仕事でプライドをズタズタにされたときの対処法3つ

仕事でプライドをズタズタにされてしまうこともありますよね。

誰にでも起こることとは言えませんが、あなたと同じつらい体験をしたことのある人は、けっして少なくないと思いますよ。

この私もその一人です。以前、仕事でプライドをズタズタにされて、かなり深刻に悩んだ経験があるんです。

その私からあなたへ、おすすめの対処法を紹介させてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①プライドを傷つけた人の心理を考える

仕事でプライドをズタズタにされてしまうと、自分の立場でしかものごとを考えられなくなってしまいますよね。傷ついた自分の心の状態ばかりに目が行って、ちがう視点がもてなくなってしまいます。

それが心理的なつらさを増幅させることにもつながりかねません。そうならないよう、ぜひ、視点を変えてみましょう。

おすすめなのは、「プライドを傷つけられた自分」ではなく、「プライドをズタズタにした人」に目を向けるというやり方です。

人は時として、相手のプライドを傷つけてしまうことがあるものですよね。そのつもりはなくても、不用意な発言で人を傷つけてしまうということは誰にでもありえます。

けれど、人のプライドがズタズタになるほど相手を強く攻撃し、傷つけるということは、ふつうはしませんよね。

つまり、あなたのプライドをズタズタにした人は、ふつうの人がしないようなことをしたわけなんですよ。と言うことは、そこにはふつうではない、特殊な心理があると考えていいでしょう。

たとえば、プライドを傷つけたのが上司だったとしましょう。上司が中間管理職の場合、上から責められ、下から突き上げられて、ひどいストレスを感じているというケースが少なくありません。

その強いストレス解消のために、たまたま近くにいたあなたのプライドを傷つけたということも考えられますよね。

あるいは、あなたが先輩によって傷つけられたのであれば、その先輩には「後輩を傷つけることによって、心理的なマウントを取りたい」というような意識があるかもしれません。自分の優位性を誇示したいという心理ですね。

いずれにしても、そのような自分本位のエゴイスティックな理由から、人のプライドをズタズタにするような人は、人間的に問題がある人、はっきりいうと「かわいそうな人」です。

「自分はそんなかわいそうな人間にはならないようにしよう」と考えることによって、気持ちが良い方へ変わるのではないでしょうか。

②成長のためのきっかけにする

あなたと同じようなことをされたり言われたりしても、それほど傷つかない人もいます。もともとプライドが高くない人、あるいは鈍感な人がそれです。

つまり、あなたやかつての私は、高いプライドの持ち主で、敏感な神経の持ち主だからこそ、ズタズタになったと感じるほど、プライドが傷つけられたわけなんですよね。

人間、高いプライドを持っていた方が、そうでない人よりも向上し、成長できます。それは高いプライドを維持するために人一倍努力しようとするからです。

また、繊細な神経や豊かな感受性も、仕事に有利に働くにちがいありません。どんな仕事をするにしても、鈍感な人は成長しにくいものなんですよね。

その点、あなたには高いプライドと豊かな感受性が備わっているのですから、人よりも仕事で成長しやすいと考えていいでしょう。

プライドがズタズタにされたということが、あなたのポテンシャルの高さを証明していると、私は思うんですよね。ですから、自分の能力を信じて、「今の悔しさを仕事で成長するためのきっかけにしよう」と考えてみてはどうでしょうか。

③目の前の仕事に専念する

そうした意識を持った上で、とにかく目の前にある仕事に専念することをおすすめします。仕事で傷ついたプライドを回復させるには、仕事の力に頼るしかありません。

ほかのところで憂さ晴らしをしても、それは一時的な気晴らしにすぎず、それでプライドが回復することはありませんよね。

ズタズタになったプライドを元どおりにしてくれるのは、仕事しかないんですよ。

「よけいなことは考えずに仕事に集中してください」と言っても、現実にはなかなかむずかしいものですよね。経験者として、それはよくわかっています。

ですから、よけいなことを考えてもかまいませんから、とにかく目の前にある仕事に全力投球してください。

繰り返しますが、高いプライドを持っているあなたには、高いポテンシャルがあると思います。ですから、一つ一つの仕事に全力で取り組めば、必ず結果が出るでしょう。その結果の積み重ねが、プライド回復につながるに違いありません。

回復を早めるためには、自分なりの目標設定をするというのもおすすめですよ。目標を自分で決めて、それをクリアするために仕事に集中するのです。

そして、目標達成することができれば、それが確かな自信になり、傷ついたプライドが元に戻っていくというわけですね。また、人間の心理的な傷は、時間が癒してくれるということもあります。

そのように仕事を続けていくうちに、いつの間にか傷が癒えているということも、大いにありえると思いますよ。

まとめ

プライドが深く傷つくと、「仕事を辞めたい」という気持ちになるかもしれません。

たしかに、仕事を変えるというのも一つの選択肢ではありますが、それは最後の手段ではないでしょうか。できれば今の仕事を続けながら、心の傷をいやした方がいいというのが、経験者の一人である私の考えです。

傷が癒えた後で、キャリアアップのための転職を考えるというやり方もありますよね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る