仕事で劣等感を感じて辛い時の対処法3つ

仕事で劣等感を感じているあなた、その理由は何でしょうか。

「同僚が自分より仕事で成果をあげている」「上司に叱責された」「仕事を任せてもらえなかった」などが、挙げられるかもしれませんね。

そのお気持ち、とてもよくわかります。なぜなら、私自身「要領が悪い」「仕事が遅い」など、まさに劣等感を持つべき要素を兼ね備えた人間だからです。

そんな私が、自分なりに「劣等感」と向き合い、導き出した答えについてお話したいと思います。

「この人でさえ、頑張れているのだから、自分は大丈夫」と思えて、気持ちが前向きなるかもしれませんよ。

①まずは、現状の自分を癒してあげる

きっと、あなたは、自分自身のことを責め続けていることでしょう。「まあ、いいや」「まあ、仕方ない」と思えるなら、「辛い」とは感じませんからね。

しかし、「まあ、いいや」と思えないあなたは、裏を返せば、向上心があり、これから向上できる可能性がある人だとも言えます。

なぜなら、根底にあるのは、「自分はもっとやれる」という気持ちであり、今回できなかったことに対して「悔しい」と感じているはずだからです。

まずは、そんな風に頑張っている自分のことを認め、これまでの労をねぎらってあげましょう。こんなつらい状況において、さらに自分を責めて傷つけるのは、あまりにも、あなた自身がかわいそうです。

よく、偉大な業績を残した人が、「あの時の悔しさがあったから、頑張れた」などと涙ながらに、話している場面を見たことがありますよね。

あなたにとって、今日は、その偉大な業績をめざすための、第一歩であり、スタートライン。そのように考えてみて、うつむいていた自分を前に向かせることからはじめてみましょう。

②劣等感を感じる原因を分析してみる

気持ちが落ち着いたら、あなたが「劣等感」を感じざるを得なかった状況について分析してみましょう。

なぜ、同僚と同じような、もしくはそれを上回る成果をあげられなかったのか。なぜ、上司に叱責されたのか。なぜ、仕事をまかせてもらえなかったのか。これは、あなた自身を責めるために行う行為ではありません。

客観的に現状を分析するための行為です。したがって、視点は、あなた自身の視点ではなく、評価した上司や組織からの視点になります。

その結果、あなたの能力や努力が不足していると結論付けられるのであれば、答えは明確です。あなたなりに努力を重ねなければなりませんし、そのためには、何が必要なのかをもう一度考えてみなければなりません。

能力や努力は、十分であるが人としてのキャラクターや、人間関係における要領の悪さで、損をしていると感じる場合もあるでしょう。その場合は、自身を変えるという選択も候補の一つになります。

あなた自身のキャラクターに問題がなくても、それに関して上司や組織がノーと言うのであれば、仕事を続ける以上、それを変えることが最善の方法となるからです。

その際、自分はダメなのだと、あなたが自身を責める必要はありません。

「この会社では、ロングヘアーは禁止、だから髪を切ってショートカットにしてください」と言われるのと同じレベルだと思って、お仕事の一部だと割り切ればよいのです。

③時には「逃げること」も有効だが、「逃げ続けること」はダメ

もし、あなたが、人としてのキャラクターや、人間関係における要領の悪さで、損をしていると感じていても、自分を変えられないと感じている。

または、自分なりに努力を重ねているのに「仕事についていけない」「ミスばかりしてしまう」と感じているのなら、転職も一つの候補かもしれません。

職場を変えれば、人間関係が変わることもありますし、仕事を選べば、人と関わることを最小限にして、仕事することも可能です。

また、努力がむくわれないのであれば、適性を見誤っている可能性があり、仕事を変えることで、実力を発揮できることがあるかもしれません。

ただし、一つ、気を付けてほしいのは、この思いにすがるあまり「転職難民」と化してしまう可能性があるということ。

何を隠そう、私自身、この「転職難民」ともいえる期間を数年間過ごしたことがある人間です。「劣等感」を感じるたびに、「次こそは」という思いで、転職を繰り返し、結局は、成長できないまま、数年間を無駄にしたという苦い経験があります。

数年たって「逃げること」はかまわないが、「逃げ続けること」はダメなのだと、やっと気づかされました。貴重な数年間を無駄にしたことは、今でも後悔していますね。

まとめ

「劣等感」を感じたら、改善を試みて、無理だとわかったら、時には逃げてもかまわないと思います。

しかし、深く考えることなく、逃げ続けたり、安易に、転職さえすれば、道は開けると思ったりするのは、考えものですね。

大事なのは「劣等感」を感じずにすむ仕事、つまりは「好きな仕事」「得意な仕事」を選び選んだ後も、常に成長しようと切磋琢磨する心がけなのではないでしょうか。

そこを見誤って、安易な転職を繰り返すと、私自身と同じように、貴重な年月を無駄に費やして、後悔する羽目に陥ります。一方、最大限の努力をしたのであれば、あとは野となれ山となれと思える、おおらかさも必要でしょう。

「劣等感」を感じるまいと、常に他人と自分を比較し続けて仕事するよりは「素晴らしい人たちが大勢いる職場に居られて幸せ、みんなでよりよい職場をめざせるよう、自分も組織の一人として頑張ろう」と感じて仕事する方がずっとよい結果が得られるように思います。

「劣等感」自体に捕らわれないことが、実は最大の克服法なのかもしれませんね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、今の仕事を辞める前に転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る