仕事が定時で終わらないので正直辞めたいです。我慢するしかないのでしょうか?

計画的に、段取りよく仕事をしていても、なかなか定時に終われない会社。

ご自身の予定やプライベートな事情もあるかと思います。連日このような状態であれば、本当にイライラしますし辞めたいと思いますよね。

そこで、どのような解決方法があるか、一緒に考えてみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①「残業の多い会社」「残業の無い会社」どちらも実存する

残業の多い会社にお勤めの方で、「サラリーマンだから定時に帰れなくても仕方ない」と思っている方は沢山おられることでしょう。

一方で、残業の無い会社にお勤めの方は、「不景気だから働きたくても仕事が無いんだなぁ」と考えがちです。

つまり、「自分の置かれている環境が全て」で「どこも同じ」と思ってしまうものですが、実際は、理想の環境は探せば見つかるケースもあります。

正に同じ会社内でさえも、営業課は全員が月50時間以上の残業をしているのに、管理部門では残業が月平均10時間であるというようなケースもありますし、

何らかの事情で「いつも定時に退社する社員」が存在していることもあります。部署の異動や、上司との相談で残業を減らせるケースもあります。

転職では、例えば勤め先を都市部から郊外に変える、希望年収を変えるなど、「定時に帰れないのは我慢できないが、これなら我慢できる」ということがあれば、条件を変えることで理想の職場が見つかることもあります。

また、新車の営業から中古車販売に変わるとか、私立の保育士から公立の保育士・児童館の指導員など、職種に少し変化をもたせると環境が変わることもありますね。

「我慢するしかないのでしょうか?」とのご質問ですが、中には「理想の環境を手に入れている人」もいます。先ずは我慢する以外の道もあることを知って下さい。

その上で、敢えて我慢したほうが良いのか、または理想の環境のために行動を起こす方が良いのかを、長期的にみて検討しましょう。

もちろん、行動することへのデメリットも検証しましょう。残業することでのスキル向上や、忍耐力や作業効率が磨かれることもありますし、その分の残業代もあるでしょう。

今まで得ていたものを手放しても良いかどうかを、きちんと踏まえた上で、現状維持またはなんらかの行動をすることを、ご自身で意思決定します。

②定時退社が必要な理由を整理する

定時に帰りたいとしても、その理由によって、取るべき行動は変わります。育児・介護など家庭の状況で定時退社が必要というケースもありますし、ご自身の健康上の理由で長時間労働が辛いという場合もあるかと思います。

ワークライフバランス、趣味や余暇を充実させたい、婚活や妊活など早くから家庭作りに尽力したいなど、様々な理由が想定されますね。

仕事も終わっているのに、慣習的にダラダラ会社に残るとか、「新入社員が定時に帰るなんて何事だ」なんて叱責される企業も中にはあるでしょう。

先ずご自身が、定時に帰りたい理由を明確にしましょう。そして、それが「我慢のできることかどうか」をきちんと検証します。仮に、健康上の理由で長時間労働が難しい人が我慢して働き続けるとどうなるでしょうか?まさに悪化の一方です。

また、育児のため残業が難しい方は、こどもが小さいうちだけ残業がパスできるのかどうか、ダメモトながら勤め先と交渉してみるのも一つですね。

ご自身が抱えている理由が「我慢できる内容かどうか」ご自身で検証すると共に、信頼できる誰かに客観的なアドバイスを受けるのも良いかも知れません。

上司、先輩、同僚、家族、友人、キャリアコンサルタントなど、具体的に人に話していくうちに、問題が整理されて自分のとるべき道が見えてくることもあるでしょう。

③今の仕事が本当に好きかどうか

現状維持で乗り越えるにしても、変化に向けて行動するにしても、好きな仕事なら問題は自然と解決していくものです。

ですが、心のどこかに、「今の仕事が嫌だ、辞めたい」という気持ちがあれば、いずれ我慢は爆発します。仮に交渉して定時退社が可能になったとしても、今度は「自分一人だけ定時に帰宅して周りの目が気になる」などど悩み始めます。

更に転職しても、今度は別の問題が浮上したり、定時に帰宅できても給与が少ないとか、将来性がないとか・・・きりがなく不安が襲ってくるでしょう。

一番大切なことは、「今の仕事が好きかどうか」もっと深く言えば「今の自分自身を好きかどうか」なのです。

もし、自分に自信が持てなくて、更に自分の仕事にも自信が持てないのであれば、どんな素晴らしい環境に移っても、長続きしません。

「周りはできる人ばかりで、自分はついていけない」とか「周りはできない人ばかりで、自分だけが一人で仕事をさせられている」とか、要はどんな環境でも不満が襲ってくるのです。

ですが、自分にも仕事にも自信が持てていれば、忍耐をもって我慢で乗り越えるか、または周りの目やリスクを恐れず行動するか、自分自身で主体的に判断できるようになります。

そしてそのような人は、失敗しても、何度でもやり直せることを知っていますし、他に道はないかも探し始めます。

仕事が定時で終わらないのが悩みというですが、問題は「定時で帰る」ことではありません。「自分が好きか」「仕事が好きか」「これからどんな仕事をしたいのか」ここが本当にブレずに確立しているのかどうかなのです。

この土台さえしっかりしていれば、「我慢するのか」「定時帰りで交渉するか」「転職するか」といったようなことが、自主的に選択できるようになりますし、本当に自然に道が開けていくことでしょう。

まとめ

以上、仕事環境に疑問を持つのは、人生やご自身の在り方を振り返る本当に良いきっかけとなるのではないでしょうか。

ただ闇雲に我慢するのではなく、後から振り返ったときに、本当に実りあるものに我慢を注いでくださいね。ご自身がどんな人生を送りたいのか、何を大切に生きたいのか、この機会にきちんと整理してみることをお勧めします。

そしてあなたが、心から充実を感じる、有意義な日々を送られますように。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る