新卒で退職を言い出せないときの対処法3つ

新卒で入社をした年に会社を辞めたいと思う人は数多くいるはずです。入社前に思っていた状況と実際に違いがあれば、どうしても納得いかない、ここで働き続ける自信がないといった気持ちになるでしょう。

しかし、新卒でいきなり会社を辞めたいと言えば、同僚や上司になんて言われるか?分からないですし、そういった恐怖心があるのではないでしょうか?

なかなか新卒で退職したいと言えないときには、どうしたら良いのか?なんとか退職までこぎつけるまでのおすすめの3つの対処法を知っておきましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

退職届を作ってしまう

新卒だろうが、退職したいという思いがある場合には退職するという結論は揺るがないでしょう。ただ、どうしても退職したいという事実を言い出せないときには退職届を作ってしまうというのは1つのポイントになります。

というのも、口で直接退職したいという意思やその理由を長々と説明するのは、やはり心理的になかなか踏み出せないはずなのです。

だからこそ、退職したいという意思を伝えることができないと言えるです。

しかし、退職届を作ってしまえば、それを渡すだけで完了します。確かにそれを読んだときの上司の反応などは怖い部分もありますけど、これは直接伝える場合と比べて楽です。

退職届を作った翌日にすぐに渡そう

退職届を作ったら、あとは渡すタイミングが重要です。退職届を作って、いつ渡そうかな?と考えていてはダメです。

作った翌日にすぐ渡すということが重要で、そうしないとまた恐怖心がわいてくる可能性があります。

退職届を渡すだけならば、口頭で伝えるよりも大分精神的には楽かもしれませんが、読んだ後に何て言われるか?などを考えてしまう可能性があるので、結局また恐怖心が生まれて、渡しづらくなってしまう可能性があります。

だから、退職届を作り翌日にすぐに渡すということを心がけた方が良いのです。

退職時はどんなときでも嫌な感じで思われてしまうと諦める

退職をするときというのは、寿退社や定年退職を除いてそこまで歓迎されるものではないです。

こういったケース以外で退職をするときというのは、基本的に転職が前提なので、別の会社に移るということがバレます。

すでに転職先の会社が決まっていない場合も、別の会社に移る前提で辞めるはずなので、新卒だろうが、2年目以降だろうが、そこはあまり変わらないのです。

したがって、いつ辞めても周りからあまりよく思われないという点は解決不可能ですし、上司に嫌な顔をされてしまうという点もどうしようもないのです。

だから、10年後に退職したいと言っても結局同じならば、じゃあ早い方が良いとなって、退職の意思を伝える気になれるのではないでしょうか?

さっさと転職活動を始めてしまう

退職したいのだが、退職したいと言えないようなときには、退職する意思を絶対に示さないといけない状況を作るというのも手です。

それが転職活動を始めるという策になりますが、これを実行してさっさと内定を取ってしまうと良いです。

内定を取ってしまえば、そこに入社をする状況が生まれるので、どうあがいても退職をしないといけません。つまり、退職の意思を伝えないといけない状況になるということです。

内定を取ってしまったら退職する意思を伝えずにはいられないので、そういう状況に自分を追い込むということが重要になります。

ただ、これに関しては転職活動が上手くいけばの話なので、うまくいかない場合には時間がかかってしまい、結局退職ができたとしてもかなり後になってしまう可能性もあるのです。

しかし、やってみる価値はあると言えるので、新卒で退職したいと言い出せないときには、転職活動をして内定を取るということを目標に対処していくと良いでしょう。

退職する前に転職活動をして内定が取れる可能性は割と高い

すでに話した方法は、在職期間中に転職活動を始めて内定を取ってしまって、退職の意思を示さないわけにはいかないという状況を作り出すというものですが、絶対に内定が取れるとは限りません。

しかし、退職する前に転職活動をしていて内定がなかなか取れないという状況が生まれた場合、無職にならずに済むというメリットがあります。

退職してから転職活動をして、一向に内定がとれないでいるとさすがに焦ってしまい、余計に上手くいかない可能性があります。

したがって、退職する前に転職活動を始めれば、無職にはまだなっていないので焦ることなく転職活動ができ、内定を取れる可能性が高まるはずです。

つまり、内定を取ってしまって退職の意思を示さないといけない状況を作り出せる可能性は割と高いと言えるのではないでしょうか?

まとめ

新卒で退職をしたいと思っているが、どうしても言い出しづらいと感じているときには、少しでも言い出せるような状況を作るということが重要です。

退職届を作る、いつ退職をしても周りの反応は一緒だから早い方が良いと考える、転職活動をして内定を取ってしまうといった3つの方法があります。

そういった方法を実践して、少しでも自分が退職したいという意思を伝えやすくすると、新卒の人間でもできるだけ早く退職をすることができると言えます。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る