新卒で辞めた後に後悔する人の特徴3つ

新卒で入社した後、初めての社会人生活に戸惑いがあったり不安に思いながら働いている人は多いです。

正社員でお金を頂いてお仕事をしている以上、その責任の重さは、学生時代のアルバイトとは比較になりませんからね。

入社して間もなく大きな困難や課題にぶつかり、なかなか、それを解消できなくて誰にも相談できず結局、退職という形をとって辞めてしまう人も実際にいます。

しかし、様々な事を良く考えた上で退職を決断しないと後になって後悔する事になりかねません。

では、実際に新卒で辞めた後、後悔する人には、どのような特徴があるのでしょうか。今、退職したいと考えている人は、辞める前に読んで参考にして下さいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

次の就職先が決まらないまま勢いで退職している

職場の人間関係に悩み、その環境から逃れたい思いで後先良く考えず勢いで退職してしまう人が、後悔する傾向にあります。

悩んだとしても、現職の間に、それを解決する方法がないのか、あるいは、考え方を変えたら働き続ける事はできないのか良く考えてから退職を決断しても遅くはありません。

もう既に退職した後に転職活動を行っても、前の職場とこれから勤める職場とを比較して転職するかどうか決める事はできません。

また、感情的になって勢いで辞めてしまっているので次の転職先が決まっていない事も多くあります。転職先が決まらないまま退職してしまうと、次の就職先がなかなか決まらず長期間働けないリスクも高まります。

より後悔が深まり辛い思いをするのは、あなた自身です。我慢すれば、時間が、問題や悩みを解決してくれる事は十分にあり得ます。

中には、上司との関係で悩んでいて退職した途端、その上司が異動になったという経験談もあるくらいです。精神的に病まない程度に我慢ができるなら、もうしばらく辛抱してみてはいかがでしょうか。

我慢して辞めなければ良かったと思って後悔する人が多いです。どのような仕事でも地道にコツコツ頑張り続けられれば、継続は力なりです。

また仮に自分の適性に合わない仕事だったとしても工夫次第で乗り超えられる事はあります。諦めたらそこで試合終了です。

主観的なものの見方に偏りすぎている

客観的に物事を見る事ができず、ひとり一方的に思い込んでいる事の多い人が辞めた後、後悔しがちです。

今の職場の不満な点しか見る事ができなければ当然、辞めたくなるでしょうし、どうしたって隣の芝生は青く見えるものです。

一旦、主観的なものの見方は、横に置いておいて、自分が勤める会社を客観的に見た時、どんな点が優れているのか、または、他の会社と比較して何が劣っているのか新卒ならやはり仕事において、全力を出し切って努力した結果が出ているのか、出ていないなら他に改善や努力できる点がないのか、良く客観的に見て考えた上で判断する事が重要です。

主観的なものの見方だと、どうしても考え方の幅が狭くなりますし、当然、これでは、今の会社が嫌になってくるでしょう。

もしも、一人で考えて同じ考えしか巡らない場合などは、同じ会社以外の信頼できる人にアドバイスを求めるのも良い事です。

在職中にキャリアコンサルタントといった専門家に意見を求める事も検討してみてはいかがでしょうか。客観的な立場からの意見をもらえるはずです。

自分の事が理解できず不平不満愚痴ばかり数えている

あなたは、自分の事をきちんと理解できていますか?

社会の中で自分以外とは違う他者の価値観を理解するには、自分自身の事を理解しておく事が大切です。

しかし、自身の事を理解できずというか、理解しようとすらせず、今の不満愚痴ばかり数えて文句を言っている人が、辞めた後、後悔する傾向にあります。

あなたが、あなた自身の事を理解し、仕事にどのような価値を見出しているか、今一度、振り返ってみて下さいね。

今の不満が解消される考えが浮かんだり、辞めずに済む事になる方法を思いつく場合もあるでしょう。

もしも不満があって退職して別の会社へ就職しても、また同じような問題や悩みにぶつかったり、やっぱり辞めずに前の会社の方が良かった、辞めて後悔したという事もありえます。

それに次は希望通りの会社に転職が成功したとしても、別の不満が出てくる事だってあります。不満を解消する事ばかりにとらわれず、まずは、自分の仕事に対する考えや価値観を見直してみましょう。

また、不満な事や愚痴を言いたくなる事は、それを意識すればするほど、不満や愚痴を言いたくなる事ばかりに目がいくようになります。

不満を解消するにしてもあなた自身が、何を重要視しているか理解する事が重要です。

転職を考える前に仕事に対して自分がどのような思いがあって働いているのか、なぜ今の会社で働いているのか、など自分の事を理解するためにも質問攻めにして自分の考えを掘り下げてみましょう。

まとめ

転職が成功したと思えるには、今の会社で働いている間に、自分が仕事に対して何を重要視しているのか理解を深める事が重要です。

また、今の会社にどうしても不満がある場合は、他社と比較するためにも、できる限り在職中に転職活動してみて、転職先の会社で働くメリットの方が大きければ退職を考えるのもいいでしょう。

主観的でなく客観的な立場で物事を見たり、自分自身への理解を深めたり、今の職場の良いと思える点、悪いと思える点、転職先の会社の良い点、悪い点とを比較し良く考えた上で行動に移す事をお勧めします。

そうすれば、新卒で辞めた後、後悔する事はなくなるはずです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る