仕事で楽したいあなたに伝えたい3つのこと

仕事で楽したいというあなた。正直で、むしろ清々しいとさえ思います。実際、私自身、20代前半の頃は、そのことばかり考えていましたから、お気持ちも、とてもよく理解できます。

でも、年齢を重ねるにつれて、少しずつ考え方も変わってきました。「楽したい」という気持ちが亡くなったわけではありません。

「楽したい」という思いの中身が、変わったとでも、いうべきでしょうか。そんな私が、あなたにお伝えしたこと3つを挙げてみました。あなたの心のどこか奥深い部分に、響く言葉になれば、嬉しく思います。

①「楽したい」という気持ちが悪いわけではない

「楽したい」という言葉には、あまりいいイメージがありませんよね。「ズルい」「怠け者」「ずうずうしい」などという印象が、つきまといますし、安易に口にすべき言葉ではないとされています。

でも、「楽したい」と感じることは、本当に悪いことなのでしょうか。

例えば「楽したい」という思いを原動力にして、創意工夫を重ね、結果的に仕事の効率を上げたり、他の人の役に立ったりするのであれば、それはプラスに作用しますよね。さらに「楽したい」という気持ちは、事実を把握するバロメーターにもなります。

「楽したい」という気持ちが、日々増すようであれば、「自分が無理をしているのかも」と、考えてみるべきです。

あなたの能力や適性が、現状にマッチしていないのかもしれませんし、年齢や健康状態によって体力的に無理な状況になったというサインなのかもしれません。

このように考えれば、「楽したい」という思いを否定的に受け止めて、封じ込めようとする必要は、まったくないと言えます。その思いを素直に受け止めたうえで、どう行動するのかが重要なのです。

②「楽をするため」には、どうすればいいのか

「楽したい」と思うのなら、実際には、どのような行動を起こせばいいのか、考えてみましょう。

例えば、「パート勤務に転向して、退社時間を早めたり、残業を減らしたりする」「後輩に積極的に指導を行い、自分の負担を減らす」「担当を割り振りして、仕事を分業化する」などの方法が考えられますよね。

ここで、まず考えてほしいのは、あなたが「楽をする」ことで「大変な思いをする」人が生じるという事実です。

例えば、あなたがパート勤務に転向することにより、増えた仕事を代わりにやってくれる正社員の方たちや、指導を受けて、賢明に仕事を覚え、負担が増える後輩、分業化された仕事を請け負う方たちが、これにあたります。

「大変な思いをする」ことを要求されれば、普通の人は、当然抵抗するでしょう。相手から、文句を言われたり、罵倒されたりすることもあるかもしれません。妨害をするなどの行動をとる人もいるかもしれません。

このように「楽をする」ための道のりは、けっして平坦なものではありません。まずは、そのことを肝に銘じて、ある程度の覚悟と信念を持って、行動に移すべきです。

もし、あなたが、こんな、まわりくどい方法をとらなくても、嘘をついて、うまく仕事をサボったり、人に押し付けたりすればいいと考えているなら・・・断言できます、それは大きな間違いです。

たとえ表面上は「楽をする」ことが可能になったとしても、あなたは「人望」「信頼」などの、二度と得られない大切な物を失うことになるでしょう。

そんなものの上に成り立った「楽」など、欲しくありませんよね。

③「楽をする」ために最も大切なのは、感謝の心と態度

あなたが「楽をする」ためには、「大変な思いをする」人たちの協力が不可欠です。だからこそ、「大変な思いをする」人たちへの、感謝の心を常に忘れてはなりません。

もちろん、彼らを動かすために奮闘した、あなたの努力は評価されるべきものではあります。しかし、「大変な思いをする」人たちが、NOと言えば、それもすべて水の泡。

あなたの「楽」は、彼らの「大変な思い」のおかげで成り立っているという事実を忘れないようにしましょう。

さらには、態度も重要になります。感謝の心を持っていても、それを態度で示さなければ、伝わりません。

具体的には言葉で、「ありがとう」「感謝している」と伝えたり相手が本当に困っているのなら、仕事を手伝ってあげる相手が遅くまで残業しているのなら、ときには差し入れをしてあげるなどが考えられますよね。

「感謝の心と態度」は、人間関係を良好なものに保つために役立ちます。さらには、職場自体の雰囲気をよくし、あなた自身の毎日を快適で、効率的なものにしてくれます。

逆に、根底にこのような思いが無ければ、一時的に「楽をする」ことはできてもそれを維持し続けることは、難しくなると考えるべきでしょう。

まとめ

「楽したい」という気持ちは、誰の心の中にも存在するもの。

だからこそ「自分だけ」という身勝手な考え方では、本当の「楽」は手に入りません。自分に「楽」を与えてくれる人たちへの感謝の気持ちを忘れないことが真の「楽」を得るためのポイントなのですね。

どうか、そのことを忘れずに、あなたの中の「楽したい」という気持ちを有効活用するべく奮闘して欲しいと思います。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    仕事を辞めたい、もう仕事に行きたくない・・・と思っても、まず頭によぎるのが、以下の様な不安で…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る