仕事のストレスで頭痛が頻繁に起こるときに考えるべきこと3つ

無理難題を押し付けられて頭が痛くなるという経験は誰でもしたことがあるはずです。仕事でも様々な困難にぶつかったり、理不尽なことに遭遇し、頭が痛くなることもあります。

問題は、仕事のストレスが頭痛がする頻度が増えてしまうことです。頭痛で辛いほどになっていると、精神的なストレスも大きくなっていることが考えられます。

ストレスは頭の回転を鈍らせます。ミスなどが増える原因となるため、注意が必要なのです。

①頭痛がしたら休むことも重要になる

仕事のストレスで頭痛がするのであれば、休むことも重要になります。ストレスで頭痛が起こる原因の一つは、無意識に呼吸が浅くなってしまうことです。

何かを我慢するために歯を食いしばったり、気合を入れるために呼吸を止めた経験はありませんか?

人間の体は複数の細胞があり、無酸素状態で力を発揮できる細胞が存在します。無意識に利用する細胞を切り替えるために、呼吸を調整する場合があるのです。

注意したいのは、無酸素状態で動く細胞は瞬発力が強くても持続力が弱いことです。

無理に呼吸を絞って行動すれば、それだけ体の負担も大きくなります。ストレスは体の防衛本能を働かせ、体をこわばらせ、呼吸を浅くすることがあります。

しかし、ストレスが長時間続けば脳が酸欠状態になり、頭痛が起きる原因となるのです。

頭痛がするほどであれば一度深呼吸をしてこわばった体をほぐすなど、工夫をしてみるのがおすすめです。

②ストレスで体がこりやすくなってしまうこともある

ストレスで肩こりなどが悪化し、頭痛につながることもあります。理由は呼吸が浅くなって頭痛がすることと良く似ています。
首や肩には太い血管が集中してて、脳に血液と共に酸素を供給しています。ところが、ストレスで体がこわばった状態が続くと、体が固くなり、血管の柔軟性なども損なわれます。

結果的に脳に届く血液の量が足りなくなってしまい、酸素不足で頭痛が起きることがあるのです。

脳が酸素が足りない状態を補うため、血圧を上げ、血管が拡張されることで頭痛を感じる人もいます。内側から頭が押し広げられるような形になるため、圧迫されたような痛みになってしまうことがあるのです。

深呼吸などで酸素を補うだけでなく、体のコリをほぐして血流を良くすることも大切です。脳に十分に酸素が届けば頭痛が緩和される可能性があるからです。

仕事の合間にストレッチをしたり、休日にマッサージを受けるのもおすすめです。ジムなどに通って体を動かし、ストレスを緩和する人もいます。

体の柔軟さとストレスの強さは大きく関係しているのです。

ストレスを抱え込むと精神的に落ち着く方法を探してしまいがちですが、体のこわばりなどから解消を目指していく方法もあるのです。

③ストレスを感じやすくなっているケースもある

仕事のストレスで頭痛がする場合は、体自体がストレスに過剰に反応しているケースがあります。

失敗が続いていたり、叱られることが多くなると、脳自体がマイナスのイメージを学習してしまいます。

より良い方向に改善していくアイディアが浮かぶ人もいれば、反射的にマイナスイメージを思い出し、ストレスをためていく人もいるのです。この場合は何かしらの方法で成功体験をつくることが大切になります。

仕事で成功をしてうまくいくのは良いことです。しかし、仕事の中には長期の下積みが必要なものも存在し、ストレス源になってしまう場合もあります。

仕事の成功が難しい場合はプライベートなどで良い思いをすることが大切です。自分が勝ちやすいゲームを選んだり、実力が発揮できる趣味などに打ち込むとバランスがとりやすくなります。

仕事のストレスによる頭痛は、仕事とプライベートのバランスが崩れると起きやすくなるのがポイントです。

引越しや転職など、環境の変化が影響を与えることもあります。人によって集中力が持続する時間や、良い仕事をするために必要な休みの量は違うため、普段から余裕があるかも大切になるのです。

プライベートを犠牲にして仕事を優先しても、それに見合うリターンがあるとは限らない時代になっています。

周囲の目線や基準を自分に求めるのではなく、自分の基準で仕事を探したり、副業と組み合わせるなど、ストレスがたまらない環境をつくることも大切なのです。

まとめ

仕事のストレスは体や脳に様々な影響を与えます。

ストレスがかかり続けると、老化が早まったり、病気になる確率が高まるなどマイナスの影響が強くなります。仕事の効率自体も悪くなり、良いことが少なくなります。

ストレスで頭痛がするほどであれば、早めに切り替えて頭痛を長引かせないことがおすすめです。

少し休んで深呼吸し、ストレッチをするだけでも改善されることがあります。また、頭痛自体が発生しないように仕事のやり方などを見直した方がいいこともあるのです。

特にプライベートのとのバランスは重要で、しっかり休みをとらないと実力を発揮できない人もいます。

フルタイムで一つの職場にいるよりも、複数の仕事を掛け持ちし、分散させた方がストレスがかからない人もいます。

パラレルキャリアで様々な仕事をこなす人も増えているため、仕事にこだわらないことが解決策になることもあるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る