仕事で怒られるのが怖いときの対処法7つ

仕事で失敗してしまった。そんな時、上司やお客様に怒られる事があります。一度怒られて辛い思いをしたら、二度と怒られたくないものです。それが自分自身の成長に繋がる事もあります。

しかし、ひどく怒られる事で恐怖を感じたり、繰り返し怒られる事で、怒られる事が怖くなり、萎縮してしまう場合もあります。

それにより思うような仕事ができない、本来の実力が発揮できなくなると、それが更に怒られる原因になり、悪循環に陥ってしまいます。

そこで、仕事で怒られるのが怖いときの対処法についてご紹介します。

①怒られる事をプラスにとらえる

仕事に関わらず、誰かを怒らせてしまう時には、必ず怒らせる原因があります。意図的に怒らせる場合や理由が分かっている場合を除き、人は怒られる事によって、自分の過ちに気づきます。

そこで反省し、自分の行動を直す事ができれば、それは自分自身の成長に繋がります。時には、勘違いなど、自分には原因が無いのに怒られる、理不尽な怒られ方もあるでしょう。

それでも怒られた経緯や誤解の内容を知る事で、同じような事が起きないように、トラブルに巻き込まれないように気を付けるなど、何らかの気づきを得る事ができます。

しかし、怒られた事に対して、自分の過ちを反省しない、理不尽に怒られて不運だと考えたり、自分を怒った相手を恨むなど、怒られた事をネガティブに捉えてしまうと自分のプラスになりません。

つまり、怒られる事は自分の捉え方や感じ方次第で、自分自身のプラスにもマイナスにもなり得るのです。

人に嫌われたいと思っている人はいません。人に怒りたいと思っている人はいません。人は誰かに怒った後、しばらく嫌な気分になる事もあります。また、人に怒るのは相当なパワーが必要です。

自分に落ち度があれば、それを反省するのは当然です。人に怒られたら、反省する機会、成長できる機会を与えてくれた事、それだけのリスクを覚悟し、相当のパワーを使って、怒ってくれた事に感謝しましょう。

怒られる事は決してマイナスな事ではありません。怒られる事をプラスにとらえる事ができれば、怒られる事に対する恐怖心は和らぐでしょう。

②報告・連絡・相談を徹底する

業種や職種、社内、社外に関わらず、報告・連絡・相談をしっかりと行う事は仕事の基本です。これは、好き嫌いといった個人的な感情では無く、仕事を正確に行う上で欠かせないものです。

報告・連絡・相談が足りない事によって発生するミスやトラブルは多くあります。自身のミスやクレームなどは上司に報告し難いものですが、それを放置する事で、更に事態が悪化する事もあります。

上司はあなたの仕事に対する責任を負っており、あなたのミスやクレームは上司の責任にもなります。その為、上司はミスやクレームの報告を受けたら、必ず何らかの処置を行います。

悪い情報に関しては、それを知るのが早ければ早いほど対処できますし、ミスやトラブルを最小限に抑えることができます。

その為、仕事においては、悪い情報ほど早く報告する必要があります。これは上司や一緒に仕事をする関係やといった社内だけで無く、社外である取引先やお客様に対しても同じです。

報告・連絡・相談は、社内や社外の関係者とリスクを共有する事だと言えます。日頃からコミュニケーションを図る事で、相手もミスやトラブルの発生を予知したり、対処する事ができます。

報告・連絡・相談が行われた上で、実際に何かミスやトラブルが起きても、当事者の驚きは少なく、怒りの感情も大きくはならないでしょう。

仕事で怒られるのが怖いと感じた時は、逆に、一刻も早く相手に報告・連絡・相談を行いましょう。それを避けていると、現時点よりも更に事態が悪化する可能性があります。

③相手を理解する

人それぞれ性格が違います。また、その時の気分や体調も違うでしょう。普段から怒りっぽい人もいれば、普段は穏やかなのに珍しく怒る人もいます。

また、同じ事をしても、いつもは怒らないのに、その時は何故か怒られた。そんな事もあると思います。つまり、人が怒る時には、出来事だけでなく、性格やその時の気分、タイミングなど、様々な要因があるのです。

仕事で怒られるのが怖いときは、相手である上司や取引先の事をよく理解する事が大切です。

これまで同じ対手に何度も怒られている場合は、いつ、どのような場面で、何について怒られたのか、その状況を振り返ってみましょう。そこからヒントが見つかる場合があります。

