仕事中に眠いときの対処法5つ

e49f9d6448fdde93739b8da37677f011_s

あなたも勿論ですが、多くの人が経験したことがありますよね。仕事中というのは何故か眠気が襲って来ることが多いという現実があります。これにはどんな理由があるのでしょうか。

仕事中に眠いときというのはいくつかの特徴的な状態や状況があると考えることができます。その1つ1つが仕事中に眠いという状態になる要因の1つであるということもできるのです。

多くの人が仕事中に眠いときを迎えることになるのはなぜなのでしょうか。そしてそのそれぞれの要因に対しての対処法というのはどのように考えるべきなのでしょうか。

仕事中に眠いときの対処法をその要因ごとに整理してみました。私自身を含めて過去に経験してきた状況、あるいは今後経験するであろう状況を踏まえて対処法をまとめました。

仕事中に眠いときを迎えた場合にはぜひ思い出してもらって確実に、必要な対処法で改善と継続を続けていくということが重要になります。仕事中の睡魔との戦い方を身につけましょう。

①意識的に目を閉じる

意外と思う人もいるかもしれません。眠いときというのは頑張って目を開けておこうとする人が多いものです。仕事中に眠いときというのは尚更その傾向が強くなって当然だと言えます。

しかし、眠いときというのは敢えて意識的に目を閉じるということが意外な対処法となります。勿論、長時間目を閉じているとそのまま眠りに入ってしまうことになるのは言うまでもありません。

ほんの数秒間だけ意識的に目を閉じるということが大切です。あなたも経験があるはずですが、眠いときというのは瞼が重たくなり自然と目が閉じてしまうものですよね。それに必死に耐えるはずです。

この耐えるという行動、感情が余計に脳を疲労させてしまうという考え方もできます。難しい本を読んでいるときや、あまり興味の沸かない映画を見ている時に眠気が襲うのは脳が考えることを拒否するからです。

仕事中に眠いときというのもそれに近い状況だと考えられます。やりたくない仕事や難しい資料の作成などを長時間行っていると眠気が襲ってきて仕事のペースが急激にダウンすることがあります。

これも脳が考えることを拒否している状況だと言えます。睡眠というのは身体と併せて脳の休息とも言えます。しかし、仕事中に睡眠をとって脳を休ませるというのは現実的ではありません。

意識的に目を閉じるという行動は休息を取るというよりも「耐える」という1つの仕事を一時的にストップするという意味で脳の負担を減らしてあげるということです。

あなたも目にしたことがあるはずです。スポーツ選手や公演者が競技前や公園前に目を閉じて集中を高めるような行動を取っている場面を。これは一度頭をリセットして気持ちを集中させるためです。

意識的に目を閉じているときというのは何も考えないということは少ないはずです。「次は何をしよう」「よし、切り替えよう」などといったことが頭の中を巡っている場合が多いものです。

仕事中に眠いと感じて意識的に目を閉じる場合に考えるべきことはありません。「耐える」という仕事を休めるという行動です。頭の中では秒数をカウントするくらいで十分です。

②身体を動かす

どんな状況でも同じことが言われますが、身体を動かすことで眠気というのは解消することが出来る場合があります。仕事中に眠いときというのは運動するような事は出来ないので動かし方が重要です。

眠いときの状況によっても可能な身体の動かし方というのは変わってくるものです。例えば仕事中の中でも会議の席で眠いときというのは非常に限られた身体の動かし方しか選択できません。

この場合にはもっとも動かすことが可能で周りに余計な詮索をされないのは指の運動ということになります。眠いときというのは頭の働きは極端に鈍っているものです。少し活性化することも必要です。

机の下に手を隠し、片方の手は小指から、もう片方の手は親指から指を閉じて開いてというのを何度か繰り返してみましょう。少し集中しないとなかなか難しいことなので眠気を忘れることができます。

会議中よりは少しは自由が利く場合というのはどうでしょう。例えば日常業務の途中で眠いときというのは最も効果的なのは立ち上がるという事です。実際に行っている人も多い対処法でもあります。

