仕事が楽すぎでつまらないです。辞めるべきでしょうか?

世の中には、単純作業と呼ばれるような簡単で楽な仕事があります。作業工程がとても短いので、かなり楽です。

そんな仕事は最初のうち「楽でいいな」と思えるかもしれませんが、楽ゆえにすぐに飽きてしまいますよね。飽きてくると時間ばかりが気になってしまい「まださっき時計を確認したときから5分も経っていない」など、時間の進みが遅くて苦痛に感じます。

これはあなたが「仕事を辞めたい」と思わせるのに十分な理由といえるかもしれません。

頑張りたくても頑張れる環境が与えられないのでは、つまらなくてしかたないですよね。ただ、仕事が楽であることを理由に会社を辞めて良いものなのか、そこを改めて確認してみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①新人教育に慎重な会社なら楽な仕事でも我慢

 
もしも新人教育に慎重な会社なら、いきなり難しい仕事を新人にアサインすることはありません。

難しい仕事は経験豊富な社員に任せ、新人はそれをサポートするポジションへ配置します。書類のコピーを取る、備品の買い出しに行く、ファイルを整理する、伝票を確認するなどは、常識のある社会人なら誰でもこなせる簡単で楽な仕事です。

仕事にある程度やりがいを求めて就職したのに、これらの雑用と呼ばれるような仕事を割り当てられたのでは不満が蓄積してしまいますよね。しかし、だからといってそれらは放棄して良い仕事ではありません。

仕事の重要度や質としては確かにハイレベルではないかもしれませんが、放棄したら困る人が確実にいます。

ならば仕事が楽なのは承知のうえで、ミスなく確実に早く作業完了させることを目標に、真剣に向き合ってみてはどうでしょうか?

そんな基本的な仕事に対しても一所懸命に頑張る姿を、上司は見ているものです。その結果あなたに対する信頼感が芽生え、少しずつ難しくてやりがいのある仕事を割り当てられるかもしれないですね。

②楽な仕事で給料がもらえるならラッキーだと考える

 
雑用と呼ばれるような楽な仕事が1年2年とずっと続くようならさすがに検討の余地がありますが、少しの期間続いただけで「楽な仕事だから辞める」というのはやや短絡的な思考ではないでしょうか?

楽な仕事はやりがいがほとんどないので真剣に取り組みにくいのは間違いないですが、だからといってすぐに辞めるという発想はあまりおすすめできません。

割り当てられた仕事を楽に感じるということは、それがあなたに向いていて適性のある仕事だともいえます。他の人なら苦労してしまうような仕事も、あなたの手にかかれば楽な仕事の部類に入るのかもしれませんね。

それなら楽な仕事で給料がもらえるのはラッキーですし、その仕事をみすみす手放してしまうのは賢明な選択といえないです。また、楽そうに仕事をしている姿を周りにアピールできれば、自ずと「仕事ができる人」という風にみられます。

そうなれば楽な仕事だけにとどまらせてはいけなくなりますので、もっと重要な職務にアサインされることもあるはずです。

楽な仕事で退屈に感じてしまうことがあるかもしれませんが、しばらく待ってみると別の仕事を振られるかもしれません。

会社を辞めるという選択肢は会社勤めをする人間にとって最終的な手段です。ですので、楽な仕事を割り当てられたらひとまずラッキーだと考え、しばらくは様子見をするのが無難です。
 

③仕事が楽だということをアピールする

上司も人間ですから「言わなければわからない」ということがあります。もしもあなたが楽な仕事を淡々とこなして何の不満もないようにしていれば、上司はその姿に納得します。この仕事をとりあえずやらせておいても不満は出ないだろうと判断します。

あなたが何もアピールをしなければ、そうとらえられてもしかたがないですよね。

その状態からいきなり「仕事が楽過ぎるので辞めます」あるいは「仕事を辞めたい」と切り出されたら、上司はあまりの唐突さにビックリしてしまうかもしれません。

それは「まさか部下が仕事に不満を抱えているとは思わなかった」からです。

つまり、いくら不満を抱えていたとしても、それを周りに伝わるようアピールしていなければ状況はなかなか改善されないということです。

上司に仕事の楽さについてうったえかけていくのは傲慢ととられかねませんので、アピールしにくい部分はあります。ただ、だからといって沈黙を貫いていたのでは、その状況がいつまでも変わらない可能性があります。

それでは不本意でしょうから、仕事が楽で不満なら近しい上司に思い切ってアピールしてみるのも方法として有効的です。

まとめ

仕事が楽に感じるということは、それだけ恵まれた環境下で仕事ができている証拠です。

楽な仕事からじっくり人を育てていきたいという方針の会社は少なくないですから、それで給料をもらえるなら御の字とする柔軟な考え方もあって良いのではないでしょうか?

また、どうしても不満なら、上司にアピールして違う仕事を振ってもらうよう仕向けるしかありません。

それでも何も改善されなければ辞めることを選択してもしかたありませんが、それは最後の手段ですのでできるだけ仕事を続けられるように尽力したほうが良いです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る