新卒ですぐ辞めた場合、その後どういう選択肢があるのでしょうか?

高校、大学を卒業してまもない新卒でせっかく内定を取れて入社した企業をやめるのは、本当に本人だけじゃなく家族も辛いと思います。

そのあとの選択肢としてどのような道がベストかは人それぞれだけど、いくつか考えがあるので少しでも参考していただければうれしいです。

仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

①自己分析をして自分の強み、弱み、何が向いているか考えて今後に備える

入社してすぐに会社をやめてしまうことになって本当に胸が苦しいお気持ち察します。

だけど、会社とあなた両方が求めている事にたいして「お互いにお互いがミスマッチだった」という可能性も十分すぎるほどありますので落ち込む必要はそこまないですよね。

なので、今後同じミスをしないためにも、自分自身をしっかりと自己分析をして面接に臨むことが必要です。

そのためにも本を一冊購入するなり、ネットで検索して自己分析して自分自身を掘り下げて調べてみるのがオススメです。

そうすることで、自分は何が向いているか、何が不向きか、どういう職業(業種)だと自分の力が発揮できるのかなどが分かればある程度の選択肢は搾れるます。

自分はどういう強みがあってそれを活かしたエピソードで、どういうふうに会社で活躍できるかなどのアピールポイントを面接で伝えられるという大きなメリットがあります。

自己分析で時間がかかった分、自分の事を分析してさえいれば面接で色々と質問をされた時、言葉に詰まることなく答えられるし、履歴書、エントリーシートなどにアピールポイントとして記入し伝えることができますよね。

その準備をしっかりする事が、今後良い就職オファーがあった時うまくいく確率が高まるのでそこからスタートするのが一番いいかもしれません。

②ハローワークを利用して再就職をめざす

就職活動を再びやらないといけないと思う辛い気持ちは痛いほど察しますが、一日も早く職に付きたいと思うモチベーションがあるうちに新しい就職先との出会いを求めて職安に足を運んでみるのはいかがでしょうか。

すぐに会社をやめてしまったことに対して言いずらいのは分かりますが事情をキチンと説明できたら問題はないです。

ハローワークの担当者から、自分が希望する希望する地域、業界、職種、希望の収入、通勤時間、雇用形態などを詳しく聞かれると思います。

ここでは「本当に就職したい!」という就労意欲を示すため必ず答えられるように前もって準備してハキハキと答えてください。

そうすると担当者から、「この会社は至急募集していて、条件に合いそうだからうけてみたら?」と自分の希望にあう求人票をまとめてコピーして持ってきたりする事も、実際ありましたし即面接日の日程までの段取りを調整してくれます。

また、職安に求人登録すればあらゆる業種の人事担当者が求職情報を閲覧することができます。

なので、職安を通じてあなたの経歴に興味を持ったので「面接に来てほしいという企業があるので受けてみませんか?」と思ってもない好待遇でオファーが来ることがあり、就職に向けての選択肢が広がるので職安に足を運んで求人登録をオススメします。

③将来就職したい業種の専門学校で基礎を勉強して就職しやすい資格を取得する

再就職を探してもなかなか希望の職種の募集が無かったり、条件が合わなかったりしてへこむ事も当然あるし、私も経験したので気持ちは十分に分かります。

そういう場合は、自分が「何に就職したいのでどのような知識や資格を身に付けるのが必要か?」ということを考えて見て下さい。

そして、自分の目的とする職種、業界の勉強が基礎からできる専門学校をネットで調べたり、自分と条件があう専門学校を見つけて問い合わせたり見学して、自分の求めている環境かどうかを確認してからどこの専門学校に通うかを決められてください。

専門学校に通学している間に勉強することで、知識やスキルを身に付けて最終的にはその業界で高く評価されている国家試験などを取得すれば、会社によっては実績は少なくても積極的に採用する企業は多数あるので、それを自分だけのアピールできます。

なので面接では、「以前の会社を短期間でどうしても辞めざるをえなかった理由」と「長期間働きたいという意思」をしっかり伝えられれば、高い確率でしかも、資格と関連する業種に就職できるのでこういうやり方も一つとして考ええてみてください。

まとめ

社会人になって会社をすぐにやめる事となり、辛い思いをされたと思いますが、就職は縁やタイミングなども絶対にあると思います。

なのでその来るべき時へ向けて最善の選択肢を探して、新しい会社で思う存分実力を発揮できるようにしっかりと対策や準備をされて自分を信じて頑張ってください。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

仕事を辞めたいと思ったらまずはプロに相談!

もし、1人で悩みが解決できないなら転職エージェントに相談して、アドバイスを貰いましょう。

自分の市場価値含め、辞めるべきか、転職すべきかをプロの視点から教えてもらえるので参考になるはずです。

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言しているので安心して相談できますよ。

とりあえず、リクルートエージェントに相談してみる

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る