例えば、怒られた時間について。相手にとって忙しい時間帯であれば、心に余裕は無いでしょう。始業直後、休憩前、終業前、外出から帰ってきた直後なども、心が落ち着いていない場合もあります。

そのような時間帯に怒られていた場合は、相手と関わる時間帯を変える、できるだけ相手が落ち着いている時間帯に話をすると良いでしょう。

相手を理解する上で効果的なのは、相手の沸点、つまり、気の短さや、嫌いな事、我慢できない事を知ることです。

この話をすると怒る、こう切り出すと怒る、話が長いと怒る、声が小さい又は大きいと怒る、など、相手がイライラする原因を知れば、その逆の行動をすれば良いのです。

仕事で怒られるのが怖い時は、冷静に相手の事を理解する努力をする事で、対処法が見つかる場合があります。

④仕事のルールや約束を守る

仕事で怒られるのが怖いときは、怒られそうな理由を自覚している事が多いものです。自分の過失によってミスや失敗を犯してしまった、ルールや約束を守っていない、それらの理由がある場合は、怒られても仕方がありません。

しかし、不可抗力や誤解など、自分自身に落ち度がない理由、仕方がない理由もあります。その場合は相手も理解してくれるものです。理不尽な理由で怒ってしまうと、怒った本人も後で気まずい思いをしたり、反省するものです。

仕事には決められた手順や段取り、時間、期限など、守るべきルールや約束がいくつもあります。仕事上のミスやトラブルはルールや約束を守らない事が原因になっている事が多いものです。

そのため、仕事で怒られるのが怖いときは、まず、自分自信がやるべき事をやれているか、仕事のルールや約束が守れているか、しっかりと確認しましょう。

それが出来ている場合は、怖がることなく、自信をもって対応しましょう。

できていなければ、どのようにできていないのか、何故、できていないのか、予め整理しておきます。それが反省に繋がりますし、ミスやトラブルの原因を自覚し、反省している場合、相手もそれ以上は怒りにくくなるものです。

相手の性格や相性によっては、理不尽に怒られる事もあると思いますが、自分はやるべき事をしっかりとやり、仕事のルールや約束を守っているという自信があれば、様子を見ながらそれを伝えましょう。

もしミスや失敗を犯した場合も、相手が日頃の行動や姿勢を理解してくれていれば、それほど大きく怒られる事はないでしょう。

そして何より、普段からしっかりと仕事のルールや約束を守っていれば、自分にも自信が持て、堂々とした気持ちで相手と向き合えるようになります。

⑤コミュニケーションを図る

人は自分に好意的な人を嫌いになりにくいものです。例えば、顔を合わせる度に明るく挨拶をしてくれる人を嫌いになったり、嫌な気分になる人は少ないでしょう。

逆に、苦手だからといって避けてしまったり、ぎこちない態度で挨拶をしたり、小さい声で挨拶をすると、相手も良い印象を持ちませんし、苦手だという感情が相手に伝わるものです。

相手に嫌われているかもしれない、上手くコミュニケーションが図れない、そう感じた時には、自分自身の態度にも原因がないか、振り返ってみましょう。

コミュニケーションを図るといっても、無理に相手に媚を売る必要はありませんし、そのような態度は相手に伝わり、逆に印象を悪くする場合もあります。

あくまでも自然に、普段、良好に付き合っている周囲の人達と同じような姿勢でコミュニケーションを図りましょう。趣味や雑談、家族の話など、普段、周囲と話すような話題で会話ができれば、相手との距離は近づきます。

また、怖い、苦手だと感じている相手の意外な部分を知ることで、相手を身近に感じ、相手への印象が変わるかもしれません。初めは嫌いだったのに、何かのきっかけで急激に仲良くなる事は人間関係ではよくある事です。

注意しなければならないのは、上司や取引先、お客様に対するマナーを欠かさない事です。馴れ馴れしい口調や態度にならないよう、気をつけます。これはある程度、仲良くなった関係でも同じです。

また、相手があまり聞かれたくない事、興味が無い事については、話を切り上げる事も大切です。

コミュニケーションを図りたくても、どうしても自分からは話しにくい、近づきにくい、そんな時は相手から話かけられるのを待つ事になります。

そんな時は、何気ない会話で振られた内容や質問などに対し、しっかりと反応します。自分が忘れていたような質問に対して、相手が忘れずに対応してくれたら嬉しいものです。

仕事で怒られるのが怖いときは、日頃からコミュニケーションを図る事、怖いと思う相手、苦手に感じる相手に対しては、逃げないで、自分から積極的にコミュニケーションを図ってみましょう。

