人間関係でストレスを抱えているときの対処法5つ

2f9665c18705a5b6986e13e6b180cfc0_s

仕事をする上で人間関係を良好に保つことは非常に難しいことですよね。

気のおける友人同士なら言いたいこともなんでも言えるのに、社会の中では言いたいこともなかなか言えず遠慮してしまったり、周りの視線を気にしてしまったり、どうしても性格的に合わない人がいたり、社会というのは本当に様々な人の集まりであり自ら好きな関係を選ぶこともできません。

良好な関係を築くために、自分の仕事をやりやすくするために多少なりとも努力が必要ですが、なかなかうまくいくことばかりでもありません。

私も、毎回人間関係に悩み、疲れ、仕事をやめたいと思う時が何度もありました。そんなとき私がいつも考える、仕事をする上での職場での人間関係の築き方、そして自分が仕事をしやすい環境を作るための考え方をお教えしたいと思います。

①周りの目を気にしない、自分は自分だと考える

私たちは、社会というひとつの共同体に所属しています。その社会の延長上に会社という共同体があり、それぞれがそこに所属しています。

会社に所属していると、その中のルールや人間関係に自然と縛られるようになります。そうしたルールや人間関係の中で、良好な関係を築くことはとても大切なことであり、いち社会人として人と協調して生きていくことはとても重要です。

しかし、周りの意見や態度を気にするばかり、自分の意見が言えなくなってしまう、この人にこれを言ったら嫌われてしまうかもしれない、などとその中での人間関係を知るにつれなんとか自分がうまくやっていこうと、本来自分が持っている意見や思いを我慢してまで良好な関係を保ったり作ろうとしたりする人がいます。

ただ、それをすることに自分が満足し納得していれば問題がないことなのですが(そういう人は心が広いということでしょう)、なかなかそううまくはいきません。

心の中でどうしても我慢してしまった、言いたかったのに相手を優先してしまった、などと少しずつフラストレーションがたまっていきます。

相手は相手で、我慢していることも知らずにこの人はこういう人なのだとイメージを持たれてしまうので、いつでも我慢、相手を優先させなければならない関係が出来ていってしまいます。

これでは自分自身がつぶれるだけですね。もしこういう関係であなたが今悩んでしまっているならば、一歩引いてみてください。一歩その場から引いた立場で今の人間関係をのぞいてみましょう。

客観的に。あなたは人の意見や視線ばかりを気にしていませんか?自分の意見をはっきり言えないでいませんか?

確かに、人の意見を取り入れることは大切です。自分には持ってないアイデアをくれたり、新しい発見があるので良い勉強にもなりますが、自分が言いたいことも言えずにいるのはこれから先の仕事でも、ずっとこの関係が続いてしまうのです。

ではどうすればいいかと言えば、とにかく周りの目を気にしないことです。世の中には、自分を好きになってくれる人もいれば嫌いになる人もいます。

全員から分け隔てなく好かれている人なんて1人だっていません。嫌われる人には嫌われます。

では、その嫌われる人から好かれる努力をし、自ら望まないことにも精を出すのか、もしくは好かれている人と良好な関係を築き続けるのか、どちらが自分に良いことだとおもいますか?答えは言われなくてもわかりますよね。

②仕事とプライベートをわける

あなたは帰宅しても仕事のことを考えていませんか?人間関係や仕事のことで悩んだり、仕事が終了してもいつまでもダラダラと考えごとをしているのではないでしょうか。

それは今すぐやめましょう!もちろん、仕事が忙しくて、次から次へと予定を立てないといけない状況なら話は別です。仕事に対するマイナスな感情がプライベートに影響を及ぼしてはいけません。

そうならないためにも、仕事が終わったらあとは自分の時間だと考えて、他のことを考えてみましょう。きっちり仕事とプライベートを分けることによって気持ちの切り替えもできるようになります。