本来は立ち上がって伸びでもできればより効果的なのですが、まさか仕事中に急に立ち上がり伸びをするというのはなかなか状況が許さないというケースが大半だと言えます。

あなたはどうしていますか。立ち上がってそのままトイレに行き伸びをするという人は多いはずです。この対処法というのはよく取られる方法ですが最も実現可能な対処法の1つと言えます。

伸びだけではなく、可能な範囲でストレッチをするという事でより効果をあげることが可能になります。同じように首周りや顔を軽くマッサージすることもおすすめです。

身体の動かし方で最もおすすめなのは「外の風に当たる」という事です。実際に実行している人もいると思いますが可能であればこの対処法というのは内勤の人には効果があると言えます。

③会話する

仕事中に眠いときというのはあなた自身に刺激がない場合か、極度に疲労している場合かというケースが多くなります。極度に疲労している場合は解決策というのは休息ということになります。

刺激がないという場合についてはどのような対処法が効果を出す事が出来るのでしょう。仕事中に限らず人と会話をしている時というのは眠いという感覚というのはあまり生じないものです。

自分から眠気を紛らわすような、あるいは会話に熱を帯びるような、長く続くような話題を持ち出すことで仕事中に眠いという状態を脱することが可能になることがあります。

この会話をするという対処法については、眠いという状態に入ってからだけではなく事前に前もっての予防策としても効果を発揮することができる対処法ということもできます。

その意味では疲労がたまり、身体や頭が思うように働かないようなときに関しては事前にこの会話をするという対処法を取ることで疲労による眠気に襲われる可能性を下げることが出来る事になります。

この対処法を用いる時の注意点としては、可能な限り相手を選ぶということです。いくら会話をしていたとしても気の合わない人や話を逸らしたり、聞かないタイプの人との会話では効果がありません。

また、そのような人との会話というのは通常の会話に比べて何倍もの気力を使うことになるので、あなた自身が疲弊してしまうということもありえます。これでは全くの逆効果となってしまいます。

会話の最中に眠いと感じることというのはないわけではありません。あなた自身も経験があるはずですが、興味のない話題や難し話題の話を一方的に聞き役に回ると眠いという状況になることがあります。

仕事中に眠いときの対処法として「会話する」という選択肢を選ぶ場合というのは、相手と話題をしっかりと自分自身でコントロールするという事がとても重要となるのです。

④報告する

意外と感じる人も多いはずです。仕事上での報告業務というのは比較的自分自身に余裕のあるときや必要に迫られた期限を迎えている時に行うことが多い業務と言えます。それを対処法として使うのです。

報告業務というのは基本的には上席者へ行われるものです。上席者へ報告している最中に眠いという感覚に襲われるという人は決して多くはないはずです。その部分を対処法として利用するのです。

あえて仕事中に眠いときの対処法として報告業務を使うというのは、自らに刺激を与えるという意味での効果を期待してのものということになります。上司に相対するということで眠気を飛ばすということです。

ただし、報告を行うという事はそれなりに自分自身の準備も必要ということになります。安易に飛び込んでしまうと仕事上での別の問題や新たな仕事が発生してしまうということにもなるからです。

仕事中に眠いときに取る報告業務という選択はショック療法的な要素が強いという側面もあるので選択するにはリスクもあるということは理解しておく必要があります。そして報告する対象も重要です。

対処法として報告業務を選択する時というのは自分自身への刺激という意味合いが強くなります。これは上席者への報告、上席者との会話というだけでその目的というのは果たされるものです。

そこに内容も重要であったり、難易度の高いものを選択する必要というのはありません。そのような報告業務というのは身体も頭も通常以上の働きをするときに行うというのが正解だと言えます。

仕事中に眠いときの対処法としての報告業務は上席者との会話のきっかけとするという感覚でその題材を選択することをお薦めします。そのことで眠気に対しての効果がある上に1つの報告を完了できます。

また、仕事中に眠いという時に仕事を1つ片付けることが出来るということはあなた自身の仕事を進めることにもなります。慎重な選択は必要になりますが効果としては眠気に対してだけではなく期待できます。

