仕事のストレスが原因で体調不良になったときに考えたいこと3つ

毎日の仕事では沢山ストレスが溜まりますよね。でもそれら全てを受け入れて解消する事も出来ないのが現実ではないでしょうか。

原因が分かっていても対処できない事、原因が分からず溜まり過ぎる事などタイプも様々。

少しでもストレスが軽減できるようにと考えて行きましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①思いつめない

ストレスによる体調不良は危険信号です。1人で抱え込まないで下さい。仕事で追い詰められて吐き気をもよおす事もありますし朝起きると憂鬱になる事もしばしばです。

1人で思いつめると余計に考えが悪い方向に発展し、結局答えの見えないまま考えが頓挫して悪循環を引き起こします。

例えば対人関係などでよく起こります。個人ではどうしようも無いくらいこじれる事は必死です。また業務量に対するものも多いです。

どちらにしろ1人で悩んでいる内にどんどん悪化するのは目に見えていますから、信用の置ける同僚や上司に相談する事で対処することも可能になります。

ですがまれに誰も信用出来る人が居ない事もありますよね。こんな時は会社の組合やパワハラ・セクハラ委員会なんかに相談する事をお勧めします。

1人で考える事は自分で解決しようと頑張っている事に他なりませんが、だからこそ余計に自分を追い込む結果につながってしまうんです。

社内に相談できそうな機関が無い時は国民生活センターや市役所の無料相談窓口、その他法律相談所なども頼る事をお勧めします。

具体的な解決策はすぐには出ないかも知れませんが、少なくとも話を聞いて共感してくれます。

受け入れてもらえるだけでも人間は精神的に楽になりますから人とのつながりは絶たないようにして下さいね。

全ての仕事上のストレスに言える事ですが、吐き気を感じるほどのものであれば個人的解決は不可能に近いです。自身で解決できる事ならまずそこまではいかないです。

ですが安心してください。頼れる人間はそこかしこに居ますから、貴方の責任感を少しだけ緩めて誰かに助けてもらいましょう。

何も恥じる事はないですし、迷惑にもなりません。貴方に頼られる事が嬉しいと思える人間だって居ます。

抱え込んで悩むより、人に話すことで極度のストレスも緩和されていく事もありますよ。絶対に1人で悩みぬかないで下さい。

②無理をしない

仕事は休めないと病院へも行かない方が居ますが、ダメです。

体調不良を起こすほどのストレスは十分病気として成立します。そこまでのストレスを抱えるということは相当な頑張りが必要になるものです。

それ以上頑張れば入院するほどのものになる可能性もあります。何よりすでに身体にサインが出ている時点で何かしらの疾患にかかっているのです。

そこで無理をしても将来的に大きなダメージが身体にも人生にも降りかかることは高確率であり得ます。

仕事に責任感を持つ事は素晴らしい事ですが、何より身体が資本です。身体が壊れても誰も責任は取ってくれません。

全て自己責任です。それ以上に貴方には家族や親戚など自分を心配してくれる人が沢山居るはずです。その人達に対する責任もあるはずです。

自分自身の身体をメンテナンスする責任をまずは果たす事が最優先になるはず。病院へ行きましょう。

たいした事が無ければ仕事にも集中できますし、処方された薬などで対応も出来ます。人の目を気にして自分が窮地に追い込まれるような事はあってはならないです。

日本は仕事のクオリティーが高い国ですが、それを支えているのは紛れも無く企業戦士たちです。

ですが仕事の為に生きるのか、生きる為に仕事をしているのか考えてください。身体が言う事を利かないと働く事も出来ませんよね。吐き気を感じた時点で大事にならないうちに必ず病院へ行って下さい。

③好きな仕事かどうか

自分に合う仕事とそうでないものは確実に存在します。楽しく仕事をしているつもりでも実は自分にとっては苦痛である事もあります。

ただ自分で見ないようにしているだけなのです。贅沢は言ってはいけない、仕事を選ぶなんてそんな身分ではないと言う人も居ます。またここ以外で雇ってくれる保障が無いなどもありますね。

謙虚は確かに美徳ですし、自己主張もしすぎることは考え物ではあります。ですが自身の人生に意見を言う事は何ら問題ではないはずです。

身体が不調であるという信号を送っている時点で少し考え直したほうが懸命です。

残りの人生をささげるには少々リスクが高いです。自分を押し殺して身体に負担を掛ける程のものでしょうか?

好んだ仕事に付ける人は少ないですが、今よりは自分好みの仕事や職場環境も必ずあります。ゆっくりでも検討してみる事をお勧めします。

まとめ

仕事のストレスによる体調不良は危険なものです。

たとえ小さな事だったとしてもキチンと対処していきましょう。1人で悩んだり、無理をしてみたり、理由が分からないまま過ごす事もありますが何をおいてもまずは病院へ行って下さい。

その上で出来るだけ沢山の人に相談してみましょう。自分ひとりの考えは小さなものですが沢山の考えが寄り集まれば想像も付かない答えを導き出す事も多々あります。

今回あげた話は全て責任感の強い人が陥りやすい話しです。頑張っている方には特に自身のケアをお勧めしたいので参考にして貰いたいと思います。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る