仕事のストレスで吐き気を感じるようになったときに注意したいこと3つ

仕事が詰まっているのに、吐き気を感じて気持ちがくじけそうになることはありますよね。

仕事のストレスで吐き気を感じるようになっているということは、体や脳が逃げたがっているサインです。吐き気をこらえて仕事をするのも一つの方法ですが、様々な場所に負担がかかっている可能性があります。

ストレスで胃に穴があきそう、髪が薄くなりそうというのもよく聞く話です。実際に体調を崩す人もいるため、手遅れになる前に考えるべき注意点をまとめました。

仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

①実際に吐いたりすると胃や喉が傷つく

吐き気をこらえるうちにえづいてしまったり、実際に吐いてしまう人もいます。吐き気をこらえるうちに涙が出てきて、情けなくなってくるという経験をした人もいるのではないでしょうか。

仕事のストレスで吐き気がする場合は体が弱っている可能性が高くなります。また、ストレスで回復量が落ちてしまい、様々な影響を受けることもあるのです。

実際にはいたりする場合は、喉や食道、胃などに負担がかかります。吐き気をこらえても胃液が逆流し、食道を傷つけてしまう恐れもあります。

逆流性食道炎など、胃液の逆流によって食道が傷つき、食欲などもなくなってしまうケースもあります。放置すると悪化する可能性があるため、体調不良の息までストレスを溜め込んでしまったら休んでしまうのも方法なのです。

もともとストレスをためやすく、頻繁に吐き気を覚えてしまう人もいます。吐き気をこらえて仕事をしても、体や脳に負担がかかります。

体や脳が休みたがっているのを無理やり抑えれば、さらにストレスがたまりやすくなります。どうしても悪循環になりがちなのです。

仕事のストレスで吐き気を覚えてしまう場合は、休みの日数や仕事の仕方などを見直すのも方法です。

体を壊してしまうと取り返しがつかなくなる恐れもあるため、自分の体や精神状態に合わせた仕事を選ぶことも大切なのです。

②眠れなくなるのは危険のサイン

仕事のストレスで吐き気がしてしまい、夜眠れなくなるケースがあります。翌日のことを考えると憂鬱で眠れない、落ち着けない場合は注意が必要です。

睡眠は心と体の健康を保つ重要な要素です。睡眠が浅くなると疲れが取れなくなり、集中力も続かなくなります。結果として仕事でミスを連発してしまったり、うまくいかないことが増えてしまいがちです。

責任を盛ってやろうとするほど空回りしてしまうこともあるのです。

寝起きで動こうとすると吐き気がするのも危険です。中には仕事だから起きなければと思うだけで吐き気が込みあげてくる人もいます。癖になってしまうとストレスで脳に負担がかかり、思考能力が落ち込む原因にもなります。

眠れなくなってしまったり、寝る前後に吐き気がしてしまう場合、夜中に何度も起きてしまう場合は長期の休暇をとるのがおすすめです。

常にストレスがかかった状態では、体や脳を健康な状態に戻すのは難しくなります。ストレス源から自分を切り離す時間も大切で、普通の休日ではストレスが解消しきれない場合もあるのです。

責任感が強いのは良いことです、抱え込みすぎは体に負担がかかります。お互いに助け合う気持ちで有給をとって休んだり、思い切って病欠してしまう方法もあるのです。

どうしても休めないと思ったら、病院に駆け込んでしまう手もあります。ストレスで動けないことを伝えればドクターストップがかかり、休まざるをえない場合もあるからです。

なかなか回復しない場合は傷病手当を申請し、手当てを貰いながら休むという方法もあります。

③本当に髪が薄くなってしまうことがある

仕事のストレスで吐き気がする場合は、体調以外にも注意が必要です。ストレスがたまると自律神経の働きが弱まります。

自律神経の働きが代謝の乱れなどを呼び、髪が薄くなってしまったり、円形の脱毛症が起きるケースもあるのです。

注意したいのは、男女共に薄毛が進むことがある点です。ストレス源から離れることで治るケースもありますが、ストレスをかけ続ければ治すのは難しくなります。

薄毛は一度進行してしまうと治らないケースもあるため、薄毛が気になりだした場合は早めに対策をした方が良いのです。

髪に影響があるということは、気づかないだけで体のほかの部分にも影響を受けている可能性が高くなります。腎臓や肝臓など、内蔵に負担がかかりやすくなる人もいるため、やはり休むことが大切になります。

休みを十分にとっているはずなのに改善されない場合は、休み方を見直してみるのも方法です。自分は休んでいたり、うまく気分転換をしているつもりでも脳や体に負担がかかっていることもあるからです。

人間の体は寝だめできるようになっていないため、眠りすぎも注意が必要です。程よく体を動かした方がストレスはたまりにくくなります。

体を動かすのがおっくうな場合はマッサージや整体で体を柔らかくするなど、工夫する方法もあります。ストレスを感じると緊張で体がこわばってしまい、より疲れやすい体質になってしまうこともあるからです。

たまには人の力を借りるのも、大切なポイントになっています。

まとめ

仕事のストレスで吐き気を感じるようになった時は、仕事を休んだり、転職してしまうのも一つの方法です。

また、上司と相談して働く時間帯を変えるなど、折り合いをつける人もいます。

仕事はかえれば済みますが、体を壊すと引き返せなくなる場合があります。あまり吐き気が続くようであれば、仕事よりも自分の人生や健康を守った方がいいのです。

仕事のストレスで吐き気がするなら、そこまで追い込んだ周囲に問題がある可能性もありますよね?

あくまで自分を大切にし、自分よりも他人や会社の都合を優先する必要はないのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

仕事を辞めたいと思ったらまずはプロに相談!

もし、1人で悩みが解決できないなら転職エージェントに相談して、アドバイスを貰いましょう。

自分の市場価値含め、辞めるべきか、転職すべきかをプロの視点から教えてもらえます。今のあなたに大切なことは、今の仕事を辞めたとして、探せば転職先は見つかるかという点です。

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言しているので安心して相談できますよ。

とりあえず、リクルートエージェントに相談してみる

※転職時期は未定を選択してOKです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る