新卒ですぐ退職してしまった後に直面するマイナスな状況におついて

新卒で就職したにもかかわらずその会社があなたとまったく合わないと感じた時、できることならすぐに退職したいと思いますよね。

就職前に思い描いていた理想とあまりにもかけ離れた会社だったら、それ以上働き続けることはとても苦しいはずです。

ですが新卒で就職した会社をすぐに退職してしまって大丈夫なのでしょうか?新卒ですぐ会社を退職するのは、やはりデメリットがあります。

そこで、新卒ですぐ退職した後に直面するマイナスな状況についてまとめました。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

新卒ですぐ退職したら次の仕事へ就くのが難しくなる

新卒ですぐ退職する一番のデメリットは、次の仕事へ就くのがとても難しくなってしまうことです。新卒後何年か働いて退職するならまだしも、すぐ退職したのではイメージがまったく良くありませんよね。

何か訳ありなのは一目瞭然ですので、次の仕事へ就くための就職活動はとても厳しくなります。

新入社員は学校を卒業したばかりの若手有望株に違いありませんが、新卒でなくなったらその肩書きはもう使えなくなります。採用担当者からはシビアな目で見られますので、希望したからといってすぐに次の仕事へ就けるとは限らないです。

退職する時に「すぐ次の仕事がみつかるだろう」と思っていたのに予想通りいかなかったら、慌ててしまいますよね。ですが慌てても良い会社はみつからないですし、みつかったとしてもその会社が雇ってくれるかどうかはわからないです。

退職したことで新たな道が開けることは確かですが、その道は果てしなく険しい山道かもしれません。あなたにとって決して楽な道ではなく、むしろ困難な道になる可能性が高いです。

このデメリットを知ったうえで退職を決めるなら、苦難の道でも乗り越えていけるでしょう。

また次の仕事をすでに決めてさえいれば、このデメリットは関係ありません。ですので新卒ですぐ退職したい気持ちがあっても本当にすぐ退職してしまうのではなく、次の仕事の目途を立ててから退職するのが賢い選択です。

新卒ですぐ退職すると周りから奇異の目で見られる

新卒ですぐ退職した場合のデメリットの1つに、周りから奇異の目を向けられてしまうというのも忘れてはいけません。あなたが就職を果たすためには、いろいろな人が関わっていたはずです。

両親をはじめとした家族、あるいは学校の先生などが就職を支援してくれる代表的な人たちですよね。

そんな人たちの期待に応える形で就職を果たしたにもかかわらず新卒ですぐ退職してしまったら、周りから奇異の目を向けられるのは避けられません。場合によっては直接面と向かって何か言われることも、覚悟しなければいけないでしょう。

また家族や学校の先生だけではなく、友人や知り合いにも合わせる顔がなくなってしまいます。新卒ですぐ退職するのは珍しいことなので、会った時にいろいろ聞かれるかもしれません。

その時上手くやり取りできなければ、心がドッと疲れてしまいますよね。新卒ですぐ退職するとどうしても目立ってしまいますし、周りからは基本的に奇異の目で見られます。

あなたが周りのことは我関せずで信じた道を突き通せるなら良いですが、そうでない場合は退職後にどんな目で見られるのかをしっかり考えたうえで決断しないと後悔します。

新卒ですぐ退職すればあっという間にお金に困る

新卒で就職して大して働くことなくすぐ退職してしまった場合、現実的な問題として無視できないのがお金のことです。退職すればバイトでもしない限り、無収入の状態になってしまいます。

無収入の状態でも食べていくことを放棄するわけにはいきませんので、毎日お金はどうしてもかかります。しかも一人の人間が生活していくとなればただ食べるだけではないですから、たとえ節約生活をしたとしてもかなりのお金が必要になりますよね。

新卒で退職することなく働き続けてさえいれば、よほどの贅沢をしない限りお金のことで困ることは普通ありません。毎月給料という形で収入がありますから、通常の日常生活を送れます。

ですが新卒ですぐ退職すれば、あっという間にお金に困るようになります。お金がないことを、身にしみて痛感することになるでしょう。

失業保険ももらえない

仕事を退職した人には雇用保険が適用されて失業給付をもらうことができます。しかし、失業給付をもらうには、雇用保険に12か月以上加入している必要があります。新卒採用で1年以内に仕事を辞めてしまうと失業給付は受けることができません。

実家暮らしで生活するのでお金がほとんどかからない、すでに貯金がそれなりにある、バイト先をもうみつけてあるなど、何かしらの対策ができているならお金のデメリットの影響は小さくなります。

ただそれでも収入がしっかりした次の仕事を早く見つけない限りは、一時しのぎに過ぎません。ですからお金で困らないようにしっかり対策しておかないと、お金でとても苦労しますよ。

その他、新卒ですぐに退職した場合のデメリット

履歴が刻まれる

アルバイトの場合は、何度仕事を変えても履歴書に記載する必要はありません。しかし、正社員で雇用してもらった場合にはあなたの履歴に経歴が刻まれます。アルバイトと正社員では違うのです。

では、あなたの履歴に退職したことが刻まれてしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。転職歴があると企業は採用したがりません。

求人広告を出すには数十万円もの経費がかかっていて、面接をするなど時間もかかります。あなたがすぐに仕事をやめてしまうと、数十万円ものコストと時間を浪費することになるのです。

新卒ですぐに退職をしてしまうような人は、採用をしてもまたすぐに辞めてしまう可能性があります。このような人を企業は採用は採用したがりません。

特に新卒で採用してもらって1年以内に辞めてしまった場合、「根気がない人」「すぐに辞めてしまう人」というレッテルを貼られてしまう可能性があります。

研修がない

新卒の場合は研修が数週間から数か月あります。研修期間には仕事に就いて学ぶことができるので、実際仕事を開始したときも戸惑うことはあっても研修で身に着けた知識があるので、ある程度は仕事になじむことができます。

しかし、中途採用の場合は長期的な研修を設けていないケースが少なくありません。

長年勤務をしていれば以前仕事をしていた企業での実力があるので、研修がなくてもすぐに力を発揮できたり、新しい企業にもなじみやすいことでしょう。

ですが、新卒ですぐに仕事を辞めてしまった場合、以前働いていて企業で実力を身に着ける期間が少なかったため、新しく就職した場で苦労をする可能性があります。あ

なたは中途採用なので周りの人が教えてくれる可能性も低いと考えられます。

転職と就活は違う

大学在籍中の就活は、企業説明会があったり相談できる人がいたりなど仲間がいました。しかし、就活とは違い転職には仲間がいません。

大学時代は就職という同じ目標に向かう仲間がいましたが、転職となるとあなた一人だけです。転職を考えていることが今の企業で周りに知られてはいけないので、身近な人に相談することもできません。友達は仕事で忙しく、あなたの悩みの相談にのってくれないかもしれません。

一人の方が転職活動をしやすいという方もいるかもしれませんが、一人で孤独を感じることもあるでしょう。

まとめ

新卒で入社した会社があまりに自分と合わなければ、新卒でも関係なくすぐ退職したくなります。ただそれにはさまざまなデメリットがありますので、勢い任せに退職を決断するのはおすすめできません。

むしろとても慎重な判断が求められます。

新卒で入社したからといって、その会社で終身雇用されることがベストだとは言い切れません。それどころか今の時代はどこかで転職するほうが一般的です。

ただ新卒ですぐ退職することにはデメリットがありますので、退職するなら用意周到な準備が必要不可欠だといえますよね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る