どんなに悩んでも、就業時間がすぎたら、おしまい。そのことは忘れてしまう、そしてプライベートを充実させる。

これをすると、職場の人間関係がいかに仕事だけの付き合いなのかに気付くことができますし、気持ちを割り切ることができるようになります。

③自分のこれまでの仕事の仕方や人との関わり方を振り返る

もしあなたが、職場の人に何か嫌がらせをされたり、嫌な人と一緒に仕事をしなければならない状況であるならばそれは非常につらいことでしょう。仕事に行くことも億劫になっていると思います。

何の非もなしに嫌がらせをされたり、窮地に追い込まれたり、そんな時はもちろん然るべき所へ相談すべきことですので今すぐ解決してほしいと思いますが、もしかするとあなたはあなた自身のこれまでを振り返ることによって意外にその解決策が見つかったりするかもしれません。

あなたの仕事への姿勢や、人との関わり方を振り返ってみてこれまでで自分自身に原因があることはありませんか?

たとえばいつも不機嫌な顔をしているとか、挨拶がまともにできていなかった、などなど。周りが原因であることももちろんありますが、自分が気が付かないうちに自然に周りに対して失礼な態度や言動をしている可能性だってまったく否定できないのです。

一度あなたのこれまでの仕事への姿勢を振り返って考えてみませんか?

④愚痴を言わない派閥にはいらない

職場にいると絶対に耳にするのが愚痴です。そして愚痴や悪口を言うことによって出来上がってくるグループが、派閥です。

愚痴は、もちろん言ってストレス発散になることもありますが、人を誹謗中傷することになんの得があるのか考えてみましょう。

愚痴を言って何か解決したことはありますか?もちろん、気持ちはスッキリすると思いますがなんら解決していないのです。愚痴を言う暇があるのならもっと仕事に集中しましょう。

そして派閥に入るくらいなら思い切って単独行動したほうがましです。人のうわさや愚痴に振り回されていては、いつか自分もターゲットになるんじゃないかと周りを気にするようになりますし、なにより本当に時間のムダです。

派閥なんか入らず、自分は自分だから周りはきにしない、という強い心をもちましょう。

⑤何ごともプラスに考える

人に何か嫌味をいわれたり、いじわるなことをされたり、そんな時はそれらを無理矢理にでもプラスに転換するように考え方を変えてみませんか?

私の経験ですが、上司に散々嫌味を言われ、とてもショックでずいぶんと長い間悩みましたが、逆にそれを言われたことに対してこういう人とは合わない、こういう言い方をされると私はこう思うんだ、じゃあこの人に対してはこう付き合おう、と自分なりの答えを前向きに出す努力をしていました。

今ではそんな嫌味にも耐えられるくらい強くなりました。嫌なことをされるとショックだしとても落ち込みますが、それで落ち込んでいつまでも悩み続けるのもなんとなく悔しい感じがしませんか?

それならば、少しでもプラスにして自分の中で解決してしまえばいいのです。

これは決して簡単なことではありませんから、プラスになるよう自分自身に働きかける、という行動からまず始めてみてください。

まとめ

職場での良好な人間関係というのは、全ての人に対してできるわけではありません。

ある人とは良好になれても、また別の人とはうまくいかない、など様々な性格の人がいる限り、全ての人と良い関係を築くことなどできません。まずはそれを受け入れましょう。

もしあなたが誰とでも良好な関係を築けていたとして、それは非常に素晴らしいことと思いますが、あなたはどこかで無理をしていませんか?

良好な関係を築くために自分の意見を隠したり、我慢したりして本当の自分を見失ってしまうのは非常に危険なことです。これは、プライベートでも同じことが言えます。

長所も短所もすべてあなたの個性です。そして人はみな同じように長所と短所を持ち合わせています。どうかご自身の個性をつぶさないよう、一歩離れた場所から視線を変えて客観的に職場や自分自身の立場を見てみてください。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る