⑥理解者を作る

仕事で嫌なことがあったり、悩んだ時には、誰かに話したいものです。一人で悩みを抱えてしまうと、考えがネガティブな方向へ進んでしまい、そこから抜け出せなくなる事もあります。

仕事で怒られた時、自分自身に落ち度があれば反省しますが、誤解や理不尽な怒られ方をした時には、腹が立ったり、嫌気がさす事もあります。そんな時は誰かに話をすると良いでしょう。

しかし、話す相手を間違えると、思いもよらず周囲に伝わったり、場合によっては当事者に伝わり、事態を悪化させてしまう事もあります。

特に仕事の話をする場合は、信頼できる相手を選ぶことが大切です。

そのような自分の理解者を作っておくことは、仕事をする上でも何かと心強いものです。一人で悩んだ時、判断に迷った時に、客観的な意見や、自分では思いつかなかった気付きを与えてくれます。

また、相談相手になってくれるだけでなく、人間関係や仕事のトラブルに対して、あなたと相手の間に入ってフォローしてくれる事もあるでしょう。

どのように理解者を作るのかは、人それぞれ性格や環境の違いがある為、答えは一つではありません。一例としては、自分の悩みや話を聞いてもらうだけでなく、積極的に人の悩みや相談などを聞く事です。

そして、約束を守る、嘘をつかない、口が堅い、など、人に信頼されるような態度を意識する事も大切です。いずれにしても、信頼関係を築く為には日々の積み重ねが必要になります。

例え時間がかかっても、そのような理解者を作っておく事は大切です。自分の理解者が身近にいれば、心強くなり、仕事で怒られるのが怖いときも、勇気を持って対応できるでしょう。

⑦自分を演じる

仕事においては、働く人それぞれに役割が決まっています。その役割を果たす事で、給料が貰えます。給料を貰うためには、個人の感情や気分、好き嫌いに関係なく、与えられた役割をしっかりと果たす事が求められます。

これは役者に例えると、与えられた役を演じる事と同じです。仕事をしている時は、プライベートの自分とは違う、仕事人としての自分を演じているのです。それは決して、自分を偽る事ではありません。

仕事ではプライベートとは違うルール、守らなければならない約束やマナー、求められる役割があります。それらを実行する時には、プライベートとは気持ちを切り替える必要があります。

これが、プライベートとは違う、仕事人としての自分を演じる事に繋がります。仕事ができる人は、仕事人をしっかりと演じている人とも言えます。

仕事では嫌なことや辛い事は沢山あります。それは仕事上での事であり、そのような思いをするのも、仕事の一部と言えます。時には相手に厳しく叱られたり、怒られたりする事もあるでしょう。

しかし、それは仕事だから叱られたり、怒られたりするのです。つまり、仕事人としての自分が叱られたり、怒られたりしているのです。プライベートでは、その人達に叱られたり、怒られたりする事はありません。

仕事では、叱られたり、怒られたりする自分を演じれば良いのです。もちろん、自分に落ち度がある場合や、反省すべき点があれば、しっかりと反省しなければなりません。

しかし、相手の感情を正面から受け止めすぎると、心が傷つき、精神的にも良くありません。その状態が続くと、仕事にも支障が出てしまいます。

自分を演じるコツは、仕事をしている自分自身を俯瞰してみる、頭の中で第三者的に眺めてみる事です。自分という人間は他人の目にはどう映っているのか、想像してみましょう。

自分を演じるという事は、自分の心を守る事でもあります。仕事で怒られるのが怖い時は、仕事をしている自分は仕事用の自分、普段とは別人だと自分に言い聞かせ、演じてみましょう。

まとめ

仕事で怒られるのが怖いとき、つい逃げたくなるものです。

そんな時、様々な対処法を実践し、それを乗り越える事ができれば、人として、仕事をするプロとして、必ず前進できます。

怒られる事から逃げないで、怒られる事は自分自身の成長に繋がる、怒られる事は有難い事だと言い聞かせる、プラス志向で臨む事で、きっと良い結果が訪れるでしょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る