手取り12万で家賃6万が無謀な理由3つ

アパートやマンションなどの賃貸住宅に住んでいる人は、生活費の中で家賃の占める割合が大きいと感じているはずですよね。家賃は給料の3割ぐらいにおさえるのが理想とされていますが、なかなか上手くいかないものです。

例えば手取り12万で家賃6万だった場合、これはもう無謀としか言いようがありません。

この手取り額は、家賃を引いたら残り6万円になります。6万円あれば一見何とかなりそうな気もしますが、よく計算してみるとやはり無謀だとわかります。では、どこがどう無謀なのか、手取り12万で家賃6万が無謀な3つの理由を挙げてみましょう。

①水道光熱費や通信費などが払えなくなる

手取り12万で家賃6万なら残りは6万円ですが、このうち水道光熱費や通信費などを払わないといけないです。

特にライフラインに直結するような電気、ガス、水道は必須です。電気やガスや水道が使えなければ、満足に生活することはできません。リビングでテレビを観ることもできなければ、本を読むこともできないです。

また、ガスコンロを使って料理をすることや、お風呂にも入れなくなってしまいますね。それではとてもではありませんがまともな生活にはならないので、絶対に払わなければいけないです。

電気やガスや水道はどんなに節約しても、すべて合わせると1万円はかかってしまうでしょう。

そして、さらに通信費の支払いがあります。主にスマホや携帯電話、さらにパソコンのネットもあります。これらも合わせれば、2万円ぐらいはいってしまう可能性があります。

そうなると残りは3万円となりますので、かなり無謀な生活をしないといけなくなります。

冠婚葬祭など急な出費があればもうアウト、苦し紛れにキャッシングやカードローンを利用しても収入が手取り12万円ではいつまで経っても返済できないです。

これでは、ずっとお金に苦しめられる生活をすることになってしまいます。手取り12万では厳しいので手取りを15万円ぐらいにするか、手取りはそのままで引越して家賃を下げることを検討したほうが良さそうですね。

②好きにお金を使うことがまったくできなくなる

仮に節約に節約を重ねて何とか生き延びられる生活ができたとしても、それだけで好きにお金を使うことがまったくできなくなってしまいますね。

人間は欲深い生き物ですから、お金があればあったで使ってしまうだけかもしれません。しかし、手取り12万で家賃6万では、本当に生きていくだけで終わってしまいます。

しかも、食事の内容すらだいたい決まってしまいます。食費にお金をかけられない以上、安い食材を限定して買うしかありません。また、料理をしないで弁当や総菜を買うにしても、結局は安さにこだわった食事になってしまいますね。

さらに、たとえ服がいたんできたとしても新しい服は買えないですし、バスタオルもずっとゴワゴワのまま使わざるを得ません。

家電が故障しても買い替えはできないですから使うこと自体を諦めなければいけないですし、誰かとどこかへ出かけるのも難しくなってしまいます。

それで楽しい人生と言えるでしょうか?言えませんよね。贅沢はしないまでも自分が好きにお金を使えないのは、苦痛でしかありません。

その気持ちをバネにし、手取りをもっと増やすことを考えましょう。場合によっては転職を検討することも、視野に入れておかないといけないですね。

③急な出費に対応できない

 生きていれば、いろいろなことがあります。その中で、出費を要することは多々あります。急な冠婚葬祭、あるいは病気やケガをして病院で治療してもらわなければいけないこともあるでしょう。

また、どうしても必要な家電が故障したり、靴がボロボロになってしまえば無理をしてでも買い替えないといけないです。

それらは前もってわかる出費ではなく、急な出費です。手取りが少なくて家賃がそこそこ高いと手元に余るお金がとても少なくなってしまうので、急な出費に対応ができなくなってしまいますね。

そして、何の準備もしていないので、どうしても慌てて正しい判断ができなくなってしまうんですよ。それではさらなる不運を呼び込んでしまいかねません。

そんな事態に陥らないようにするためには、せめて毎月ある程度は貯金できるぐらいの手取りでなければいけないですし、手取りに合った家賃の賃貸住宅に住むよう心がけないといけないですよね。

まとめ

節約を心がけた日常生活を送ることはとても大事ですが、だからといって手取り12万で家賃6万では無謀としか言いようがありません。

これでは家賃が手取りの5割を占めていますので、家賃以外に使えるお金が少な過ぎます。家賃以外に使えるお金が少ないと払わなければいけない支払いができなくなったり、急な出費に対応できません。

また、自分の好きなことにお金を使うなどもってのほかになってしまいますね。

解決策は2つで、手取りを多くするか家賃の安い場所へ引越すかです。手取り12万で家賃6万は無謀だという事実を受け止め、そうならないような就職と賃貸住宅探しをすることが大切ですね。 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る