仕事量が不公平でもう辞めたいです。どうしたらいいでしょうか?

なぜ、自分だけこんなに仕事しないといけないのか?なぜ、この人はこんなに楽そうなのか?日頃から仕事をしているとどうしてもそのように感じてしまうことがありますよね。

確かに、仕事って誰かに偏ってしまう傾向があると思います。

特に、上司が周りを見れないような人であればなおさらですね。チームのメンバーみんなに均等に仕事を割り振るということはとても難しい事ですが、メンバーの気持ちを一つにするためにはとても大切なことでもあります。

自分がチームのリーダーならどう仕事を進めていくか、誰にどう仕事を割り振っていくかを考えてみると今後のステップアップに必ず役に立つことになると思います。

仕事を任されるということはあなたが仕事ができると思われているということなのですから。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①自分の仕事のうち、まわりにお願いできるものはありませんか?

仕事量が不公平ということの多くの場合、仕事ができる人に業務が偏るということがあるかと思います。上司も責任を取りたくないものだから、できる人に任せておけば大丈夫と安易に考えがちです。

そんな上司であった場合は、仕事の割り振りをかえてくれ、公平に仕事を割り振ってくれとお願いしても逆効果でしょう。

もう自分から今手が空いていると思われる人に仕事をお願いしてしまってもいいと思います。実際にはまわりのメンバーにもよってしまいますが、よほど全くやる気もないという人以外であれば少し嫌な顔を下としても手伝ってくれるでしょう。

そのようなことを繰り返すうち、あなたの業務量を周りのメンバーが把握することになり、周りから手を貸してくれるようになるのではないでしょうか。

上司としても自分の指揮のもとチームが動いているわけですから嫌な感じはしないと思います。

②自分がやらなきゃとは思わなくていい

仕事ができる人に限って自分がやらなきゃこの仕事は回らない、このチームは回らない、ひいてはこの会社は回らないと考えがちです。

仕事ができ、責任感が強いがためにそのように考えるのだと思いますが、そこまで考える必要はありません。

従業員一人いなくなったくらいで回らない会社なんてそれこそ潰れてしまったほうがましです。

仕事量が不公平ということは明らかに仕事をお願いされる量がメンバー間で異なるのでしょう。

できる人はそこで責任感から仕事を受けてしまいがちですが、一人の従業員しか色んな仕事を知らないというのは会社にとってとてもリスクを持つことになりますので、他の社員にふるべきなんです。

そのような状況に直面しているのであれば、はっきりとこの状況では私が会社に出てこれなくなるとみんなに迷惑がかかるので、サポートのメンバーをつけるか、他の人に仕事を振ってほしいというべきです。

個人の感情でなく、会社のことを考えての発言だということを強調すれば上司も考えざるをえなくなります。会社のことを考えた進言を聞き入れずに失敗すれば上司の責任になりますからね。

③それでもだめなら別の道で生きていこう

仕事用が公平でないと感じるほど仕事を任されている人であれば他の会社、他の道であってもそれなりに生きていける人なのだと思います。

上司もチームもメンバーも会社も理解してくれないのであれば、それは無理にその会社で頑張るよりも別の道を見つけるべきでしょう。無理にその企業で働く事によって精神的にまいってしまったり、体を壊してしまっては本末転倒です。

どうしてもこの会社は変わらない、この上司は変わらない、このチームは変わらないと判断したら辞めるという選択肢も一つの選択肢だと思います。

ただ、そこに至るまでには十分に手をつくしていることも大切です。

色んなメンバーとしっかり話して、自分の置かれている状況や業務量を理解してもらってそれでもだめならと考えるべきでしょう。

もしかしたらチームのメンバーや上司はあなたのことが理解できていなかっただけかもしれません。しっかりと理解してもらってそれでも駄目なら次の道へと前向きに進むことを考えることが大切です。

その時しっかりと考えたこと、伝えたことは必ず次の道で同じような状況に陥った時に役に立つことになると思います。

人を頼る、人に自分を理解してもらうということは言うよりもなかなか難しいことです。どうしても自分で解決しようと思ってしまうのもわかります。でもまずは自分をさらけ出しそれでも駄目なら別の道へと切り替えましょう。

まとめ

仕事の時間というのは人生の大半の時間を占めています。

その時間に不満があると人生の大半の時間を不満を持って過ごすことになるわけです。お金を稼ぐということは当然我慢も必要です。

しかし、我慢しすぎて体を壊すというのはまた間違っています。

線引が難しいところではありますが、周囲に自分という人間を理解してもらい、興味を持ってもらい、自分からも相手からもコミュニケーションの取りやすい環境を作れれば公平になってくるものだと思います。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る