通らない可能性が出てくるのです。

銀行や車を売る側の立場に立って考えてみましょう。

手取り15万円、預金なしの人に何百万円ものお金を安心して貸すことはできるでしょうか?なかなか難しいですよね?

手取り15万ということは年間で225万円の手取りということ。

したがい、手取りと同じくらい、もしくは手取り以上の額の車の購入資金を貸してほしいというのは、貸す側からすればかなりの高リスク案件です。

自分の気に入った車を買うことができないという状況はなんとも辛いもの。手取り15万は車の購入にも響いてくるのです。

①-3.結婚できない

3つ目は、「結婚」です。

手取りが少ない、貯金も少ない、欲しいものも簡単に買うことができない、そんな状況が続けば当然パートナーも結婚には踏み切れませんよね?

これは男性なら特にです。現在は多くの女性が男性同様、正社員として働いてはおりますが、それでも結婚や出産を機に家庭に入る人は非常に多いもの。

また結婚、出産後も働き続けていたとしても、男性に比べて給与が低い環境で働いている女性が多いのも事実です。

したがい、女性としては自ずから安定した収入や将来性のある人をパートナーに選びたくなるものです。

若い頃や、結婚をまだ意識しなくても良かった頃は、ルックスや性格の一致だけでを考えれば、相手には困らなかったかもしれません。

しかし、結婚を意識したらルックスや性格の一致だけでは当然NG。将来の生活を意識した上で多くの女性はパートナー探しをしてきますので、手取り15万という状況はかなり不利な状況になってしまいます。

結婚を望んでいるのであれば、確実に手取り15万からの脱却はマストです。

②転職するときのポイント

これまで貯金、車、結婚を例に挙げ、手取り15万が転職をしなければならない理由を述べました。これらを聞いて、改めて手取り15万という状況が、いかに厳しいものかということを再確認できたはずです。

では、転職の必要があるとは分かっても、どのようにして転職を進めれば良いと思いますか?効率的に転職を進められる方法はどのようなものがあると思いますか?

当然、闇雲に転職をするのはNG。そこで、手取り15万からの脱却を目指し転職をするときのポイントについてお話します。

②-1.転職するなら30歳まで

転職をするタイミング。それはいつでもOKというわけではありません。転職にはするべきベストなタイミングというものがあり、決して遅すぎてはNGなのです。

「転職するなら30歳まで」、このことを是非頭に入れておいて下さい。それはなぜか?

シンプルですが、手取り15万の時期をなるべく早く終わらせたいからです。例えば、一人暮らしで手取り15万生活を新卒入社の22歳~30歳まで続けた場合。

先ほども申し上げたとおり、十分に貯金をすることはできず、貯金はできてもごくわずかです。ゼロかマイナスの状態になることも考えられます。

もしマイナスの場合、年間約12万円のマイナスが出ているのであれば、ざっと約100万円ほどのマイナスが出ることになります。

貯金を切り崩した生活を余儀なくされたり、もしくはやむを得ず借金をすることになったりする可能性だってあります。もうお分かりですね?

なるべく早めに転職することで、その苦しい状況から抜け出すことが可能になるわけなのです。

結婚を意識しているのであれば尚更。30歳過ぎても未だ貯金ゼロという状況は、パートナーには不安要素でしかありません。

それなりの収入を得て、貯金もでき、安定した生活ができるような状態にしておかなければ、結婚も難しくなってしまいます。

また転職のタイミングとしても、30歳までという年齢はまだまだ若くてエネルギッシュ。まだまだ若手から中堅レベルであっても、仕事にも慣れ、様々な知識を身につけた状態となっているため、企業にとっても非常に魅力的に映るでしょう。

