仕事がパンク状態で鬱になりそうです。どうしたらいいでしょうか?

人手不足、急激な発注量の増加、無理な勤務体制などが原因となり、仕事がパンク状態になることがあります。パンク状態は、従業員にかかる負担がとても大きくなります。

肉体的にも精神的にも、相当な負担になりますよね。もしもそれが続いてしまったら「鬱なのではないか」と自覚してしまうほどです。

仕事がまったくないのも暇でしかたありませんが、かといってキャパシティオーバーになるのも良い状況とはいえません。もしもあなたがまさにその状況下にあるなら、どうすればその難局を凌げるのか頭をひねって考えることでしょう。

そんな状況下でいったいどうしたら凌げるのか、1つ1つ説明していきますね。

仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

①人員が増やせないなら効率アップで負担を減らそう

人手不足を解消するなら人員を増やすしかありませんが、今の時代それはなかなか難しい要求となりつつあります。

時給を上げてもバイトが決まらない、基本給を上げても正社員が入らないなど、人手不足はあなたの会社のみならず社会全体のテーマになってきていますよね。

つまり、いくら人員を増やすよう会社に働きかけたとしても、あなたの要望通り人員が増えるとは限らないです。それなら、仕事の効率アップを図ることで一人一人の負担を減らしていくしかありません。

その試みはもうやっているという人もいるのでしょうが、いろいろな意見を取り入れることが大切です。場合によっては、他業界の友人を頼りにするのも良いでしょう。

他業界の友人から仕事の効率アップを実現できるような意見を取り入れ、それを間を置かずすぐさま実践するのです。

仕事がパンク状態のときは猫の手も借りたいぐらい忙しいですが、それだけに少しでも効率アップさせられればだいぶ違ってきます。ほんの少しの工夫を加えるだけで仕事が楽になることは十分考えられますし、あなたを助けてくれそうな人を探して意見をもらうようにしましょう。

そうすることで、パンク状態から脱することができるかもしれません。

②パンク状態のときは睡眠が健康維持のカギ

パンク状態で心身ともに疲れ果てているときは、体力回復がその難局を凌げるかどうかのカギです。そのためには、睡眠時間を削ることなく質の良い睡眠を続けることです。

睡眠は体力回復に欠かせない休息の1つで、睡眠がしっかり取れていないとますます鬱っぽくなってしまいますよね。また、睡眠不足の状態では仕事のパフォーマンスが落ちますので、パンク状態にますます拍車をかけることになってしまいます。

パンク状態になるほど仕事が忙しい時は、一人一人がどんなふうに仕事をしているかで負担の度合いは変わってきます。

もしもあなたが睡眠不足から仕事のパフォーマンスを落としてしまったら、それは結果的に他の人に負担を強いることになってしまいますね。

求められている以上のことをしろとはいいませんが、最低限やらなければいけないラインには到達していないとパンク状態を悪化させる原因になります。

睡眠以外に趣味などやりたいことはあるかもしれませんがそれは休日にすべてまわし、仕事のある日は睡眠で体力の回復を図ることを最優先させていくようにしましょう。

健康維持や体調管理が、パンク状態を凌ぐためには必要不可欠です。

③パンク状態を何とかできそうな管理職の上司に掛け合う

現場レベルであれこれ右往左往しても、仕事のパンク状態は解決できないかもしれません。そんなときは、その状況を何とかできそうな管理職の上司に掛け合う勇気も大事です。

管理職ならその状態をわかってはいても、従業員に不満がないと考えれば特に動こうとはしないものです。つまり、パンク状態になっていることの危機感が薄く、現状維持を保とうとします。それではあなたが潰れてしまいますよね。

そうならないようにするなら、管理職の上司に苦しい窮状を訴えかけましょう。仮に中小企業のような従業員がそれほど多くない会社の場合、トップである社長に掛け合うのも選択肢としてあります。

会社のトップが動けば現場にも大きな変化があっておかしくないですし、パンク状態から脱するきっかけになるかもしれません。鬱っぽくなってきて辞めることもちらついているなら、管理職に進言することの怖さも薄れているのではないでしょうか?

パンク状態を解消させたいなら、大きな声で上司に主張して現状を知ってもらうことが進展へとつながることもあります。

まとめ

仕事がパンク状態になるぐらい忙しければ、ボーナスや残業代など収入アップにつながりやすくなります。

ただ、その前に鬱を発症したりなど体調不良になっては意味がないので、そうなることを未然に防がなければいけません。

そのためには仕事の効率アップを図り、体調管理に気を遣い、管理職の上司に掛け合うこともしないといけないです。それは置かれている立場や年齢には関係がなく、その職場で働いてみる身としてどう行動するのかが問われています。

パンク状態は見方を変えれば嬉しい悲鳴でもあるのですが、その状態がずっと続くのはやはり好ましくありません。

ですので、職場の勤務体制を含め、状況が改善されるよう積極的にはたらきかけていきましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

仕事を辞めたいと思ったらまずはプロに相談!

1人で悩みを解決できないなら転職エージェントに相談して、アドバイスを貰いましょう。キャリアアドバイザーがマンツーマンで退職相談含め「辞めるべきか、転職すべきか」をプロの目線からアドバイスしてくれます。

今のあなたに大切なことは、仕事を辞めたとして、探せば転職先が見つかるかという点です。

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言していて、全国に相談拠点があり「土日祝日・平日20時以降」も相談OKなので、安心して相談できますよ。

まずは、リクルートエージェントに相談してみる

※転職時期は未定を選択してOKです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る