そして、その効果は上席者との会話という刺激の強く、緊張感を必要とする方法を選択することで一定時間の継続となります。その日については同じように眠いという状況は起こりにくいと言えます。

⑤休息をとる

仕事中に眠いときの対処法として、最も有効で本来はとるべき対処法と言えるのが休息を取るということです。この場合での急速というのは短い時間の休憩や、1日単位などの休暇を含みます。

仕事中に限らず眠いという現象は身体や頭が疲労している時に起こることが多いということが言えます。根本的にその疲労の回復をする事が対処法となるということなのです。

仕事中という状況を考えると、現実的に取れる対処法としては休憩をとるという事が現実的なところです。この休憩というのは思っている以上に重要なことだということができます。

あなたも目にしたことがあるはずです。昼間に車の中で昼寝をしている会社員や大型トラックのドライバーなどを。あれは仮眠、昼寝という休憩のスタイルということです。良い休憩の方法かは別問題です。

しかし、休憩をとるということ自体は重要なことです。いつ休憩を取るのか、どこで休憩を取るのか、どのように休憩を取るのかという部分をしっかりと考えて休憩を取るという事が問題です。

もう1つ問題となることがあります。それは仕事中に眠い時というのは予期せずに訪れることがあるという事です。例えば、睡眠不足を自覚しているときというのは予測ができる中での向けになります。

しかし、睡眠も十分でありながら訪れる仕事中の眠い時への対処法というのは、いつ・どこで・どのようにと言った項目について選択権なく休憩を必要とする状況になることがあります。

会社での休憩というのは睡眠を補うことが極めて難しい時間帯だということができます。その中で、対処法としての休息を選択するということであれば、睡眠以外の選択が必要です。

紅茶を飲む、コーヒーを飲む、タバコを吸うなどといったことも休憩時間の使い方としては代表的なものです。仕事を離れて身体と頭を休めるというのが休息というものです。

休息というのは仕事中に眠いときの対処法としての他にも、仕事中に眠いの予防策としても効果を発揮できる方法と言えます。仕事の休日を休息にあてる事で眠気の発生を抑えられます。

予防策として、対処法として上手く休息を使うことが大切になります。仕事中に眠いときを迎えた時には正しい対処法をとり、その後はしっかりと次がないように予防が大事になります。

この対処法に関してはどちらか1つでは十分な効果というのは発揮されないものです。休息というのは常日頃から取りながら、それでも仕事中に影響が出た場合の対処としても休息をとる事で効果を出します。

一時的な対処としてではなく、常に意識しながら対処していくための方法として考えておくべき方法と言えます。

まとめ

仕事中に眠いときというのは誰もが経験することであり、それでいてなんとか対策したいと考える機会の多い問題ともいうことができます。睡眠不足だけが原因ではないからです。

十分な睡眠をとっていたとしても仕事中に眠いという現象は起こります。その理由というのは仕事そのものに対しての意識や考え方、向き合い方と言った様々な要素が絡み合います。

実際に仕事中に眠いときの対処法というのは、それぞれの人がそれぞれに考えて、それぞれの対処法をとっています。その中には起こってからの対処法と起こる前の予防法の2つがあります。

これらは、どちらか1つだけでは十分とは言えないと考えられます。現象が起こってしまった場合というのは当然のことながら対処法を考えて実行しなくてはならなくなります。

そして、大切なのは次に同じ現象が起こることが無いように予防をしなくてはならないということです。それをする事で仕事中に眠いときというのは発生が減っていくことに繋がるのです。

中には既に経験済みという対処法もあるはずです。うまくいかなかったという対処法もある場合もあります。これはその現象が起こっている理由も1つの要因ですがあなた自身との相性もあります。

どの対処法があなたにあった対象法であるかというのは、自分自身で挑戦して試してみなくては分からないものです。そして失敗や効果なしという経験をするということも実は重要です。

そうする事で、あなた自身が仕事中に眠いときを迎えた時に正しい対処法を取ることができるようになります。そして仕事への悪影響を抑えることに繋がっていくことになるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る