仕事でミスをするとパニックになりやすいのですが、対策を教えてください。

仕事でミスをしてしまったときは、顔を青ざめさせて平静な状態を保つことができなくなってしまいますよね。

それはいわゆるパニック状態です。パニック状態になると頭の思考がショートして簡単な仕事すらできなくなり、さらにミスを重ねてしまうことがよくあります。

ミスをしてもすぐに取り戻せれば良いのですが、それどころかミスを連発したのでは自己嫌悪に陥りかねませんよね。

この対策をするなら、ミスをしたときパニック状態にならないことが最重要です。では、ミスをしたときパニック状態にならないための対策とは何があるのか、これから3つ取り上げてみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①パニックになりそうなときはまず深呼吸

ミスに気付いた瞬間は、誰でも平静ではいられません。心臓の鼓動が早鐘を打つように早くなり、呼吸は浅くなりがちです。しかし、それではパニック寸前です。

そこで、まずは体の状態を安定させるために、深呼吸をしましょう。

深呼吸は、慌てた心を落ち着かせて脳にしっかりと酸素を供給する効果が見込めます。脳がクリアにならなければミスを解決するためのアイデアが浮かびにくくなってしまいますので、そうならないようにしなければいけませんよね。

ミスをリカバリーしたいがためにどうしても息つく暇もなく事態の収束に取りかかりたくなりますが、二次的なミスをしないためにもまずは心を落ち着かせるために深呼吸です。

深呼吸をして少しでも落ち着いてくれば、ミスに対して冷静に向き合うことができます。

ミスに冷静に向き合えれば自ずと対策方法もわかってきますので、それから行動したとしても決して遅くはありません。

いくら早く行動をしたとしても、それが的外れな行動では実際的な効果が薄いです。ミスに対して的確に対処するためには、1度落ち着いてから行動したほうが実は早いです。

つまり「急がば回れ」の心を持ち、深呼吸をしてから対応をするようにしましょう。

②ミスは上司にすぐさま報告

ミスをしたときに「ミスが同僚や上司に知られたらまずい」という気持ちが、どうしても芽生えてしまいますよね。

その気持ちに従ってミスをいつまでも自分の中で抱えたままにするのは、パニック状態を引き起こしやすくなってしまいます。なぜなら「ミスがバレたらどうしよう」という新たな緊張感を生んでしまうからです。

確かにミスが周りに知られて結果的に上司から叱責されるとわかれば、誰だってそれを回避したくなりますよね。

一人で解決してミスをまるでなかったかのようにできれば、ミスの被害を最小限におさえることができます。ですが、一人で対処したことによって余計に泥沼化してしまうことも、残念ながらあります。

そして、泥沼化したら、いっそうのことパニック状態から抜け出せなくなります。そうなれば、上司にはもっと言い出しにくくなりますよね。

これはミスがどんどん肥大化してしまう典型的なパターンで、ミスに直面したときにすぐ上司に報告しなかったことが事の発端となっています。

ですから、できるだけパニック状態になりたくないなら、気が進まなくても上司にはミスをすぐ報告するようにしましょう。

③ミスで自分を責めない

何か大きなミスをすれば、あれこれと悪い想像が膨らんでパニックになりやすいです。

重大なミスなら「仕事を辞めなければいけないのではないか」「賠償をしなければいけないのではないか」と、よくない想像をいろいろして大きなショックを受けてしまいます。

ですが、ミスをしたからといってすぐさま仕事を辞める辞めないの話にはならないのが普通ですよね。

冷静に考えればわかることです。そこで、まずどんなミスをしたのか、状況の分析をしましょう。そして、そのミスに対して誠意を持った対応とは何かを明らかにし、そのうえで行動をすれば大丈夫です。

ミスをしたことに対して謝罪をする相手は誰なのか、どういう行動を取るのが適切なのか、それについてまず状況を確認します。それを最優先させ、自分を責めないようにしましょう。

責める気持ちが強くなればなるほど精神的に追い詰められてしまいますので、それだとあっという間にパニック状態になりかねません。

責任感が強くて真面目な性格の人は特に自分を責めてパニック状態になりやすいですが、それよりも先に状況の分析を優先させましょう。

まとめ

仕事のミスはなるべく避けなければいけないと思って仕事をしているからこそ、ミスをしたことがわかったときは慌ててしまいやすいです。

この世に仕事でミスをしない人などいません。ですので、ミスをするのはしかたがないことです。

問題は、ミスを目の前にしたときどんな行動を取るかです。まず深呼吸をして落ち着き、上司に報告してミスを共有し、状況を冷静に分析すればパニック状態にはなりにくいです。

パニックになるかならないかは性格的な面も関係しますからこれらの対処方法が万能とは言い切れないですが、ミスをしたときの対策としてあなたの頭の中にぜひとも入れておいて下さい。 

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る