一方で30歳半ば頃になっての転職となると、より高度な知識、能力、そして前職時代の結果等を、30歳未満の人以上に厳しく求められることになります。

企業によっては、「この歳で手取り15万円ということは何かこの人自身に問題があるのでは?」とマイナスに取られてしまう可能性だって否めません。

本来なら何かしらの役職が就いていてもおかしくない年齢にまできてしまうと、企業から不審な目で見られてしまう可能性が高くなってしまうのです。

状況が悪くなってしまえば、転職は不利。ゆえに、転職をするのであれば30歳までということをきちんと覚えておきましょう。

②-2.地方なら都会に出るのも選択肢

そもそも現実問題として、地方と都会とでは賃金格差があります。

土地や物の値段が都会の方が高かったり、大企業が集まっていたりということもあり、どうしても賃金格差が生じているのが実態です。

したがい、もし現在手取り15万の要因の一つに地方ということが考えられるなら、「都会に出るのも選択肢」です。正社員ではなく、アルバイトだってそうですよね?

都会の人が集まる場所というのは、時給が高いです。また仕事だって様々なものがあり、選択肢が多いですよね?

もし現在地方にいるのであれば、都会で仕事探しをするのは良い方法なのです。

仮に手取りが希望する額に届かないものであっても、大企業であれば、福利厚生がしっかりしていて、様々な手当てを受けられるものだってあります。

社宅の完備や住宅補助、各種お祝い金等を大手企業の場合は多数揃えています。

今まで残業をしてももはやサービス残業状態であったのであれば、都会の大手企業に入ればそのようなことはほぼありません。

過労死問題やコンプライアンス違反に対して、現在、大手企業は中小企業以上に特に厳しい目でチェックをされています。

したがい、基本給が仮に希望額に届かなくても、頑張って働いた分はしっかり支給してくれますし、福利厚生でサポートをしてくれるところは都会の大企業の場合はほとんどです。

是非、選択肢として考えてみましょう。

②-3.転職エージェントを利用する

そもそも手取り15万の状況に陥ってしまった原因を考えた際、自身の就活の仕方に問題があったのではと感じる人も実際多いのでは?

皆が皆手取り15万の会社に入りたいと思って入ったのではないはずです。手取り額は多ければ多いほど良いと考えるのが普通ですし、就活に失敗して結果的に手取り15万の会社に入ってしまったという人がほとんどでしょう。

もし失敗の原因や、次の就活の対策に関してはバッチリというのであれば構いませんが、少しでも不安があるのであれば必ず一人では転職を進めないでください。

と言いますのも、また同じような失敗を繰り返し、転職に失敗する可能性が高いからです。

転職に関して少しでも不安があるのであれば、必ず1人で進めず専門家に相談するようにして欲しいのです。「転職エージェントを利用する」というのは、そういう意味では非常に大切な方法なのです。

転職エージェントとは、自身の転職活動を一緒になって進めてくれる強力な助っ人。

自身に合った企業を紹介してくれたり、そのまま選考に進めるように手配をしてくれたりと、かなり至れり尽くせりなのです。

自分で頑張って面接まで漕ぎ着けようとしても、なかなか面接にまでたどり着けなかったなんて人にはまさにもってこいですよね?

プロの目で選んでくれ、更にプロが自身の転職を導いてくれるため、失敗するリスクを最大限に減らすことが可能なのです。

先ほどより申し上げているように、早く手取り15万から脱却することが何よりも大切。したがい、効率的に進めるためにも不安要素がある場合は、必ず一人で進めるようなことは辞めましょう。

転職エージェントという専門家の力を利用して進めていくことが、スムーズ且つ失敗のない転職の方法なのです。

まとめ

新入社員であれば普通の額でも、入社して何年も経つのにいつまで経っても手取り15万というのは非常に辛いもの。

手取り15万での生活というのは、ぎりぎりでの生活を強いられるだけでなく、将来的にもネガティブなものしか残りません。

安定した豊かな生活を送るためにも、結婚後家族を養っていくためにも、余裕の持てるレベルの収入は必ず必要になります。

正社員で手取り15万であれば、絶対に転職すべきなのです。

今回、手取り15万の人が転職すべき理由、そして転職活動をするうえでのポイントについて述べました。

もし現在正社員で手取り15万で悩んでいるのであれば、是非参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る