新卒で転職を決意してもいいタイミングを教えてください。

新卒で働いていても、課題にぶつかってしまったり、やりがいが見つけられずに迷ってしまうことがあります。

新人は怒られるのが仕事といわれても、そんな状態が続いたらやる気をなくしてしまいますよね? 新卒で転職を考える人は意外と多く、実際に短期間で転職を繰り返す人もいます。

重要なのはいつ転職するかです。決意をするタイミングで有利不利が分かれるのではと考える人も多くいます。

ただし、社会の変化のスピードが早くなっているからこそ、決意も早めにした方が良い場合があります。耐えて技術を身につけるよりも方向変換した方が良い場合が増えているのです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①ブラック企業なら早めに手を切った方が良い

新卒ですぐにやめたいと思うのにはそれなりに理由があるものです。中でも大きいのはブラック企業への就職です。

働いてみると雇用条件が違っていた、やたらと残業が多いなど、上げ始めればキリがない場合もあります。中には新人研修が軍隊のような厳しさで、パワハラモラハラの嵐というケースもあります。

そんな企業に付き合っていても解くにはならないため、早めに辞めた方がすっきりすることが多いのです。

決意は早いほどよくなります。実務経験を積んだ方がプラスになる仕事もありますが、ブラック企業で学んだ業務が次ぎの仕事に役立つとは限らないからです。

業界標準化らはなれているからこそブラックであり、効率化が進んでいないことが根本の問題であることが多いからです。

資格の取得に必要な期間が目前であれば検討の価値はありますが、数ヶ月、半年先であれば辞めてから考えた方がプラスになります。

重要なのが、ブラック企業で働いていると思考能力自体が落ちていくことです。決断する能力自体がなくなってしまい、企業の言いなりになってしまう人もいるからです。

考える余力があるうちに退職してしまい、仕切り直した方がいい場合もあります。

②半年は一つの目安になってくる

退職や転職を考える上で、一つの目安になるのが半年です。半年間企業などに勤めれば有給などが取れるようになります。

有給がうまく取れるかどうかは重要で、有給がなかなか取れないようではブラック企業であることが疑われます。

日ごろの労務管理などの体制が良く出る部分でもあり、有給申請が通るかどうかでモチベーションが大きくかわることも多いのです。

ポイントになるのが、心身の健康を保つためには有給が必要だと医学的に認められている点です。働き続ける体力や意欲がわき続ける人がいる一方で、適切に休みを取らなければ健康を害してしまう人もいます。

有給は人間が心身の健康を保つために重要な範囲であり、欧米では取るのが当たり前、取れなければ会社が訴えられるほどの重要なものなのです。

有給をまとめて取得するなど、少し休んでみることで心持が変わる場合もあります。

しっかり休んでもかわらないようであれば今後も変わらない可能性が高いため、転職や退職を決意するには良いタイミングと言えます。

③実務上の資格が取れるタイミングまで待つ

資格の取得に実務経験が必要になるケースは多く、業務上必須という職場も存在します。

資格取得を転職や退職のタイミングと考える人も多く、そこまで耐えることを目指す人もいます。具体的な目標がある分、モチベーションが維持しやすいのがポイントになります。

注意点もあります。実務経験が必要な資格は数年単位の勤務が前提になるものもあり、そこまで気力が持たない場合も存在するからです。

どうしても駄目だと思った転職などを優先する方法もあります。

複数の会社に在籍しても実務経験のカウントが継続される場合があるだけでなく、後々の出世の速度にも影響する可能性があるからです。

モチベーションが合って仕事をするのと、やる気の出ない状態で仕事をするのではパフォーマンスが異なってきます。

企業に勤めていれば成績や勤務態度で評価が変わるケースが多く、だらだらと仕事をするよりも新しい職場で気分を変えて挑んだ方が良い事もあるのです。

また、資格が本当に必要なものかどうか見直す事も大切です。

AIの進化と様々な仕事の自動化により多くの仕事が消失するといわれていて、苦労して取った資格がすぐに意味を持たないものになってしまうこともあるからです。

自分が生きていく上で必要な時間や収入を稼げるのであれば問題はないものの、中には数年かけて取得しても割に合わないものも出始めています。

社会情勢や雇用の状況を確認しながら、本当に役に立つ資格を取得するために方向転換をした方が良い場合もあるのです。

まとめ

転職をしていいタイミングはどんどん短くなる傾向があり、年単位で仕事をしなくても転職に影響がないケースが増えています。

数年耐えて得られるものよりも、新たに学びなおした方がスキルアップにつながることが多いのです。また、世の中の変化に乗り遅れている企業も存在します。

就職して初めて分かることも多いため、それが本当に正しいかどうかをチェックしつつ、より良い環境を求める事も大切なのです。

技術の取得に年単位で時間がかかる職業もありますが、自分の適性にあっているか、割りに合うかは常に見直す意識も大切です。

無理に続けるよりも転職した方が高いモチベーションを維持でき、将来収入も高くなる可能性があるからです。

適性に合わない仕事をしていても出世が出来ずに収入が頭打ちになる場合があるなど、想定通りに行かないことが増えることに理解が必要です。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る